お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「東村先生にも太鼓判」アジアン馬場園、映画「海月姫」千絵子にそっくり

76

(左から)川村泰祐監督、前山田健一、片瀬那奈、馬場園梓、長谷川博己、能年玲奈、菅田将暉、太田莉菜、篠原ともえ、速水もこみち、東村アキコ。

(左から)川村泰祐監督、前山田健一、片瀬那奈、馬場園梓、長谷川博己、能年玲奈、菅田将暉、太田莉菜、篠原ともえ、速水もこみち、東村アキコ。

昨日11月18日、東京・新宿ピカデリーにて東村アキコ原作の映画「海月姫」の舞台挨拶付きワールドプレミア試写会が行われ、キャストのアジアン馬場園らが出席した。

映画「海月姫」は主人公のクラゲオタク女子・倉下月海役を能年玲奈が務め、菅田将暉、池脇千鶴、太田莉菜、篠原ともえら豪華キャストがオタクを演じる話題作。馬場園は和物オタクの千絵子を演じている。

舞台挨拶に参加した面々は、それぞれクラゲをイメージした衣装をまとってステージに登壇。馬場園はクラゲをモチーフにしたネックレスを身につけていた。

原作者の東村は「すごい女優さんたちがあんな変な役をやるんだなと思って最初は怖かったんですけど、原作読んでる方も大丈夫だと思います。バッチリなので!」と映画版のクオリティを保証。主演の能年は「お祭りみたいな映画なので、お祭り気分で陽気に楽しんでいただければいいと思います」とアピールした。

アニメを見たときに、千絵子が自分にそっくりでびっくりしたという馬場園。「着物を着てパッツンにしてヅラをつけたら本当にそっくりで。東村先生にも太鼓判をいただきました」と、自信の笑みを浮かべる。また「共演者の方々がすごいので、迷惑かけてはいけないと思い、みなさんのことを失礼ながら唐揚げだと思ってやりました」と撮影を振り返り、会場の笑いを誘った。

映画「海月姫」は12月27日(土)に全国ロードショー。

お笑いナタリーをフォロー