お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

スピードワゴンがプロ野球選手の速球を体験、空振り連発で「すげえ怖えー」

48

バッティングゲーム「REAL TIME STADIUM」の“試打式”に登場したスピードワゴン。

バッティングゲーム「REAL TIME STADIUM」の“試打式”に登場したスピードワゴン。

本日9月24日、バッティングゲーム「REAL TIME STADIUM」の“試打式”が東京・明治神宮外苑バッティングドームにて行われ、スピードワゴンが登場した。

プロ野球のデータ配信アプリ「スポナビ プロ野球速報2015」と連動させたピッチングマシーンを用いた「REAL TIME STADIUM」。プロ野球の投手が試合中に投げた球の速さ、コース、変化をバッターボックスでリアルタイムに体験できる。

自身で草野球チームを結成するほどの野球好きであるスピードワゴン小沢は、対戦相手に日本ハムの大谷翔平投手を選択し、バッティングに挑戦。しかし高速のストレートや変化球になす術もなく5球すべて空振りに終わる。続く井戸田は、広島カープの前田健太投手に挑むも大きく空振り。その球速に「すげえ怖えー」と笑うしかない様子だったが、4球目では投球をレフト前に当ててみせ、会場を沸かせていた。

見せ場を奪われた小沢は広島カープの黒田博樹投手をセレクトし、泣きの再チャレンジを行うが、またもや空振りを繰り返す。ラスト1球となったところで、見かねた司会が次の投球は時速132kmのスライダーだと予告。小沢は「答えを聞いておいて当てられない人はいないでしょ! お願いしまーす!」と、黒田投手のスライダーをライトサイドへ見事打ち返す。最後は井戸田とともに、撮影中のテレビカメラのレンズにサインを書くパフォーマンスでイベントを締めくくった。

「REAL TIME STADIUM」は本日24日から26日(土)までの3日間、東京・明治神宮外苑バッティングドームにて稼働している。詳細は「スポナビ プロ野球速報2015」のオフィシャルサイト内の特設ページにて確認しよう。

お笑いナタリーをフォロー