ナタリー PowerPush - SCREW×PENICILLIN

世代を超えた美麗ボーカリスト対談

昨年メジャーデビューを果たしたヴィジュアル系バンド・SCREWの2ndシングル「Teardrop」のリリースを記念して、ボーカリストの鋲と、彼が敬愛するHAKUEI(PENICILLIN)との対談が実現。「美しいルックスと強烈なボーカル」「モデルとしても活動」などの共通点を持つふたりのトークは、理想のボーカリスト像、ヴィジュアル系の捉え方、バンドの人間関係など、極めてディープな内容となった。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 上山陽介

 
mixiチェック

カッコよくても存在感がなければステージに立つ資格はない

──お2人が初めて会ったのはいつですか?

左からHAKUEI、鋲

HAKUEI あのイベントのときかな?

 そうですね。一昨年の11月に柏PALOOZAでイベントがあったんですけど、そのときに対バンさせていただいて。

HAKUEI 震災の義援金を送るためのチャリティライブだったんですけど、その日に初めて会いました。

 中学生のときからPENICILLINのCDを聴かせてもらっていたので、夢を見てる感じでしたね。カッコよすぎたし、とにかくオーラがすごくて。

HAKUEI いやいや……。

 リハーサルが終わったときに「Twitterをフォローさせてもらっていいですか?」って言って、帰り際に連絡先を教えてもらって。基本的にビビリなんですけど、よく聞けたなって自分でも思います(笑)。

HAKUEI (笑)。そこからお互いのライブに誘い合って、僕もSCREWのライブを観て。最初は赤坂BLITZだったかな?

 はい。

──そのときのSCREWの印象はどうでした?

HAKUEI 雑誌とかいろんなところで目にしていたし、音は聴いたことがあったんだけど、ライブを見たときは「(鋲が)すごくボーカル然としているな」という印象を持ちましたね。僕はそういうところが気になるんですよ。どんなに歌がうまくても、どんなに見た目がカッコよくても、存在感みたいなものがなければステージに立つ資格はないと思ってるので。鋲くんはボーカリストらしいなと思ったし、あまりハラハラしないで見れました(笑)。シャウトもカッコよかったし。

無理は3~4年しか続かない

──ボーカリストには歌のうまさよりも大事なものがある、と。

HAKUEI

HAKUEI 特にロックバンドはね。まあ、ここまで来ているバンドで、あんまり下手なボーカリストもいないと思うけど。もちろん多少の実力差はあると思うけど、鋲くんはすごく華があるというか……。

 ありがとうございます。あんまり褒められることがないので……。しかもHAKUEIさんにそんなことを言ってもらえて。

HAKUEI 面白いのがさ、あんまり“オラオラ”じゃないんだよね。こういうときもそうだけど、控えめなイメージがあるんですよ。ステージでもわりとそうで、その感じがいいなと思った。イケイケっぽい感じのMCもないし、すごく自然体だなって。曲が始まれば、いい意味でキレてるし。

 キャラを作りとおしてた時期もあったんですけど、ちょっと道に迷ったと言うか……。

HAKUEI わからんでもないです。俺も最初はステージでぜんぜんしゃべらなかったから。バーンと出て、ガーッと暴れて、最後の曲が終わる前にサッと帰っちゃう感じで。

 なるほど……。でも、結局は素が出てしまうんですよね。

HAKUEI うん、無理は3~4年しか続かない(笑)。ステージに立って表現することがライフワークになってくると、よりリアルな、等身大の自分を表現しないと通用しなくなってくるんですよ。フィルターや壁をなくして、さらけ出す方向になってくるというか。僕の場合は、ですけどね。

デビュー当初、取材で曲についてぜんぜん聞いてくれなかった

──鋲さんにとってHAKUEIさんは、理想のボーカリスト像でもあった?

鋲

 「なりたいな」というのはありました。男から見てもカッコいい方だし、色気や男らしさがあふれてるじゃないですか。女の子になったような気分でしたね(笑)。

HAKUEI (笑)。活動を続けてると、自分たちより年下の世代のバンドが増えてくるじゃないですか。そういう人たちに「(PENICILLINを)聴いてました」って言ってもらったりすると、すごい自信になるんですよね。こういう世界って正解がないし、みんな迷いながらやってると思うんですよ。迷いながら、後悔しながら、歯を食いしばってやってるわけですけど、後輩のミュージシャンの「聴いてました」という言葉に背中を押してもらえるというか。やっててよかったなって思いますよね。

 しかも守りに入らずに攻め続けてるのがカッコよくて。どうしても(キャリアを重ねたバンドは)守りに入っていくイメージもあるんだけど……。

HAKUEI 10代の頃からそういう人が嫌いだったからね(笑)。「昔はカッコよかったのに、なんでこうなっちゃうんだろう」みたいなバンドを反面教師にしてた部分もあると思うし。むしろ昔のほうが地味だったりするからね。

 え、そうなんですか?

