Panasonic「プライベート・ビエラ Z1」 PR

BOØWY×Panasonic「プライベート・ビエラ Z1」特集|高橋まこと、ド迫力の音と映像で“BOØWY解散宣言ライブ”を観る

BOØWYのライブ映像作品「BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-」がDVD、Blu-ray、Ultra HD Blu-rayでリリースされた。この作品は、彼らが解散を発表した1987年12月24日の東京・渋谷公会堂公演の映像を収めたもの。新たに発見されたオリジナルフィルムを再編集した、4Kリマスタリングによる映像作品だ。

30年前の貴重なライブの様子をリアルに追体験できる本作の発売を記念して、ここではBOØWYのドラマーだった高橋まことにインタビュー。1987年のBOØWYの活動、渋谷公会堂公演の思い出などについて語ってもらった。また、本作に収録されている「MARIONETTE」「NO.NEW YORK」を店頭デモ映像に採用しているPanasonicの高音質ポータブルテレビ「プライベート・ビエラ Z1」で同ライブ映像を視聴してもらい、その感想を聞いた。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 佐藤類

Panasonic「プライベート・ビエラ Z1」

ディスプレイとクレードル型スピーカーからなるポータブルテレビ。スピーカーはサブウーファーと4つのフルレンジスピーカーを内蔵した2.1chで、ディスプレイとスピーカーを合体させることにより、ポータブルテレビとしては他に類を見ない迫力ある重低音を実現した。

さらに、ライブ映像を観るのにピッタリな“エクストリームライブ”や、好みに合わせてバーチャルサラウンド効果や低音 / 高音レベルを設定できる“ユーザー”など音声モードも充実。チューナー部にはBlu-ray / DVDプレーヤーが搭載されるうえ、アンテナ線のあるリビングにチューナーを設置すれば好きな場所に持ち運んでワイヤレスで視聴することができる「お部屋ジャンプリンク」に対応している。

まったく違う編集になってて、ライブ全体の様子がよくわかるね

──「BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-」がリリースされました。解散宣言が行われた1987年12月24日の渋谷公会堂公演のオリジナルフィルムを編集した映像作品ですが、まずは映像を観た感想を聞かせていただけますか?

2013年に映画館で上映した映像(「BOØWY 1224 FILM THE MOVIE 2013」)とはまったく違う編集になってるね。俺は編集の現場には顔を出してないし、全部お任せなんだけど、オリジナルフィルムを観直して、イチから編集し直してくれたんだと思うよ。バンド全体の様子がわかるカットがあるのもいいね。これまでの映像はメンバー1人ひとりのアップが中心だったけど、今回はライブ全体の様子がよくわかるんじゃないかな。実際にライブを観ている感覚に近いと言うか。

──渋谷公会堂の客席で聴いているような臨場感がありますよね。

高橋まこと

そうそう。今までの作品は氷室(京介)ばっかり映ってる印象もあったけど、今回は俺もけっこう映ってるんだよ(笑)。ボーカルのアップを観ていたいという人もいるだろうけど、バンドが好きな人は、ドラムやベースが何をやってるのか気になるでしょ? それがわかるのはいいなって思うし、観る人も楽しいんじゃないかな。自分で観ても「しっかり演奏してたな」って思うしね。まあ、当たり前だけど。このテレビはすごくいい音だね。

──「プライベート・ビエラ Z1」はサブウーファーを内蔵していて、迫力のある重低音を体感することができるんです。

このサイズのテレビとしては、申し分ない音質だと思うよ。低い音もしっかり出てるし、ボーカルの高音もばっちり聴こえて。真正面で聴くと音の広がりを感じられるし、エクストリームライブモードにすればライブ会場にいるような臨場感が味わえるんじゃないかな。

音楽人生がまだまだ続くのに「今までありがとう」は違うよなって

──1987年のBOØWYについて改めて聞かせてください。2月にアルバム「BEAT EMOTION」を引っさげた全国ツアー「ROCK'N ROLL CIRCUS TOUR」が終了し、4月にシングル「ONLY YOU」、7月にシングル「MARIONETTE」をリリースして、7、8月には神戸と横浜で4時間ライブ「"GIGS" CASE OF BOØWY」を開催しました。そして9月に結果的に最後のアルバムになった「PSYCHOPATH」を発表して、全国ツアーを行なっています。そのファイナルが12月24日の渋谷公会堂公演だったわけですが、この年のバンドの状態はどうだったんですか?

