UNIONE「ONE HEART」 PR

UNIONE|司令塔JINソロインタビュー 世界に向かっていくために

UNIONEの1stアルバム「ONE HEART」が先日リリースされた。

結成3年目、メジャーデビュー2年目に発表された本作には、大人っぽいバラードやさわやかなアップチューンなどバラエティに富んだ楽曲を収録。ボーカルグループとしての彼らの実力と魅力が堪能できる仕上がりとなった。

今回音楽ナタリーでは「ONE HEART」のリリースを記念して、グループの司令塔であるJINのインタビューを彼のルーツがある韓国・ソウルで実施。JINの音楽遍歴やUNIONEに賭ける思いを聞いた。

取材・文 / 中野明子 撮影 / 後藤壮太郎

人生を変えたELLEGARDENとの出会い

──今回はUNIONEの1stアルバムリリースに合わせて、リーダー的な立ち位置のJINさんの音楽経歴を聞くインタビューを企画しました。まずは経歴からお聞きしたいのですが、JINさんは大阪で生まれたんですよね?

JIN

はい。両親が韓国人で、大阪で出会って結婚したので、大阪で生まれ育ちました。でも親戚が韓国に暮らしているので、大阪と韓国を行ったり来たりしてましたね。幼い頃から韓国と日本の両方の文化に触れて、韓国語と日本語の両方を話してました。

──小さい頃から音楽の道を志していたんですか?

いや、違いました。親が英才教育と言うか、しっかり勉強させるタイプだったので小学校3年生くらいから勉強漬けでした。夏休みは昼と夜のお弁当を2つ持って、朝から晩まで塾で勉強してたくらい。でも、周りもみんなそうだったから、それが普通だと思ってたんです。ただ思春期のときに、家族間があんまりうまくいかない時期があって、親の望む道に進むことに疑問が生まれて、「俺はこのままでいいんだろうか」「なんで勉強してるんだろう?」って思い始めたんです。自分の人生に迷ってたときにELLEGARDENさんの音楽に出会って、励まされたり、救われたりしていく中で音楽にハマったんです。

──ELLEGARDENが好きなことはメジャーデビュー時のインタビューでも話されていましたね。

彼らの歌詞やサウンドにも感動したんですけど、僕が一番影響されたのは細美(武士)さんの真摯な人間性や生き様だったんです。歌詞もすてきですけど、MCやブログで発している言葉に心を動かされて。

──そうだったんですね。通っていた学校はどんな感じだったんですか?

その地方で一番まじめな全寮制の学校だったんですけど、携帯、パソコン、テレビ、ゲームが禁止で。唯一の癒しと言うか娯楽が音楽だったんです。だからこそ音楽に没頭できたと言うか。中学時代にELLEGARDENだけじゃなく、いろんなアーティストの音楽を聴くようになって、バンドも組んだりして。

──当時のパートは?

ギター&ボーカルでした。好きなアーティストの曲をコピーして、ときどき学校のイベントなんかで歌ってる中で、ステージに立つことの楽しさを覚えたんです。

──そんな楽しい環境の日本を離れて、高校はニュージーランドに留学されたんですよね。何かきっかけがあったんですか?

親からはもともと留学を勧められてたんです。でも、僕は仲のいい友達と離れたくないし、日本の学校で楽しく過ごしているし。誰も知らない場所に1人で行くのが怖くて嫌だった。でも、ELLEGARDENに出会って、細美さんが英語で歌っているのを聴いて、僕も彼みたいに英語で歌いたいと思って留学しようと。

──英語圏の中でもなぜニュージーランドを留学先に選んだんですか?

まったく英語を話せない学生を受け入れてくれる国を探したときに、ニュージーランドは受け入れの制度がしっかりしていて。下見に行ったときの印象がよかったんです。自然豊かで海も近くて、街に出ればいろんな国の人がいて、いい環境だった。

──留学する時点で、ご両親には音楽の道に進むことは伝えたんですか?

親は僕が医者になることを望んでいたので言い出せず。本当に僕に期待してくれていたので裏切れなくて、「英語を勉強したいんです!」と言って行かせてもらいました。でも留学先の授業が大学みたいに選択式だったので、音楽に関連した授業ばかり受けてましたね。

──留学先でもバンド活動をしていたんですか?

1年くらい経った頃に学校の友達と組みました。最初は学内でアジア人が僕だけのような環境で、ホームステイ先の人ともうまくコミュニケーションが取れず、ホームシックになってしまったんです。部屋で好きなバンドとかアーティストの譜面を見ながらギターを弾いて過ごす日々で。でも、英語が話せない悔しさと帰国したい思いを我慢しながら勉強して、一生懸命友達を作って。そうしたらアジアが好きな人、アニメや日本の音楽が好きな人が徐々に声をかけてくれるようになって、1年経つ頃にはちょっとした人気者になってましたね。

音楽の道を目指して海外へ

──ニュージーランド時代に組んでいたバンドでのパートは?

ボーカルです。今の活動につながるような感じでした。でも、今とは全然違う歌い方でしたね。ELLEGARDENを聴いていた頃はパンクっぽい歌い方をしてたし、ニュージーランドではマライヤ・キャリーをすごく上手に歌う同級生がいたのでR&Bに影響されたし。当時は自分の歌い方が定まらなくて迷ってました。

──どういう歌がJINさんの理想なんですか?

