お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

功力改名&移住、沼津新劇場賑やかにオープン

105

本日7月7日、既報の通り静岡・沼津ラクーン4階に「沼津ラクーンよしもと劇場」がオープン。記者発表会に、新・沼津市芸人の功力富士彦改め富士彦、静岡県住みます芸人のカズ&アイら地元芸人たちと、中川家カラテカ入江、トータルテンボスら応援芸人が登場した。

司会は静岡で人気の平畠啓史が担当。「こけら落としに立ち合えるのはなかなかないことなので、興奮しております。楽しい雰囲気で会見をお届けできたら」と、明るい進行で会場の雰囲気を温めた。

まずは応援芸人の登場で、中川家・礼二が「平畠くんがいる限り大丈夫」と太鼓判。入江は「静岡には知り合いの社長がいっぱいいます。さっそくLINEで連絡が来て、高級寿司屋の予約をとっていただいたので、チケットを手売りしたいと思います!」と入江らしい作戦を披露した。静岡・御殿場出身のトータルンテンボスは、藤田が沼津の病院で生まれ、大村が沼津の高校出身と、ともに沼津にもゆかりのある身。ここぞとばかりに沼津の話をし始めたかと思いきや、藤田が大村の学歴に嫉妬しはじめ話が別の方向にいってしまった。

平成ノブシコブシ・吉村はエピソードがなかったためか、「紳士淑女のみなさん、こんにちわー!」と大声で挨拶するも、礼二が「そんな挨拶?」と冷静にツッコミ。「ひねり出したのがこれでございます」と言い訳しつつも、「みなさんは黙って座って見てれば笑えます。僕に任せてください!」と無責任にアピールしていた。相方の徳井も「第2の故郷」と大風呂敷。理由については「嫁の友達が何人か住んでる」とあっさりしていたため周囲からツッコまれるも、「第2の故郷」と再度言い切った。

そして、本日同日オープンした埼玉・大宮ラクーンよしもと劇場の会見に出席していたハリセンボンが、電車を乗り継いで急遽来場。近藤は「大宮は空調が効きすぎてて、沼津はちょうどいい」と沼津の居心地のよさを讃えていた。また、新たに富士市住みます芸人として会見に出席予定だったクレオパトラが体調不良のため欠席。これを聞いた芸人たちは、箕輪を見ながら「あんなに体調の悪いやつが来てるのに?」と、いたって健康な箕輪をイジっていた。

続いて、今後同劇場を盛り上げていく地元芸人たちが意気込みを兼ねて挨拶。トップバッターは、静岡に住みはじめて14年というカズ&アイで、カズが「アシカショーの仕事をしてたら相方がいつのまにか(太って)トドに」とジョークを飛ばすと、藤田がすかさず「よいしょー!」と合いの手。しかし、礼二からは「なんて?」とツッコまれ、爆笑をさらわれてしまった。

東京・ルミネtheよしもとを中心に活動していた功力富士彦は、「母親が富士山を見て産気づいたから富士彦という名前に」と明かし、心機一転“富士彦”への改名を発表。さらに、沼津への移住のみならず本籍地も移し、「税金もここに納めます! 地域密着、いや癒着で頑張っていきたい!」と、静岡の盛り上げになみなみならぬ情熱を表明すると、同期の平畠は「媚びまくっておりますね!」とツッコみながら応援した。

そのほか、新・沼津市住みます芸人のちゅ~りっぷは網本がピース綾部のモノマネを披露し、礼二から「なんやねん!」とツッコミ。恥マシーンから改名したヌマンズは、植竹がいきなり「沼津さいこー!」と大声をあげるも、吉村から無言で叩かれるなど、先輩芸人たちからさっそく笑いの洗礼を受けた。

ステージには会見を盛り上げるため、御殿場のゆるキャラ・みくりん、伊豆のゆるキャラ・ぬえ左衛門、先代スーパーリアルぬえ君、ラクーンのマスコットキャラクターヤバイラー、東京・小平市のクロコダイラも登場。沼津にも静岡にもゆかりのないことを芸人たちから訝しまれたクロコダイラは、「トータルンテンボスさんはNSC3期生だいら」「吉村さんの貯金は120万円だいら」など、芸人たちのことを何でも知ってることをアピールするも、情報の薄さに「入江帰れ!」と追い返されてしまった。

最後は、トータルテンボスが書いた七夕の短冊「千本浜のように若者が集まるスポットになりますように」(藤田)、「治安がよくなりますように」(大村)を披露。沼津のエピソードトークになるのかと思いきや、またも話はあらぬ方向に向かってしまい、最後までツッコミが飛び交う会見となった。

同劇場では、土日祝日はテレビで人気の芸人たちも出演するネタライブを2回もしくは3回実施。月曜日は劇場限定芸人企画ライブやトークライブ、火曜日は静岡パフォーマーフェスティバル、水曜日は沼津市住みます芸人ライブ、木曜日は当日参加OKのよしもと歌うま選手権、金曜日は静岡パフォーマーフェスティバルが行われる。

そのほか週末限定の企画ライブや、月1回のカラテカ入江による人脈術公演会&交流会、不定期のよしもとミニシアター上映会なども開催。詳しくは劇場オフィシャルサイトにて確認を。

お笑いナタリーをフォロー