お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「海月姫」実写映画でアジアン馬場園、能年玲奈らと共演

182

東村アキコのマンガ「海月姫」の実写映画化が決定し、アジアン馬場園が出演することがわかった。

マンガ「海月姫」は2008年に「Kiss」(講談社)にて連載開始。単行本は13巻まで刊行され、累計発行部数は270万部を突破している。「第34回講談社漫画賞」少女部門や「このマンガがすごい!2011オンナ編」第3位を受賞しており、2010年にはTVアニメ化もされた。

主人公のクラゲヲタク女子・倉下月海役は能年玲奈が演じる。月海は、「男を必要としない人生」がモットーのヲタ女子“尼~ず”が集う、男子禁制の共同アパート・天水館で暮らす人物だ。女装が趣味の美男子で月海や尼~ずと奇妙な友情関係を結んでいく鯉淵蔵之介役を菅田将暉、真面目で堅物なイケメンエリートだが女性恐怖症で童貞の鯉淵修役を長谷川博己が務める。

アジアン馬場園は和物ヲタクの千絵子役。そのほか鉄道ヲタクのばんば役に池脇千鶴、三国志ヲタクのまやや役に太田莉菜、枯れ専のジジ役に篠原ともえが名を連ねている。監督は「ひみつのアッコちゃん」「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」の川村泰祐、脚本は「私の優しくない先輩」の大野敏哉、衣装デザインはきゃりーぱみゅぱみゅの衣装を手がける飯嶋久美子が担当する。同映画は今年2014年12月に全国ロードショー。

アジアン馬場園 コメント

はじめはこのマンガを知らなくて、でもお話をいただいてから読ませていただいたらすごく面白かったので、本当に光栄です。特に千絵子さんの見た目が自分にそっくりで、昔日本人形に憧れて、まったく同じ髪型にしている時期もあったので、かなり親近感が湧いています。
どちらかというと、引っ込み思案で友達も少ないし、私もプロレスオタクなので、今お笑い芸人をやっているから一応見られることを意識してオシャレもがんばっていますが、この仕事を選んでいなかったら完全に尼~ずに馴染めるタイプです。
今でも渋谷や原宿に行くのは怖いですし、生まれてまだ一度もクラブというところに行ったことがありません。怖いです。悪い人たちやマフィアの集まりだと思っています。
1人ひとりのキャラクターがとても面白いし、感動するし、応援したくなるので、たくさんの方々が楽しめる内容だと思います。

お笑いナタリーをフォロー