JIN

ニュージーランドで出会った韓国人の友達がいるんですけど、その子の声が艶があってハスキーで……いろんな魅力を内包してたんですよね。その歌を聴いて「僕もこんな歌が歌いたい!」って思って。同じ韓国人だから、喉の構造や出る声も似てるし、自分もその子のように歌えるかもという思いがありました。そこで今度はルーツである韓国に留学することにしたんです。

──韓国に戻ったのも音楽のためだったと。

そうです。いろんな音楽に触れて、発声方法を学んで、オーディションを受けてました。ただ母親には音楽の道に進むことは言えなくて。父親にはニュージーランドに留学していた頃に正直に話して、「やりたいことやれよ」って背中を押してもらったんですけど。でも韓国留学中に母を説得して、なんとか音楽の道に進めることになったんです。

──JINさんの場合、韓国で音楽活動をするという選択肢もあったと思いますが、なぜ日本に帰国されたんですか?

韓国でオーディションを受けていたんですけど、なかなか最終審査を通らなくて。ちょうど壁にぶつかったときに、日本で曲作りを学べる学校があることを知ったんです。僕はそれまで歌うだけだったんですけど、憧れの細美さんも曲を作ってるし、そこが音楽をやるうえで自分に足りないなと。自分で曲を作って歌うことも目標の1つだったので、日本で音楽学校に通うことにしたんです。

──と言うことは、当時はシンガーソングライターを目指していたんですか?

はい。いろんな事務所に声をかけてもらったんですけど、自分の思い描いていたアーティスト像や活動とはかけ離れていて。僕のイメージでは、音楽では自分の表現したいことをやるべきだと思ってたんです。でも、音楽を仕事にするうえではそういうわけにはいかないところもある。縛りがあった結果、「こんなことをするために音楽を始めたわけじゃない」って生意気にも思って、音楽をやめようと。

──何歳頃の話ですか?

22、23くらい。好きなようにできないのなら仕事にはせず趣味にしようってなった。

UNIONE「ONE HEART」
2018年2月28日発売 / SME Records
UNIONE「ONE HEART」初回限定盤A

初回限定盤A [CD+DVD]
4800円 / SECL-2261~2

Amazon.co.jp

UNIONE「ONE HEART」初回限定盤B

初回限定盤B [CD+DVD]
4200円 / SECL-2263~4

Amazon.co.jp

UNIONE「ONE HEART」通常盤

通常盤 [CD]
3200円 / SECL-2265

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. Dramatic
  2. パッサボーラ!(UNIONE ver.)
  3. SEXY SEXY SEXY
  4. 朝が来るたび
  5. Bye Bye Blue
  6. One Sided Love
  7. ロンディ
  8. STILL THE ONE
  9. 未来DELIGHT
  10. ダンデライオン
  11. Between Us
  12. 男らしく
初回限定盤A DVD収録内容
  1. OPENING
  2. Interview part1
  3. One Sided Love Live at AstroHall 2016.9.21
  4. Sci-Fi Girl Live at Astro Hall 2016.9.21
  5. Interview part2
  6. let me go Live at Shibuya Duo
  7. 未来DELIGHT Live at Shibuya Duo
  8. Interview part3
  9. 世界の真ん中 Live at Akasaka BLITZ 2017.5.7
  10. パッサボーラ! Live at Akasaka BLITZ 2017.5.7
  11. Interview part4
  12. SEXY SEXY SEXY Live at Liquid room
  13. ロンディ Live at Liquid room
  14. Interview part5
  15. STILL THE ONE
初回限定盤B DVD収録内容
  1. One Sided Love MUSIC VIDEO
  2. 未来DELIGHT MUSIC VIDEO
  3. パッサボーラ!(UNIONE ver.) MUSIC VIDEO
  4. SEXY SEXY SEXY MUSIC VIDEO
  5. MAGIC MUSIC VIDEO
  6. でっかい夏を連れてきたのです MUSIC VIDEO
  7. ロンディ MUSIC VIDEO
  8. 朝が来るたび MUSIC VIDEO
  9. Between Us MUSIC VIDEO
“ONE HEART” SHOWCASE TOUR 2018
  • 2018年5月3日(木・祝)宮城県 space Zero
  • 2018年5月6日(日)静岡県 HAMAMATSU FORCE
  • 2018年5月13日(日)福岡県 DRUM SON
  • 2018年5月27日(日)大阪府 Shangri-La
  • 2018年6月3日(日)愛知県 ell.FITS ALL
チケット発売情報 ファンクラブ先行受付:2018年3月11日(日)12:00~15日(木)23:59
受付URL:http://fc.unioneweb.com/s/
一般発売:2018年4月14日(土)10:00
UNIONE(ユニオネ)
UNIONE
ISSY、YUUKI、JIN、SAM、YUTAからなる5人組男性ボーカルユニット。2015年12月にUNIONEとして活動をスタートさせる。路上やライブハウスで地道にライブ活動を行い、2016年2月に東京・渋谷Star loungeにて初のワンマンライブを行う。7月にSME Recordsからシングル「One Sided Love」でメジャーデビューする。2017年にリリースされた3枚のシングルはすべてオリコンウィークリーチャートでトップ10入りを果たし、年末の「第59回日本レコード大賞 」で新人賞を受賞。2018年2月に1stアルバム「ONE HEART」を発表し、オリコンウィークリーチャートで10位にランクイン。3月には東京・Zepp DiverCity TOKYOにてワンマンライブを開催した。