鈴村健一「鈴村健一 10th Anniversary Best Album "Going my rail"」 PR

鈴村健一|アーティストデビュー10周年、その道のりに見える確固たる意思

未来はわからないけど、それが楽しい

──作詞のスタイルには変化がありつつも、通底するテーマは一切ブレることなく一貫していますよね。「自分が生まれた意味を見つけるために、とにかく自分らしく生きていくことが大事なんだ」というメッセージを、ベストアルバムに収録されているすべての曲から感じました。

ありがとうございます。そこは1stシングルの「INTENTION」のときから一切変わっていなくて。僕の座右の銘は“人生捉え方次第”で、自分の人生は自分が作っていくものだなって常に思っているんです。どんなことが起きようとも、ちょっと視点を変えるだけでそれは自分の力に変わっていく。実際、僕はそういうことを繰り返して生きてきたし、そのほうが楽しいと思うんです。もちろんそういった僕の考え方を押しつける気持ちはないんですけど、その考え方を音楽に乗せて形にしておこうっていうのがこの活動を始めた当初に掲げたテーマでもあったんですよね。

──そういう生き方は案外難しいものでもあるので、鈴村さんの楽曲が指針になる人も多そうですよね。

そう言ってもらえるとうれしいですね。僕のラジオ番組のリスナーさんから「鈴村さんの音楽を聴くことで、視点が変わってハッピーになりました」というメッセージをいただいたりもして。僕の曲を聴いて少しでもそういう反応をしてくださる方がいるということは、この10年間、多少なりともやってきた意味はあったのかなと思ってます。

──そういうポジティブな思考を持っている鈴村さんだからなのか、歌詞には“未来”というワードがたくさん使われていますね。

大好きですからね、“未来”が(笑)。

──なぜ“未来”に惹かれるんでしょう?

未来には今はわからないことが絶対に待っているんですよ。どれだけ考えて、どれだけ準備したとしても、未来のことはわからない。でも、それが楽しい。何かヘこむことがあったとしても、「明日はどうなってるかわかんないしな」と思えばたいていのことは解決しますからね(笑)。「この先、見たこともない景色を見られるかもしれない」と常に希望を持っていれば、「悩んでいても仕方ない」「なるようにしかならない」という思考にもなる。それが僕の人生なので、“未来”という言葉が大好きで詞にもよく使うんですよね。

  • 鈴村健一
  • 鈴村健一

自分で歌詞を書くことを選んだ理由

──声優さんが音楽活動をする場合、シンガーに徹する方も多いと思うんですよ。でも鈴村さんは作詞を自ら手がけ、そこにご自身の生き様をしっかりと込めている。だからこそアーティスティックな印象が強いんですよね。そういったスタイルはデビュー当初から意識していたものだったんでしょうか?

そうですね。僕は声優としてキャラクターソングと言われるものをたくさん歌ってきていて。それは元となるアニメ作品があって、歌詞に関しては作詞家さんが書いてくださるものなんです。だから自分名義で音楽活動を始めるのであれば、そことの差がちゃんと見えないとダメだなと思ったんですよね。もちろん僕の思いを反映した歌詞を作詞家さんに書いていただくという選択肢もあったんですけど、それだと本当に僕が表現したいものにはたどり着けない気がしたと言うか。だから詞は全部自分で書くことにして、音楽活動を始めたんです。今になってみれば、あえて作詞家さんにお願いすることで生まれる化学変化も面白そうだなという気持ちもあるんですけどね。でもそういう気持ちは、10年やってきたことで自分なりのカラーを作り上げられた自負があるから生まれたものだと思います。

──今回ベストアルバムを聴いていて感じたのは、意外とタイアップ曲が少ないなと。声優さんのアルバムにはキャラソンであったり、アニメのタイアップ曲が多い印象があるんですけど、そこもまた鈴村さんの場合は当てはまらない。純粋に“鈴村健一”というアーティストの色で染め上げられた楽曲ばかりですよね。

もちろんタイアップが付くなら、それはそれでうれしいんですけどね(笑)。ただ、今おっしゃっていただいたような印象は、意図しているものではあるんですよ。誰かの借り物みたいにならないようにということだけは丁寧にやってきた自負もありますし、先ほどお話したような統一したテーマを掲げることこそがアーティストであるというイメージもあるので。声優とは言え、本気で音楽活動をやる以上「この人はこういう理念を持っているから、こういう歌を歌っているんだ」というものが見えなきゃいけない。そういう志を持って活動されているほかのアーティストさんと同じ目線で物作りをしなきゃいけないということだけは最初からすごく思っていたんです。

──それこそが音楽を始めることへの“INTENTION=意図”だったわけですね。

まさにその通りです。音楽活動を始めた当初、すごくバカにされることも多かったんですよ。「声優として人気が出てくるとすぐ音楽やるよね」「やめておけばいいのに」みたいなことをよく言われていたので、「僕は自分の意志でやりたいからやっているんだ」と胸を張って言える環境にしなければいけなかったんです。だから自分で歌詞を書くことを選んだし、最初の曲ではちゃんと自分の“意図”を掲げなきゃ意味がないだろうと。それで僕が昔からずっと大事にしてきた、後に自分の会社名にもなる“INTENTION”という言葉を使った曲を作ったんですよね。“INTENTION”には“意図”のほかに“決意”という意味もあるので、それをタイトルにしておけば「これでもう逃げも隠れもせんだろう、俺」と思って(笑)。

