お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

森三中大島“妊活”休業を3人で報告、村上と黒沢が支え

195

“妊活”による芸能活動の休止を発表した森三中・大島が本日1月31日、東京・吉本興業東京本部にて行われた囲み取材会に登場。相方の村上、黒沢とともに、3人で取材陣の質問に答えた。

既報の通り大島は今年2014年5月の番組収録をもって休業。その決定に至る経緯を「芸人はスタントマンみたいな仕事が多い。次に子供を作るならお休みがしたいと思った」と説明したほか「2人(村上と黒沢)もたくさんのスタッフさんも『どうぞ』と言ってくださり感謝している。主人(鈴木おさむ)にも『おめでとう。がんばっていこう』と言われた」と報告した。

村上も現在妊娠中で明日より産休に入る。村上は「(森三中は)いつ誰が産休に入ってもいいような形で動いていた。私自身、たまたま先に妊娠したが、考えていたことは一緒」と大島の休業宣言に理解を示す。3人の中で唯一未婚の黒沢は「私は気持ちが5歳児(笑)。2人(大島と村上)は何歩も先に行っているので、おー、すごいねー! と思った」とコメント。さらに相方2人の出産を「ベイビーベイビー」と繰り返す即興のオリジナルソングで応援して現場の笑いを誘った。

大島は妊娠中の村上に関して「身近にいるのでいろいろ聞いています。勉強になる」と支えにしている様子。黒沢に対しても「身勝手なことを聞いてくれてありがたい。森三中をお任せします」と頭を下げる。休業の予定期間は「1年くらいと思っているが、まだわからない」とのこと。大島は「芸能界は厳しい世界なので、世間から忘れられるかも知れない」と覚悟を見せる一方、「森三中には村上と黒沢がいるので守ってくれる」と信頼を寄せる。

休業中の予定を尋ねられると「まだ何も始まっていないが、まずは夫婦で病院に行って検査をします。規則正しい生活を送ってゆったりした気持ちでいたい。旦那をサポートする気持ちでもいる」という大島。最後に「芸人の仕事を5月半ばまでがんばります。また笑顔で戻ってきたい」と明るく宣言した。

お笑いナタリーをフォロー