ナタリー PowerPush - 住岡梨奈

晴れ晴れとした決意を歌う 2ndシングルの舞台裏

昨年6月のデビュー以降、自身のワンマンライブやさまざまなイベントへの出演を通してアーティストとしての自信と実力をさらに確固たるものとした住岡梨奈。そんな彼女がリリースする2ndシングル「ハレノヒ」は、前へと進む軽やかな足並みを誘うサウンドと、力強い決意が滲む歌詞によって、タイトル通りの晴れ晴れとした気持ちを感じさせてくれる作品だ。

地元・北海道を離れてから約1年。東京の生活にも慣れてきたという彼女に話を訊いた。

取材・文 / もりひでゆき インタビュー撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

ライブでうまく遊べるようになってきた

──デビュー時のインタビューで「いろんなところでライブがしたい」とおっしゃっていた住岡さん。この半年でだいぶ実現したんじゃないですか?

住岡梨奈

はい。堂島孝平さんのツアーにオープニングアクトとして参加させてもらったので、その経験がすごく大きかったですね。全部で8カ所、仙台や広島はそのとき初めて行きました。最初はわりと自分を全面に押し出して「行くぞ!」っていう感じで臨んでたんですけど、会場ごとにお客さんの雰囲気が違っていたりもするので、やっていくうちに気持ちがいい意味で落ち着いてきて。観てくださっている人たちのことを考えながら歌えるようになった気がします。堂島さんのファンでありながら、私のファンでもいてくれる人と出会えたのも感動しましたね。いろんな場所に自分を好きでいてくれる人がいるんだなっていう確認にもなって。

──いろんなことが学べました?

そうですね。会場ごとのノリに合わせて楽しむことができるようになったので、自分のライブでもMCでしゃべることがだんだんまとまってきた感じがあります。お客さんとやり取りできるようになったというか。一度、ももいろクローバーZさんとイベントでご一緒することがあったんですけど、そのときはももクロさんのファンがものすごく多かったんですね。なので、私が「次の曲で最後になります。皆さんどうせももクロさん待ってるんでしょ」って言ったら、「わかってるねー!(笑)」って返してくれたりして(笑)。嫌みのない感じでそういうコミュニケーションが取れるようになったところはありますね。

──ライブに対して余裕が出てきたのかもしれないですね。

うまく遊べるようになってきたので、余裕が出てきた感じは自分でもしますね、はい。徐々にですけど自信も出てきましたし。

──東京での生活にも慣れてきたそうですが。

もうすぐ上京して1年経つので、いい加減慣れないと(笑)。いろんなイベントを通してアーティストの方とのつながりができたのも大きいですね。南波志帆さんのイベントに誘っていただいたりとか、あとはOKAMOTO'Sといろんなやりとりをさせてもらったりとか。そういう部分ですごく楽しくなってきてます。

──OKAMOTO'Sのハマ・オカモトさんとはTwitterでもよく絡んでますよね。

よくイジっていただいてます(笑)。堂島さんもそうですけど、事務所の先輩方にはたくさんお世話になっていて。いろんな人とつながれてるのがうれしいですね。

部屋の窓から見た天気が生んだ「ハレノヒ」

──日々の生活の中でも、デビューしてから何か変化はありました?

わりと家から出るようになりましたね。今までは結構引きこもることが多かったんですけど、最近は外に出ていろんなものを吸収しようとしてます。

──外に出てどんなことをするんですか?

吸収するって言っても、ほとんど散歩するだけなんですけど(笑)。東京に慣れてきたとは言え、まだまだ知らないところばかりなので、いろんな場所を歩いて東京の良さを見つけたり。人混みとかは苦手なので、なるべくゴチャゴチャしてないところを歩きながら、気持ちを落ち着かせている感じですね。

──そのときってどんなことを考えてるんでしょうね?

天気のことを考えることが多いかもしれないですね。それは家にいるときもそうなんですけど。今の時期の晴れが一番気持ちいいなあ、とか。曇りの日は曇りの日で、晴れか雨のどっちかになればいいなあって思ったりとか。天気に気持ちが重なっちゃうことが結構多いんですよね。空が晴れていれば、気分も晴れますし。そのままですけど(笑)。

──あははは(笑)。でもすごく納得。だって今回のニューシングルのタイトル、「ハレノヒ」ですもんね。

東京に来た最初の頃は家にいることが多かったので、部屋の窓から見えるのって天気くらいだったんですよ。なので、そういう曲になっちゃったというか。

──実際に窓から空を眺めながら作った曲なんですか?

これができたときは……夜でしたね。カーテンを閉めてたときに作った曲です。

──天気見えてないじゃないですか(笑)。

あははは(笑)。でも日々の中で、窓から天気を眺めていることが多かった時期に作った曲ではあるので。

2ndシングル「ハレノヒ」 / 2013年1月30日発売 / Ki/oon Music
「ハレノヒ」初回限定盤 [CD+DVD] / 1575円 / KSCL-2160~2161
「ハレノヒ」通常盤 [CD] / 1223円 / KSCL-2162
CD収録曲
  1. ハレノヒ
  2. あかり
  3. BABY BABY BABY
初回限定盤DVD収録内容
  1. feel you (2012年4月11日 at LIQUIDROOM恵比寿)
  2. 1/2 (2012年7月12日 at Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE)
住岡梨奈(すみおかりな)

1990年2月15日生まれ、北海道札幌市出身の女性シンガーソングライター。高校生の頃より作曲活動を始め、大学入学後は学内の音楽サークルで活躍。2010年から札幌市内を中心に弾き語りでのライブ活動を行い、2011年夏には北海道内で6公演の弾き語りツアーを開催した。同時に初の音源となるライブ会場限定シングル「ナガレボシ」をリリース。10月には東京で行われたSPARKS GO GO主催のライブイベントでオープニングアクトを務めた。2012年春、大学卒業と同時に上京し、6月リリースのシングル「feel you」でメジャーデビューを果たした。同年秋には堂島孝平の全国ツアーにオープニングアクトとして出演。2013年1月、2枚目のシングル「ハレノヒ」をリリースする。