──それくらいの覚悟を持って始め、意図を大切に掲げながら活動してきたからこそ10周年を迎えられたということなんでしょうね。

うん、それは絶対にあると思いますね。

鈴村健一「鈴村健一 10th Anniversary Best Album "Going my rail"」
2018年5月9日発売 / バンダイナムコアーツ
鈴村健一「鈴村健一 10th Anniversary Best Album "Going my rail"」

[CD+DVD]
4860円
LACA-9575~6

Amazon.co.jp

CD収録曲

Joyful Disc

  1. in my space
  2. The whole world
  3. ミトコンドリア -Live Arrange Version-
  4. ポジティヴマンタロウ
  5. NAKED MAN
  6. おもちゃ箱
  7. シンプルな未来(New Vocal)
  8. CHAPPY
  9. HIDE-AND-SEEK
  10. All right
  11. シロイカラス -Anniversary Edition-
  12. あいうえおんがく
  13. SHIPS -Live Arrange Version-
  14. ハナサカ
  15. Go my rail

Nature Disc

  1. INTENTION(New Vocal)
  2. brand new
  3. あすなろ -Anniversary Edition-
  4. ALL GREEN
  5. messenger
  6. CHRONICLE
  7. Landscaper
  8. そりゃそうです
  9. スケッチ
  10. Butterfly
  11. 月とストーブ -Live Arrange Version-
  12. ロスト
  13. 太陽のうた
  14. and Becoming(New Vocal)
  15. この世界の好きなところ
初回限定盤DVD収録内容
  • Go my rail (Music Video)
  • 鈴村健一 Live Tour 2017「NAKED MAN」(Life is like it / あすなろ / 夕暮れタイムトラベル / CHAPPY / NAKED MAN / home sweet home)
鈴村健一「鈴村健一 10th Anniversary Live "lo-op"」
2018年5月9日発売 / バンダイナムコアーツ
鈴村健一「鈴村健一 10th Anniversary Live "lo-op"」Blu-ray

[Blu-ray]
9504円
LABX-8266~7

Amazon.co.jp

鈴村健一「鈴村健一 10th Anniversary Live "lo-op"」DVD

[DVD]
7344円
LABM-7249

Amazon.co.jp

DISC1

鈴村健一 10th Anniversary Live "lo-op" 2017.10.8 (sun) パシフィコ横浜 国立大ホール

  1. INTENTION
  2. The whole world
  3. ALL GREEN
  4. ハナサカ
  5. home sweet home
  6. 月のうた
  7. Butterfly
  8. CHRONICLE
  9. ロスト
  10. 月とストーブ
  11. スケッチ
  12. おもちゃ箱
  13. CHAPPY
  14. シロイカラス
  15. HIDE-AND-SEEK
  16. All right
  17. in my space
  18. あいうえおんがく
  19. 太陽のうた
  20. ポジティヴNAKED MANタロウ
  21. ミトコンドリア
  22. SHIPS
  23. ひとつ
  24. and Becoming
DISC2(Blu-rayのみ)
  • 鈴村健一 10th Anniversary Live "lo-op" ライブドキュメンタリー

ツアー情報

鈴村健一 満天LIVE 2018 "Going my rail"
  • 2018年6月2日(土)山梨県 河口湖ステラシアター
  • 2018年6月3日(日)山梨県 河口湖ステラシアター
鈴村健一(スズムラケンイチ)
鈴村健一
1994年にアニメ「マクロス7」で声優デビュー。2008年10月に自身名義で1stシングル「INTENTION」をリリースし、音楽活動をスタートさせた。2009年10月 初のフルアルバム「Becoming」発表し、翌年1月に本作を携えてワンマンツアー「鈴村健一 1st Live Tour 2010 "Becoming"」を行う。2011年3月に2ndアルバム「CHRONICLE to the future」を発売。2011年4月に東名阪ワンマンツアー「CHRONICLE to the future」を、震災を受けて節電アコースティック編成で決行する。2012年に音楽活動開始5周年を記念して、5月にシングル「messenger」、8月にミニアルバム「互」を立て続けにリリース。同年9月より全国ツアー「5th Anniversary Live Tour 『INTENTION 2012』」を開催した。2014年5月に約3年ぶりフルアルバム「VESSEL」を発表。2015年5月に山梨・河口湖ステラシアターにて初の野外ワンマンライブ「満天LIVE 2015」を行った。2016年11月より初のアジアツアー「brand new world」で香港、台湾、中国へ。2017年に10周年記念ライブ「鈴村健一 10th Anniversary Live "lo-op"」を神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホールで行った。2018年5月に「鈴村健一 10th Anniversary Best Album "Going my rail"」を発表。2018年6月に3回目の河口湖ステラシアターでのライブ「満天LIVE 2018 "Going my rail"」を行う。