ブロス最新号に加藤浩次、コントライブ「イルネス製作所」を語る

44

本日5月20日発売のテレビ情報誌「TV Bros.」2015年5月23日号(東京ニュース通信社)で、極楽とんぼ・加藤浩次が自身のコントライブについてのインタビューに応じている。

「TV Bros.」2015年5月23日号表紙

「TV Bros.」2015年5月23日号表紙

大きなサイズで見る

加藤は昨年、極楽とんぼの単独ライブ以来12年ぶりのコントライブ「イルネス共和国」を開催。おぎやはぎ矢作、マンボウやしろ、ロバート秋山、平成ノブシコブシ吉村、六角精児といった個性的なメンバーが出演したこの公演はDVD化もされている。今年7月にはこれに続く第2弾ライブ「イルネス製作所」を、前回同様のメンバーで行う予定だ。

インタビューで最初に聞かれたのは、12年ぶりのライブ開催に至った経緯について。「山本が戻ってこないとライブはできない」という固定概念を持っていた加藤の心境が、どのようなきっかけで変化したのかが明らかにされている。ほかにも稽古時の加藤の役割や、ライブを演劇スタイルにした理由などが語られた。

加藤はメンバーに声をかけたきっかけも1人1人具体的に説明。マンボウやしろを起用した理由について「コンビが解散してピンになったから『暇だろうな』と思って」と笑いながら語る場面も。また最後にはレギュラー番組「めちゃイケ」や「スッキリ!!」についてもコメントしている。自身の活動に対する加藤の思いが2ページにわたって掲載されている今回の特集をぜひチェックしよう。

関連記事

加藤浩次のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 加藤浩次 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。