音楽ナタリー Power Push - ЯeaL

地を這ってでも生きてやる

2016年3月にシングル「秒速エモーション」でメジャーデビューを果たしたЯeaLが、3rdシングル「カゲロウ」をリリース。テレビアニメ「銀魂.」の新オープニングテーマに選ばれたこの曲は、ダイナミックかつポップなバンドサウンドと「地を這ってでも生きてやる」という強い意志を込めた歌詞が印象的なアッパーチューンに仕上がっている。

今回音楽ナタリーではメンバー4人にインタビューを実施。メジャーデビュー以降の心境の変化が反映されているというシングル「カゲロウ」についてじっくりと語ってもらった。

取材・文 / 森朋之

  • 147

    51

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

泣きながら後ろにひっくり返りました

──3rdシングル「カゲロウ」はテレビアニメ「銀魂.」の新オープニングテーマです。Aikaさんは「銀魂」の大ファンだとか。

Aika(Dr, Cho) 小さい頃からずっと観てたんですよ。オープニングテーマの話が決まったときは「まさか自分たちが!」という感じでしたね。

ЯeaL

Ryoko(Vo, G) スタッフさんから聞いたのは福岡でのライブが終わった打ち上げの席だったんですけど、Aikaは泣きながら後ろにひっくり返ってました(笑)。

Aika そんなことが起こるなんて夢にも思ってなかったので……。

Yurika(G, Cho) そうやな。

Fumiha(B, Cho) 私も「ありえない」って思いました。初回の放送を観るまで「ほかの曲に変えられてるかも」って思ってたし(笑)。

Aika 初めてオープニング映像を観たときにも涙が出てきましたね。

Ryoko ウチの家族も「銀魂」が好きで、決まったときはすごく喜んでくれました。

──「銀魂」の楽曲はこれまでDOES、SPYAIR、黒猫チェルシーといった面々が担当してきて。名曲も多いですよね。

Aika そうなんですよ。「銀魂BEST」(「銀魂」の主題歌を集めたコンピレーションアルバム)もずっと聴いてたし、「ホントにその中に加われるのかな?」って。

Ryoko でも、曲は負けてないですよ!

Fumiha 出ましたね、Ryokoのドヤ顔(笑)。

「私たち、このままで大丈夫かな?」

──「カゲロウ」は最初から「銀魂.」を意識して書いた曲なんですか?

Ryoko いえ、実は違うんです。「カゲロウ」の原型になる曲を書いたのは2015年の12月くらいなんです。当時はまだメジャーデビュー前だったんですけど、「リード曲になるような曲を書こう」と思ってワンコーラス分だけ作っていて。それを「銀魂.」スタッフの方々に気に入っていただけて、フルコーラスを完成させたんです。1番の歌詞は当時からまったく変わっていないんですけど、2番と最後のサビは新たに書き加えて。結果的に自分たちの心境の変化も込められた1曲になったなと思います。

──メジャーデビュー前と現在とで、どのような変化があったんでしょう。

Ryoko デビュー前はもちろんですけど、メジャーデビューしたあとも不安ばかりだったんですよ。1stシングル(「秒速エモーション」)を出しても「あれ? 何も変わらへんな」って感じだったし、「ホントにメジャーデビューしたのかな?」と自問自答していて。4人でスタジオに入っているときもずっと話し合いをしてました。「私たち、このままで大丈夫かな?」って。

──「カゲロウ」にはそういった不安定だったときの心情もリアルに込めれらているんですね。

Ryoko はい。「カゲロウ」というタイトルは、つらい記憶や思い出したくないトラウマがフラッシュバックしたときの感じを表していて。だけど、それでもがんばって前に進んでいけば、振り返ったときには「ちゃんと歩いてきたんだな」と思えるはずなんですよね。2番とラストのサビではまさにそのことを書いています。4人でいろんなことを乗り越えてきたからこそ歌える曲ですね。

ЯeaL

Fumiha ちょっと大人になりました。

Ryoko そうやな(笑)。

Yurika 今年で20歳になりますからね。

Ryoko 今も不安に思うことはたくさんあるし、根本の部分は変わらないと思うんです。でも、確かに前よりは強くなったなって。どんなことがあってもあきらめずに進んでいく覚悟ができたというか……「地を這ってでも生きてやる」って歌ってますからね。

