Void_Chords feat.MARU「The Other Side of the Wall」 PR

高橋諒(Void_Chords)×梶浦由記|「プリンセス・プリンシパル」が引き寄せた2つの異端

「アニソンっぽい曲にしたくない」という発注を受けて

梶浦 今回の「The Other Side of the Wall」は歌詞が英語じゃないですか。そこもちょっとビックリしたんですよね。「あ、英語だ! 思い切ったなー。でもいいな!」って。これはどなたのアイデアだったんですか?

高橋 制作側のアイデアでしたね。そもそも今回は「アニソンっぽい曲にしたくない」っていう思いがあったらしく、だから最初にインストにしようかって話にもなっていたんですよね。で、あとで歌モノにする流れになったんですけど、そこでも普通じゃアレだからっていうことで英詞にしようっていう選択になったんです。

梶浦 楽曲の世界観にはもちろん、アニメの世界観にも合ってますもんね。すごくカッコいいです。

高橋 僕は一切歌詞を書かないので、基本的にはすべての作品で作詞家さんにお任せなんですけどね。ただ、音楽としてのドライブ感は大事にしたいので、言葉のハマりみたいな部分はなるべくこちらの意図を伝えるようにはしてます。結果、音楽的にも、タイアップとなる作品的にもガチっとハマった歌詞が上がってくると本当にうれしい。

梶浦由記

梶浦 ご自身で仮歌を歌われたものを作詞家さんに渡すんですか?

高橋 そうですね。なんちゃって英語を使いつつ、音と言葉のハマりとか、それによって生まれる勢いみたいなところはなるべく感じ取っていただけるような仮歌にはしています。そこをどう吸い取ってもらえるかはお任せなんですけど。

梶浦 譜面だけだと伝わりきらないところがありますもんね。「ここに文節をもってきたかー」みたいなことを避けるためにも仮歌は大事だと思う。

高橋 そうなんですよね。ディスカッションして伝えるのは難しいから「歌っちゃったほうが早いよな」って。

Void_Chordsは音楽的欲求を素の状態で爆発させられる場

──Void_Chordsはシンガーを固定しないユニットとして活動していくことが発表されています。第1弾となる今回は女性シンガーのMARUさんがフィーチャーされていますね。

高橋 はい。Void_Chordsに関しては、自分の音楽的な欲求を素の状態で爆発させられる場を作りたいなと思っていたときに、ちょうどエッジーな音楽を求められた「プリンセス・プリンシパル」のお話をいただけたので、このタイミングで新たな名義としてスタートさせていただくことにしました。音楽的に面白い、ちょっと変わったことをしていくプロジェクトにしたかったので、シンガーに関しても流動的にしようかなと。

梶浦 MARUさんはミュージカル「RENT」に出てらっしゃったんですね。すごくパワーのある声の方なので、今回の印象的な曲に合ってるなって思いました。本当にカッコいいボーカルで。

高橋諒

高橋 今回の曲は音数的にもテンション的にもカロリー的にも、ある意味暴力的な感じがあるので(笑)、それを全部ねじ伏せるくらいのパワーで対抗してくれる方がよかったんです。候補の方はたくさんいらっしゃったんですけど、MARUさんの歌を聞いた瞬間に「あ、この人だな。この人だったら全員倒してくれるな」って思ったんですよね(笑)。

梶浦 確かに! それくらいのパワーがありますよね。

高橋 いろんな音が動きまくってる中で、それらを全部なぎ払ってくれるようなボーカルさんだと思えたので、声だけを聴いてオファーさせていただきました。そのチョイスは大成功だったと思いますね。

梶浦 オープニングテーマって、聴き手がいかにワクワクするかどうかが重要だと思うんですよ。そういう意味で、この「The Other Side of the Wall」はサウンドも歌も本当に理想的だと思うんですよね。アニメの世界って、どれだけ現実的なことを描いていたとしても非現実なものだから、その非現実的な世界への入口として、現実を忘れさせてくれるくらいのワクワク感がないとダメなんです。逆にエンディング曲は、アウトロとして作品の余韻を味わってもらってから現実に帰ってもらう役割。自分でオープニング曲やエンディング曲を作るときも、その役目を果たすことはすごく意識しますね。

──そのあたりは劇伴を作るのとはまったく違ったアプローチが求められるものなんでしょうね。

梶浦 そうですね。当たり前ですけど、劇伴はある程度、聴き流してもらわなきゃ困る曲が多いわけですよ。でも、オープニング、エンディング曲は聴き流されると困る曲のほうが多いですからね。そういう意味では自己主張具合がまったく違うと思いますよ。

高橋 確かにそれはその通りですね。僕もそう思いながら作ってます。

左から高橋諒、梶浦由記。
Void_Chords feat.MARU
「The Other Side of the Wall」
2017年7月26日発売 / Lantis
Void_Chords feat.MARU「The Other Side of the Wall」