HAKUEI シーンに対する反発みたいなものもあったんですよ。一生懸命に音楽をやってるのに、ヴィジュアル系という言葉があまりにもセンセーショナルで珍しかったから、デビュー当初はそのことばかり聞かれてたんだよね。取材とかでもヴィジュアル系のシーンについての話ばかりで、「曲のことはぜんぜん聞いてくれないね」っていう。だから、メジャー2枚目のアルバム(「Limelight」)のときは髪をバッサリ切って、ナチュラルメイクで、格好もジーンズにセーターみたいになって。

SCREW 2ndシングル「Teardrop」 / 2013年2月6日発売 / 徳間ジャパンコミュニケーションズ
初回限定盤A [CD+DVD] 1890円 / TKCA-73871
初回限定盤B [CD+DVD] 1890円 / TKCA-73832
通常盤 [CD] 1575円 / TKCA-73873
CD収録曲
  1. Teardrop
  2. Blood Sucking Freak
  3. ANIMA(通常盤のみ収録)
初回限定盤A DVD収録内容
  1. Teardrop MUSIC CLIP
  2. MUSIC CLIP MAKING
  3. XANADU(Live at Shibuya O-WEST 2012.10.17)
初回限定盤B DVD収録内容
  • DOCUMENT of Shibuya O-WEST(2012.10.17)
PENICILLIN ベストアルバム「20th Anniversary Member Selection Best album PHOENIX STAR」 / 2013年2月6日発売 / 徳間ジャパンコミュニケーションズ
初回限定盤 [CD+DVD2枚組] 6900円 / エイベックス・マーケティング / XNBG-10013/B~C
通常盤 [CD] 3360円 / エイベックス・マーケティング / XNBG-10014
CD収録曲
  1. 太陽
  2. God of grind - 20th Ver. -
  3. 99番目の夜 - 20th Ver. -
  4. make love
  5. CRASH
  6. Japanese Industrial Students
  7. JUMP#1 - 20th Ver. -
  8. 冷たい風 - 20th Ver. -
  9. 腐海の砂
  10. ×・×・× - 20th Ver. -
  11. WARP
  12. fantasia - 20th Ver. -
  13. 螺旋階段 - 20th Ver. -
  14. REAL××× - 20th Ver. -
  15. PHOENIX STAR(新曲 / 通常盤のみ収録)
初回限定盤DVD収録内容
DISC1
  1. 夜をぶっとばせ(1999年7月ON AIR)
  2. CRASH(1998年9月ON AIR)
  3. Butterfly(1998年12月ON AIR)
  4. ロマンス(1999年9月ON AIR)
  5. NICE IN LIP+L(1999年9月ON AIR)
  6. ウルトライダー(2000年5月ON AIR)
DISC2<ビデオクリップ集>
  1. Blue Moon
  2. 言葉にならない愛
  3. make love
  4. CRASH
  5. Japanese Industrial Students
  6. 白髏の舞
  7. PHOENIX STAR(新曲)
SCREW(すくりゅー)

プロフィール写真

2006年に結成されたPS COMPANY所属のヴィジュアル系バンド。現在のメンバーは鋲(Vo)、和己(G)、マナブ(G)、ルイ(B)、ジン(Dr)の5人。抜群の容姿と音楽性で着実にライブの動員を増やし続け、2012年には10カ国13会場を回るヨーロッパツアーを成功させるなど、国境を超えてファン層を拡大させている。2012年10月に徳間ジャパンコミュニケーションズからメジャーデビューシングル「XANADU」(ザナドゥ)をリリースし、2013年2月には2ndシングル「Teardrop」を発表。4月20日にはバンド結成7周年を記念した東京・SHIBUYA-AX公演を控えている。

PENICILLIN(ぺにしりん)

プロフィール写真

1992年に結成されたヴィジュアル系バンドで、現在のメンバーはHAKUEI(Vo)、千聖(G)、O-JIRO(Dr)。インディーズシーンにて熱狂的な人気を誇るバンドとなり、1996年にシングル「Blue Moon / 天使よ目覚めて」でメジャーデビュー。シリアスでありながら、ときにコミカルなパフォーマンスでファンを魅了している。1998年にはアニメ「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」のオープニングテーマ「ロマンス」が大ヒットを記録。各メンバーはバンド以外にも、別名義でのユニットやファッションデザインなど、さまざまな場で個性を発揮している。2007年にはオリジナルメンバーであるGISHO(B)が脱退し、以降は3人で活動を継続。2012年には結成20周年を記念して「20th Anniversary Fan Selection Best DRAGON HEARTS」「20th Anniversary Member Selection Best album PHOENIX STAR」という2作のベストアルバムを発表した。