桂文枝、襲名後初&12年半ぶりドラマ出演「上流階級」で百貨店取締役

2

40

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 4 3
  • 13 シェア

1月16日(金)21時より放送される竹内結子主演のスペシャルドラマ「上流階級~富久丸百貨店外商部~」(フジテレビ系)に、桂文枝が出演する。

ドラマ「上流階級~富久丸百貨店外商部~」出演時の桂文枝。

ドラマ「上流階級~富久丸百貨店外商部~」出演時の桂文枝。

大きなサイズで見る

桂文枝がドラマに出演するのは「水戸黄門」(TBS系)以来12年半ぶりのことで、六代「桂文枝」襲名後としては初。物語の舞台となる老舗一流百貨店の元バイヤーで、常務取締役本部販売促進部長の紅蔵栄一役を演じる。

高殿円「上流階級 富久丸百貨店外商部」(光文社)を原作とするこのドラマは、竹内演じるバイトからのたたき上げ社員・鮫島静緒の奮闘を描いたもの。紅蔵はとある理由で静緒を外商部へ異動させ、月1500万のノルマ達成に苦労する彼女の様子を見守りつつも、「達成できなかったら対処する」と厳しい一面も覗かせる。

桂文枝は撮影後、「久しぶりのドラマ出演は本当に難しかったけれど、楽しかったです。皆様、ぜひとも富久丸百貨店へいらっしゃーい!」とコメント。斎藤工、竹中直人、田中哲司、浅野ゆう子、渡辺いっけい、高畑淳子、草刈正雄らキャストとの絡みにも注目だ。

桂文枝 コメント

久しぶりのドラマ出演で一番ビックリしたのは昔とは随分異なる撮影の仕方でした。戸惑いながらも楽しくできましたのは、何と言っても大好きな俳優の竹中直人さんと一緒だったからです。楽屋でも本番でも私がリラックスできるように気を遣っていただきました。今回の役は、百貨店の常務の役でしたが、私は学生時代の4年間、百貨店で中元・歳暮のバイトをしていたので、なんとなく雰囲気をつかむことができました。
また主人公の静緒に“育てたい”という思いが湧いたのは、私の本名が“静也”で似ていたこともありました(笑)。久しぶりのドラマ出演は本当に難しかったけれど、楽しかったです。皆様、ぜひとも富久丸百貨店へいらっしゃーい!

プロデュース・古屋建自(フジテレビ・ドラマ制作センター)桂文枝起用理由

ドラマの舞台は関西・神戸。そして主人公を見守る百貨店グループの大幹部・紅蔵常務は、重鎮でありながら、どこか軽妙で、なおかつ食えない男。そんな重みと親しみを体現する方は、上方落語の大名跡であり、なおかつ長く親しみあるお茶の間の大スターであり続ける文枝師匠しかいらっしゃらない、と直感し、ご出演をお願いしました。番組をご覧いただく皆様には、画面に現れた瞬間、文枝師匠演ずる紅蔵のキャラクターに引き込まれると思います。ぜひお楽しみに。

赤と黒のゲキジョー スペシャルドラマ「上流階級~富久丸百貨店外商部~」

フジテレビ系 2015年1月16日(金)21:00~
<出演者>
竹内結子 / 斎藤工 / 竹中直人 / 田中哲司 / 桂文枝(特別出演) / 浅野ゆう子(特別出演) / 渡辺いっけい / 高畑淳子 / 草刈正雄 ほか

読者の反応

  • 2

お笑い芸人さん大好き♪ @geidekuu

桂文枝、襲名後初&12年半ぶりドラマ出演「上流階級」で百貨店取締役 http://t.co/nkW2TMWUhr

コメントを読む(2件)

桂文枝のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 桂文枝 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。