ミキ、兄弟で夢のM-1決勝へ「やってきたことが間違ってなかった」

1311

「M-1グランプリ2017」決勝へ進出するコンビ9組のコメントを、お笑いナタリーが1組ずつ掲載中。本日11月28日は、ミキのコメントを紹介する。

ミキ。左から、弟の亜生、兄の昂生。(c)ABC

ミキ。左から、弟の亜生、兄の昂生。(c)ABC

大きなサイズで見る(全2件)

ミキの「M-1」決勝進出は初。兄の昂生は「夢の舞台だったので、しかも弟と出られるというのは、こんなに幸せなことはない。親孝行にもなりますし、最高の場所で漫才ができるというのは楽しみ」と喜びを露わにする。「これだけ漫才について話し合ったのは今年が初めて」という弟の亜生は「やってきたことが間違ってなかったんだなと自信にも繋がりました」と話したほか、「お兄ちゃんは10年目なので、いっぱい苦労してきたぶん、よかったなという思いもあります」と兄を気遣う一面を見せた。

ミキ コメント

──「M-1グランプリ2017」決勝進出を決めた率直な気持ちをお聞かせ下さい。
昂生:夢の舞台だったので、しかも弟と出られるというのは、こんなに幸せなことはないなと思います。親孝行にもなりますし、最高の場所で漫才ができるというのは楽しみです。
亜生:昨年決勝に行けなくて、めちゃくちゃショックやったんです。人生で一番大きいほどのショックで……。(決勝進出は)僕の中でちょっと安心したというか、やってきたことが間違ってなかったんだなと自信にも繋がりました。お兄ちゃんは10年目なので、いっぱい苦労してきたぶん、よかったなという思いもあります。
──「M-1」へ向けて今年1年、特に取り組んできたことがあれば教えてください。
昂生:今年は毎月単独ライブをやって、新ネタも月に5、6本作ってきました。半年くらい前には「M-1」でやるネタを3本に絞っていたんです。でも歯車が合わなくなってきて、10月に急遽単独ライブを開催することにして、原点回帰をテーマにもう1回ネタを作ったんです。そのときにできたネタが納得できるものになりました。本当に紆余曲折が力になった1年でした。
亜生:これだけ漫才について話し合ったのは今年が初めてでした。毎日のようにネタについて喧々諤々して、ネタをしたあとは「それちゃう! あれちゃう!」とケンカばかりしていましたね。でも兄弟なのでケンカをしても後腐れがないんですよ。けっこう揉めて、揉んで納得のいくネタが作れたと思っています。
──他のファイナリストの中で意識しているコンビとその理由を教えてください。
亜生:みんなもちろん意識していますけど、その中でも特にさや香は結成が同じ年で、新山は最初に仲良くなった同期の仲間なんです。僕はNSCに行ってなくて、同期がいなかったんですが、ライブで最初に声をかけてくれたのが新山で2人でずっとトークライブもしているんです。「M-1」の決勝会見で同じ舞台にいるのが、めっちゃ不思議な感じでしたね。
昂生:ジャルジャルさんですね。僕たちが結成してすぐの頃に、ネットの番組に呼んでいただいたんです。そのとき、福徳さんが「実は俺、ダブってて相方(後藤)よりも学年が1個上やねん」ってこっそり教えてくれて。それ嘘やのに、僕つい最近まで信じていたんですよ! それがめっちゃ腹立っているので、いつか“笑い”でしばいたろうと。今回の「M-1」の舞台でやり返したいと思います。
──ネタ順は決勝当日に「笑神籤(えみくじ)」という新たな方法で決められます。どの辺りを狙いたい?
昂生:最初のほうがいいですね。後半になればなるほどしんどくなると思うので。でもトップバッターはイヤですね! 
亜生:兄弟コンビで「M-1」といえば、皆さん中川家さんが思い浮かぶと思います。中川家さんはネタ順1番で優勝した実績を持っていますが、それは中川家さんだからできた偉業中の偉業なので兄弟コンビイコール1番バッターと思われたくもないところもあるので、1番はイヤですね!
──優勝賞金1000万円の使い道は?
昂生:家族旅行です。行き先は自分勝手ですが、僕、ディズニーランドが大好きなので、海外のディズニーランドへ行きたいと思います。
亜生:両親が車を小回りの利く軽自動車に買い替えたいと言っていたので、燃費のいい軽自動車を買ってあげたいなと思います。
──最後に「M-1グランプリ2017」決勝へ向けた意気込みを一言!
昂生:やっと待ち望んだ決勝に進出できましたので、一発で優勝をかっさらいたいと思います。
亜生:この兄弟オモロイな!と皆さんに思っていただけたら! 国民の皆様に愛される漫才師として認めていただければ、おのずと結果が付いてくると思います!

この記事の画像(全2件)

M-1グランプリ2017 敗者復活戦

ABC・テレビ朝日系 2017年12月3日(日)14:30~16:30

M-1グランプリ2017

ABC・テレビ朝日系 2017年12月3日(日)18:57~21:54

関連記事

リンク