Fumiha 目が血走ってる感じやな(笑)。

Ryoko あはは(笑)。私だけじゃなく、会社だったり学校だったり、皆さん日々いろんなことがあると思うんですよ。でも、絶対に明日は来ちゃうじゃないですか。そんな中、何があっても前進して生きていくっていう決意ですよね、この曲は。

思ってることをそのまま言ってたら解散ですよ

──皆さんはまだ10代ですが、「プロとしてバンドをやっていく」という決意はいつ頃固まったんですか?

Fumiha 結成当時からですね。その気持ちを掲げて組んだバンドなので。

Ryoko 最初から「売れたい!」って言ってました(笑)。私に限っては「バンドでも何でもいいから、とにかく売れたい」と思ってたんです、最初は。でも3人が「Ryokoに付いていく」と言ってくれたことがすごくうれしかったし、私にとってはその言葉が大きかった。

──Ryokoさんはバンドが一番向いていると思います(笑)。猪突猛進タイプのRyokoさんがメンバーを引っ張ることでバンドも成長するし、逆にRyokoさんは3人の冷静な意見から気付きを得ることもあるでしょうし。

Ryoko 私もそう思います。結局私を含めてメンバー全員、人付き合いが苦手なんですよ。普段も自分の気持ちをしっかり話せなかったりするし。

Fumiha 思ってることをそのまま言ってたら解散してます。

Ryoko やめてー(笑)。

Aika まあ、コミュ力はないですよね。

Yurika うん。

Ryoko 言いたいことがうまく言えないから、それを曲にしたり、ギターやドラムやベースで表現しているのかなって。

3rdシングル「カゲロウ」2017年3月1日発売 / SME Records
期間生産限定アニメ盤 [CD+DVD] 1500円 / SECL-2120~1
通常盤 [CD] 1300円 / SECL-2119
期間生産限定アニメ盤 CD収録曲
  1. カゲロウ
  2. ひらり舞う
  3. 満月の夜に
  4. カゲロウ ~TV Size~
  5. カゲロウ ~TV Size Instrumental~
期間生産限定アニメ盤 DVD収録内容
  1. カゲロウ
  2. ひらり舞う
  3. 満月の夜に
  4. カゲロウ ~TV Size~
  5. カゲロウ ~TV Size Instrumental~
通常盤 CD収録曲
  1. カゲロウ
  2. ひらり舞う
  3. 満月の夜に
  4. カゲロウ ~Instrumental~
ЯeaL「デビュー1周年記念企画 ЯeaL Яock Яevolution vol.5 ~ЯeaL vs Gacharic Spin~」

2017年3月12日(日)東京都 渋谷TSUTAYA O-WEST
<出演者>
ЯeaL / Gacharic Spin

ЯeaL「ワンマンツアー2017」
  • 2017年5月27日(土)大阪府 BIGCAT
  • 2017年6月11日(日)愛知県 池下CLUB UPSET
  • 2017年6月17日(土)福岡県 Queblick
  • 2017年6月25日(日)東京都 TSUTAYA O-WEST
ЯeaL(リアル)

Ryoko(Vo, G)、Yurika(G, Cho)、Fumiha(B, Cho)、Aika(Dr, Cho)からなるガールズバンド。ЯeaLの“Я”は「やー」「ろしあもじ」「ろしあ」で変換。2012年12月、当時中学3年生だった4人によって結成され、関西圏を中心にライブ活動を開始する。2013年には「eo Music Try」の決勝大会に進出し、2014年7月には大阪・阿倍野ROCKTOWNで行われた初のワンマンライブのチケットを完売させ、12月には初の全国流通盤「Change Your ЯeaL」を発表するなど注目の存在に。また2015年8月にはオーディション「出れんの!?サマソニ!?」を勝ち上がり「SUMMER SONIC 2015」に出演。4人の高校卒業月となる2016年3月、シングル「秒速エモーション」でメジャーデビューを果たす。8月には2ndシングル「仮面ミーハー女子」を発表。2017年3月1日に3rdシングル「カゲロウ」をリリースする。