お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「吉本と静岡が一緒に盛り上がる」富士彦座長の静岡県民よしもと新喜劇盛況

55

「静岡県民よしもと新喜劇」のワンシーン。

「静岡県民よしもと新喜劇」のワンシーン。

8月1日に静岡・沼津ラクーンよしもと劇場にて、“沼津市住みます芸人”の富士彦が作・演出を務める舞台「静岡県民よしもと新喜劇」が上演された。

これは沼津市の文化センターを舞台に、開催を間近に控えた夏祭りを巡って巻き起こる騒動を描いたご当地新喜劇。座長の富士彦をはじめ、同じく沼津市住みます芸人のちゅ~りっぷ、ヌマンズ、ゲスト芸人のボルサリーノカートヤングゆったり感のほか、オーディションで選ばれた一般の方々が出演した。

物語は閉鎖の噂が立つ文化センターを盛り上げるため、支配人(カートヤング)に頼まれた芸能プロダクション社長(おのちゃんマン)とマネージャーの江崎(ゆったり感・江崎)が、アイドルグループ・ROSARIO+CROSSを連れてこの施設にやってくるところから始まる。マネージャー江崎が市役所の職員・中村(ゆったり感・中村)のおかしな言動に振り回されてケンカ寸前になるシーンでは、中村の自由なボケに観客が大喜び。またカートヤングのテッパンボケには、新喜劇名物の全員でのズッコケが繰り出された。

そんな中、市長の座を狙っている副市長(ボルサリーノ山田)は怪しい男(ちゅ~りっぷ前迫)と夏祭りをぶち壊し、市長を退任させる計画を練っていた。計画に利用された植竹(ヌマンズうえたけ)は、とある理由から親友である支配人の息子(ヌマンズ原)を罠に陥れてしまう。前迫とうえたけはこのやりとりの中でコンビネーション抜群のボケを披露。山田が思わず笑ってしまう場面もあった。

最後に副市長たちの策略に気付いたダンスユニット(Da Latti、AR'Z)が証拠を持って乱入。さらに掃除のおばちゃん(ボルサリーノ関)が衝撃の事実を明かすシーンでは全員が熱の込もった演技で客席を魅了していた。

富士彦 コメント

「よしもとが来たら静岡が盛り上がる」ということではなく、「よしもとと静岡が一緒に盛り上がる」という大きな渦が作れたらという気持ちで取り組みました。参加していただいた方々を見ていたら、やはりグッとくるものがありました。セリフなんてどうでもいいと思っていて(出演者には)「気持ちをぶつけてください」とお願いしました。熱く言えることが大事ですよね。間違いも笑ってもらえるのがこの舞台。セリフは少ないですが、みなさんお仕事のあとに練習に来てくれたり一生懸命でした。たくさんの方々にご協力いただいたプロジェクトなので大変な部分もありますが、2回、3回とやっていけたらと思います!

お笑いナタリーをフォロー