「GIGS」のときは「よし、やってやろう」という感じだったんだよね。「4時間のライブって、誰がそんなこと考えたんだ?」って思ってたけど(笑)、「面白そうじゃねえか。よし、やるか!」っていう。でも「PSYCHOPATH」を作っていたときはメンバー全員が「これが最後のアルバムだ」と思っていたし、その後もツアーで解散することも決めてたんだよね。「ツアー前に解散を発表してフェアウェルツアーにしたらどうか」という話もあったけど、すぐに「そんなのはカッコ悪い」ということになって。BOØWYはズバッと終わらなくちゃダメだっていう。

──潔く散るんだ、と。

高橋まこと

うん。例えば安室奈美恵ちゃんみたいに「辞めます」と宣言して、そのあとにツアーをやるのも1つの方法だし、日本中のファンにお別れするという意味ではすごくいいと思うんだよ。でも、当時の俺たちは二十代の真ん中だからね。音楽人生がまだまだ続くのに「今までありがとう」っていうツアーをやるのは違うよなって。いきなりズバッと辞めるっていうのはこっちの勝手な都合だけど「そのワガママさもいいじゃん」という感じもあったしね。

──「PSYCHOPATH」のツアーには、どんな気持ちで臨んでいたんですか?

最初は「ひさびさのツアーだぜ」という感じでやってたんだけど、どんどん最後(12月24日の渋谷公会堂公演)に向かっていくわけでしょ。そんなの、雰囲気が悪くなるに決まってるじゃん。ツアーが始まった頃のヒムロックは「また来るぜ」なんて言ってて、俺は後ろで「“また”はねえのに」と思ってたんだけど、だんだんとヒムロックもそんなことは言えなくなってくるわけ。「愛してるぜ」みたいな言葉もウソくさいし、ヒムロックの気持ちも落ちていったんじゃないかな。「次のアルバムもがんばって作るぜ」って言えれば楽なんだけど、そうじゃないから。ステージで話すのはヒムロックだけだったし、「まこっちゃんはどう?」みたいなやりとりもなかったから、かなりプレッシャーを抱えてたんじゃないかな。俺らもツアーが進むにつれて「本当に終わるんだな」という感じになってたしね。

BOØWY「BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-」
2017年12月24日発売 / USMジャパン
BOØWY「BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-」[DVD]

[DVD]
5400円
UPBY-5064

Amazon.co.jp

BOØWY「BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-」[Blu-ray Disc]

[Blu-ray Disc]
6480円
UPXY-6046

Amazon.co.jp

BOØWY「BOØWY 1224 -THE ORIGINAL-」[Ultra HD Blu-ray + Blu-ray]

[Ultra HD Blu-ray + Blu-ray]
12960円
UPZY-9001

Amazon.co.jp

収録内容
  1. LIAR GIRL
  2. ANGEL PASSED CHILDREN
  3. BLUE VACATION
  4. ハイウェイに乗る前に
  5. GIGOLO & GIGOLET
  6. PSYCHOPATH
  7. CLOUDY HEART
  8. Marionette
  1. わがままジュリエット
  2. LONGER THAN FOREVER
  3. 季節が君だけを変える
  4. WORKING MAN
  5. B・BLUE
  6. RENDEZ-VOUS
  7. ホンキー・トンキー・クレイジー
  1. PLASTIC BOMB
  2. BEAT SWEET
  3. IMAGE DOWN
  4. NO.NEW YORK
  5. MEMORY
  6. ONLY YOU
  7. Dreamin'
高橋まこと(タカハシマコト)
1954年生まれ、福島県出身のドラマー。1981年に暴威(のちのBOØWY)の初ライブを観たことをきっかけに、ドラマーオーディションに参加してバンドに加入。1988年に東京・東京ドームで最後のライブ「LAST GIGS」を行うまで、パワフルかつタイトなビートでバンドの屋台骨を支え続けた。BOØWY解散後は、元ALLERGYの宙也を中心としたバンド・De-LAXに参加し。De-LAX解散後はソロアルバム「楽しき人生」をリリースしている。その後もさまざまなバンドに関わりながらドラマーとして精力的に活動。2007年に自叙伝「スネア」を出版した。2016年には椎名慶治(Vo)、友森昭一(G)、tatsu(B / LA-PPISCH)と共にJET SET BOYSを結成し、同年6月に1stアルバム「JET SET BOYS」、2017年7月に2ndアルバム「BIRD EYE」をリリースしている。