[CD]
1296円 / LACM-14624

Amazon.co.jp

収録曲
  1. The Other Side of the Wall
    (テレビアニメ「プリンセス・プリンシパル」オープニングテーマ)
  2. Drive My Fate
  3. The Other Side of the Wall(Instrumental)
  4. Drive My Fate(Instrumental)
アンジェ(CV:今村彩夏)、プリンセス(CV:関根明良)、ドロシー(CV:大地葉)、ベアトリス(CV:影山灯)、ちせ(CV:古木のぞみ)「A Page of My Story」
2017年8月2日発売 / Lantis
アンジェ(CV:今村彩夏)、プリンセス(CV:関根明良)、ドロシー(CV:大地葉)、ベアトリス(CV:影山灯)、ちせ(CV:古木のぞみ)「A Page of My Story」

[CD]
1296円 / LACM-14629

Amazon.co.jp

収録曲
  1. A Page of My Story
    (テレビアニメ「プリンセス・プリンシパル」エンディングテーマ)
    [作詞:Konnie Aoki / 作・編曲:高橋諒]
  2. Shoot Your Heart Out!
    [作詞:Konnie Aoki / 作・編曲:高橋諒]
  3. A Page of My Story(Instrumental)
  4. Shoot Your Heart Out!(Instrumental)
V.A.「TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』キャラクターソングミニアルバム 5 Moving Shadows」
2017年8月30日発売 / Lantis
V.A.「TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』キャラクターソングミニアルバム 5 Moving Shadows」

[CD]
2484円 / LACA-15664

Amazon.co.jp

収録曲
  1. Take Me Up Higher / アンジェ(CV:今村彩夏)
    [作詞:Konnie Aoki / 作・編曲:高橋諒]
  2. Under the Moonlight / ドロシー(CV:大地葉)
    [作詞:Konnie Aoki / 作曲:高橋諒 / 編曲:村山☆潤]
  3. 閃光刀歌 / ちせ(CV:古木のぞみ)
    [作詞:Konnie Aoki / 作曲:高橋諒 / 編曲:藤田宜久]
  4. リトルブレイバー / ベアトリス(CV:影山灯)
    [作詞:Konnie Aoki / 作曲:高橋諒 編曲:酒井陽一]
  5. Into the Sky / プリンセス(CV:関根明良)
    [作詞:Konnie Aoki / 作曲:高橋諒 編曲:福富雅之]
梶浦由記
「TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』オリジナルサウンドトラック」
2017年9月27日発売 / Lantis
梶浦由記「TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』オリジナルサウンドトラック」

[CD]
3564円 / LACA-9540~1

Amazon.co.jp

テレビアニメ「プリンセス・プリンシパル」
テレビアニメ「プリンセス・プリンシパル」
2017年7月9日(日)よりTOKYO MX、KBS京都、サンテレビ、BS11、AX-Tで放送中
スタッフ
監督: 橘正紀
シリーズ構成・脚本:大河内一楼
キャラクター原案:黒星紅白
キャラクターデザイン・総作画監督:秋谷有紀恵
総作画監督:西尾公伯
コンセプトアート:六七質
メカニカルデザイン:片貝文洋
リサーチャー:白土晴一
設定協力:速水螺旋人
プロップデザイン:あきづきりょう
音楽:梶浦由記
音響監督:岩浪美和
美術監督:杉浦美穂
美術監修:池信孝
美術設定:大原盛仁 / 谷内優穂
色彩設計:津守裕子
HOA(Head of 3D Animation):トライスラッシュ
グラフィックアート: 荒木宏文
撮影監督: 若林優(T2 studio)
編集: 定松 剛(サテライト)
アニメーション制作: Studio 3Hz / アクタス
キャスト
アンジェ:今村彩夏
プリンセス:関根明良
ドロシー:大地葉
ベアトリス:影山灯
ちせ:古木のぞみ
Lエル:菅生隆之
7セブン:沢城みゆき
ドリーショップ:本田裕之
大佐:山崎たくみ
ノルマンディー公:土師孝也
ガゼル:飯田友子
Void_Chords(ボイドコーズ)
Void_Chords
音楽集団・ONE III NOTESの一員として一躍脚光を浴びたサウンドクリエイター高橋諒によるソロプロジェクト。テレビアニメ「プリンセス・プリンシパル」のオープニングテーマ「The Other Side of the Wall」で2017年7月にデビューを果たす。1stシングル「The Other Side of the Wall」ではDREAMS COME TRUEをはじめとするさまざまなアーティストのライブやレコーディングで活躍するボーカリスト・MARUをフィーチャーしており、今後も作品ごとに異なるアーティストを招きながら活動していく。
梶浦由記(カジウラユキ)
1993年にユニットSee-Sawでデビュー。約2年の活動ののちソロ活動を開始し、テレビ、CM、映画、アニメ、ゲームなどさまざまな分野の楽曲提供、サウンドプロデュースを手がける。2002年にはボーカル石川千亜紀とSee-Sawの活動を再開し、テレビアニメ「NOIR」「.hack」関連の楽曲を担当した。2003年7月にはアメリカで1stソロアルバム「FICTION」を発表。同年よりFictionJunction名義のプロジェクトをスタートさせ、2008年からはボーカルユニットKalafinaの全面プロデュースを手がけている。2017年夏にはテレビアニメ「プリンセス・プリンシパル」の劇中音楽を担当。9月にはサウンドトラックアルバム「TVアニメ『プリンセス・プリンシパル』オリジナルサウンドトラック」がリリースされる。