お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

磁石がTOP1グランプリ優勝、賞金111万円に佐々木絶叫「養育費ー!」

542

昨日12月2日、優勝賞金111万のお笑いコンテスト「TOP1グランプリ」の決勝戦が千葉・幕張メッセ コンベンションホールで開催され、磁石が優勝した。

「TOP1グランプリ」は、さまざまなジャンルのクリエイターの発掘を目的とするコンテストイベント「モテワンコンテスト2017」内で実施された企画。「とにかく最高に面白いモノを決定する」というコンセプトのもと、漫才、コント、モノマネ、落語、大道芸といったさまざまなジャンルからプロアマ問わず参加者を募集していた。

決勝戦では渡辺正行と椿彩奈がMC、元日本テレビのプロデューサー・菅賢治氏、K-PROの児島気奈代表、放送作家の元祖爆笑王が審査を担当。パーラー、マグリット、磁石、ゾフィー、ソーリーソーリー、ブランケット、ヤマダイラー、サツマカワRPGの順に8組がネタを披露した。審査員、観客投票、ネット投票などを合計した結果、1位が磁石、2位がヤマダイラー、3位がサツマカワRPGになっている。

磁石はニュースキャスターをテーマにした漫才で、貫録の掛け合いを見せつけた。幕張メッセという大きな会場でのネタ披露を終えた永沢は「緊張で口パッサパサ!」、佐々木は「こんな大人数の前で漫才やることない」とコメント。しかし審査員の菅氏は「安心して見られる。演者に安定感がないとこっちも緊張しちゃうけど、こっちもリラックスして笑えました」と磁石の安定感を称賛している。優勝が決定した瞬間、“バツ2”の佐々木は「養育費ー!」と絶叫し、永沢も「すっごいうれしいんですけど!」と興奮冷めやらない様子に。会場からは大きな拍手が送られていた。

※記事初出時、本文に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

お笑いナタリーをフォロー