田所あずさ「イコール」 PR

田所あずさ|ファンのみんなに寄り添う歌

聴けば聴くほど発見がある「あずさ2号のテーマ」

──「あずさ2号のテーマ」は、タイトル通り田所さんのバックバンド・あずさ2号のテーマ曲として作られたんですよね?

「バンドメンバーの紹介曲を作ろう」という話から始まって、バンマスの神田ジョン(PENGUIN RESEARCH)さんに作曲をお願いした曲なんです。バンドの紹介なので全員のソロパートが入っています。それと、曲中に「かまちょ!」という男性の声が入っているんですが、これはギターの長澤トモヒロさんの声です(笑)。ライブに来てくれている人にはおなじみのかけ声ですね。

──曲中には「純真Always」(2016年2月発表の3rdシングル表題曲)のメロディが一部入るところもありますよね。

田所あずさ

そうなんです。わりとコアなファン向けのネタが入っている曲だと思います。聴けば聴くほど発見があるので、本当に飽きない曲ですね。神曲ができちゃったなあ!

──レコーディングはどのように?

普段はレコーディングをしてくれるメンバーとライブを演奏してくれるメンバーが違うんですけど、この「あずさ2号のテーマ」ではもちろんあずさ2号のメンバーがレコーディングに参加しています。神田さんはボーカルのレコーディングに立ち会ってくれたんですけど、とにかく熱い方なので「メロディはもう無視していいから!」みたいなちょっと変わったディレクションをしていただいたのが印象的でした。

──曲中に入っているかけ声などはもちろんライブでも再現されるわけですよね?

もちろんです(笑)。逆に私があずさ2号のメンバーに期待しているところですね。ライブでも必ず盛り上がる1曲なので、「イコール」と合わせてライブの定番曲が2曲も増えちゃいました。

──田所さんにとってあずさ2号のメンバーってどういう存在ですか?

いろいろと教えてもらうこともたくさんありますし、めちゃめちゃ頼りになるお兄さんお姉さんです。あずさ2号のみんなが後ろにいるのといないのとでは安心感が全然違うんですよ。ライブだけじゃなくて、プライベートでも仲よくさせていただいて、本当に出会えてよかったと思っています。

自分のことではなく、みんなに対して歌う曲

──3曲目「焦らずにいこう」はストレートなタイトルのミドルチューンです。表題曲「イコール」のお話にも出てきた「ファンに寄り添った楽曲」という言葉は、この曲にも当てはまりますよね。

今まではわりと自分のことを歌う曲が多かったんですけど、「焦らずにいこう」はファンのみんなに対して歌っている曲なんです。私はこれまで皆さんに応援してもらってきたから、今度は私がみんなを応援する曲を歌ってみたかったんです。

──作詞作曲を手がけた結城アイラさんとは何かお話をしましたか?

残念ながら直接お話をすることはできなかったんですけど、結城さんに書いていただいた歌詞が、難しい言葉のないお手紙のような内容で、すごく素敵なんです。レコーディングでは手紙っぽさをイメージして、語りかけるように歌うことを意識しました。みんなに届いてほしい、応援歌だと思います。

──シングルの収録曲はいずれもタイアップの付いていない楽曲ですが、タイアップのある曲とない曲で何か違いのようなものはあるんでしょうか?

説明するのは難しいんですけど、タイアップがあると作品への思いが曲に乗るのに対して、タイアップのないオリジナル曲はこれからみんなと一緒に思い出を作っていくイメージなんですよね。例えば「DEAREST DROP」だったらテレビアニメ「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」のクトリ・ノタ・セニオリスちゃんの切ない生涯に思いを馳せて、めちゃくちゃ思い入れの強い曲になっています。タイアップのない曲はライブで披露したときの景色を思い出したり、ファンの皆さんとの経験がどんどん積み重なって、曲への思いが強くなっていく感覚があるんです。

──かつてのインタビューでは「ライブが苦手」と話していたと思うんですが、田所さんの活動の中でライブが占める割合が大きくなっているような気がします。

昔は緊張するし、なるべく立ちたくないなあと思っていたこともあったんですが、数年くらい前からライブって実はすごくアットホームな場所なんだと気付いたんです。みんなが温かく迎えてくれる場所だからこそ、「どんなことをやったらみんなが喜んでくれるかな」と考えることもできるようになって。自分のことで精いっぱいだったのがやっと周りのことを考える余裕が出てきたのかな? 最近はポジティブな思考でライブができるようになりました。

どの仕事も全部つながっている

──11月には東京・片柳アリーナでワンマンライブ「AZUSA TADOKORO SPECIAL LIVE 2019~イコール~」の開催が決定しています。初のアリーナ会場でのライブですが、何かライブに向けて構想はあるんですか?

まだ具体的なことは決まってないんですけど、会場が大きいから今までのライブでできなかったことができるらしいんですよね。いろいろな案出しをしながらも、あえてシンプルに今まで通りのライブにするのも悪くないなあ、なんて思ってもいて。楽しみながらライブのことも決めていきたいですね。

──田所さんがアーティストとしてやりたいことをしっかりと1つずつ実現させているのが、今回のインタビューでよくわかりました。

ありがたいことですよね。「こういう曲が歌いたいです」とか、「こういう作詞家さん、作曲家さんにお願いしたいです」という要望を叶えていただけるのは、本当に幸せなことだと思います。

──田所さんの本業は声優だと思いますが、声優の仕事とアーティストの仕事の比重って変わりつつありますか?

そうですね。もちろん声優が自分の一番の活動の場だとは思っているんですけど、歌うこともどんどん楽しくなってきて、もっとうまくなりたいし、もっといろんなことを歌で表現したいんです。声優の仕事とアーティストの仕事は、どちらも大切なお仕事ですね。それに自分の中では、ラジオのお仕事も大好きで。ただ1つ言えるのはどの仕事も全部経験としてつながっているんですよね。だからどれか1つに絞るでも、どれか1つをがんばるわけでもなく、全部一緒に進めていきたいです。

ライブ情報

AZUSA TADOKORO SPECIAL LIVE 2019~イコール~
  • 2019年11月10日(日)東京都 片柳アリーナ
田所あずさ