お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「常滑お笑いEXPO」芸人約100組集結、2日間でのべ10万人超が来場

765

「常滑お笑いEXPO2017 in 知多半島」2日目のオープニングに登場した(左から)ANZEN漫才みやぞん、サンシャイン池崎。

「常滑お笑いEXPO2017 in 知多半島」2日目のオープニングに登場した(左から)ANZEN漫才みやぞん、サンシャイン池崎。

愛知県にて9月23日と24日の2日間にわたって実施されたお笑いフェス「常滑お笑いEXPO2017 in 知多半島」は、来場者のべ10万6000人を動員して幕を閉じた。

このフェスは「CHITA CATプロジェクト」の一環として笑いで地域を活性化することを目的に行われ、芸人約100組が集結。2日目のオープニングは、イオンモール常滑のワンダーステージに「常滑お笑い大使」のサンシャイン池崎ANZEN漫才みやぞんが登場し、池崎が「開幕、イエーイ!!」と華々しく宣言してスタートした。最初のライブ「池崎ノラ永野アキラなりきり選手権」では、それぞれ好きな芸人に扮した子供たちが芸人本人との共演に興奮。その後も同会場にて、阿佐ヶ谷姉妹平野ノラ横澤夏子ら女性芸人がアイドルと対決する「女のバトル!芸人VSアイドル」や、1番スベッた人が優勝となる「常滑-1グランプリ」などが行われた。この「常滑-1」では地元・愛知出身のスギちゃんが優勝している。

中部国際空港 セントレアの4Fイベントプラザでは「OWARAI EXPO」が展開され、アキラ100%ビックスモールンら世界に通用しそうなネタを持つ芸人やパフォーマーが集結。池崎とバイク川崎バイクのコラボネタも子供たちを喜ばせた。セントレアホールで実施された「銀シャリ和牛と…」には、横澤夏子やさらば青春の光といったシークレットゲストも。アキナ、和牛、アインシュタインの3組が揃う「アキナ牛シュタイン」は、これが名古屋初開催となった。

ワンダーステージのグランドフィナーレには、池崎やANZEN漫才、銀シャリら多くの芸人が集合し、フラワーカンパニーズが制作したテーマ曲「最後にゃなんとかなるだろう~笑顔にするぜ ver.~」を合唱。池崎の「2日間、本当にありがとうございましたー!! イエーイ!!」という雄叫びと一本締めで大団円となった。

お笑いナタリーをフォロー