お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

スクールJCAが対抗戦ライブでワタナベに勝利、ようこそ芸人の世界へ

130

対抗戦ライブ「こっから」で勝利したスクールJCAの現役生(右)と、敗れたワタナベコメディスクールの現役生(左)。中央はMCのいけだてつや。

対抗戦ライブ「こっから」で勝利したスクールJCAの現役生(右)と、敗れたワタナベコメディスクールの現役生(左)。中央はMCのいけだてつや。

スクールJCAとワタナベコメディスクールのお笑い養成スクール2校による対抗戦ライブ「こっから」が昨日1月30日に東京・座・高円寺2にて開催され、スクールJCAが勝利を収めた。

このライブには両校を代表する現役生が7組ずつ出場。漫才やコント、ピンネタなどで1組ずつ対戦し、全7回戦で会場を盛り上げた。放送作家の田中直人氏ら3名による審査の結果、対戦成績は6勝1敗。オープニングで「笑いの世界でしか生きていけない人を探しに来た」と話していた田中氏は、審査結果の発表後に「1つひとつはいい勝負で僅差でした。大差はないけどトータルで差が出た。ワタナベさんは安心して笑い、JCAさんはハラハラして笑った。JCAさんにはいい意味で昭和感があった」と総評を述べた。

対戦を終えるごとにトークコーナーが設けられ、スクール現役生たちは審査員によるネタの寸評に耳を傾けたほか、このライブでMCを務めたいけだてつやとトークを展開。年齢や学歴、ルックス、親の職業などをテーマとしたやりとりで客席の興味をひく。ルックスをイジられるのは今日が初めてと戸惑いを見せる現役生たちに対して、芸歴15年のいけだが「ようこそ芸人の世界へ!」と歓迎の言葉を贈る場面もあった。

なお対抗戦の審査中には、両校から生徒3組ずつ登場し、エキシビションとして1分ネタを披露。対抗戦の番外編とも言える個性的なネタの数々が会場中をなごませた。

お笑いナタリーをフォロー