お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

木村祐一「陸王」で編み物会社の社長役、役所広司の訪問受ける

85

「日曜劇場『陸王』」に出演する木村祐一(右)、役所広司(中央)ら。

「日曜劇場『陸王』」に出演する木村祐一(右)、役所広司(中央)ら。

明日11月19日(日)放送の連続ドラマ「日曜劇場『陸王』」第5話(TBS・MBS系)に、木村祐一が出演する。

木村演じる橘健介は、マラソンシューズ「陸王」のアッパー(靴の足の甲を覆う部分)に適した素材を持つ編み物会社「タチバナラッセル」の社長。その素材を求めた老舗足袋業者「こはぜ屋」の社長・宮沢紘一(役所広司)の訪問を受ける役どころだ。宮沢と真摯に向き合う橘を木村がどう演じるのか注目しよう。

木村祐一 コメント

とてつもなく素晴らしい作品の、とんでもなく素敵な役のオファーを頂戴し、大感謝であります。そして脚本を読むにあたり、全ての登場人物に対し「何ちゅうええセリフや!」と、興奮と感動を覚えております。
また、原作の池井戸潤先生とは同級であることもうれしく思っています。
撮影では関係各位に敬意を表しながら、視聴者の皆様にご納得して頂けるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

日曜劇場「陸王」

TBS・MBS系 2017年11月19日(日)21:00~22:24

お笑いナタリーをフォロー