アニメ「pet」 PR

アニメ「pet」特集 TK from 凛として時雨×眩暈SIREN×山本幸治 | ディープな作品世界と、2つのとがったテーマ曲

音楽、アニメ業界の7年の変化

──7年前にTKさんと山本さんがお話しされていることとして、山本さんが「自分で作らないとダメだ」、TKさんは「ちゃんとカッコいいものを作っていれば届く」とおっしゃっていました。あれから7年経ちましたが、お二人は今どんなことを大事にして作品作りに取り組んでいるのでしょうか? 特に山本さんは独立されて環境も変わったと思います。

「pet」のワンシーン。©三宅乱丈・KADOKAWA / ツインエンジン

山本 あのときTKさんがおっしゃっていた「カッコいいものを作っていれば届く」というのは精神論だけじゃなくて、ネットの時代になったことも関係していて。例えば「pet」は話も難解ですし、「東京喰種トーキョーグール」みたいに誰が見ても「あ、これ売れるな」というタイプの絵ではないですから、なかなか企画を通すのが難しかった。でもアニメのビジネスモデルが、ビデオを売る時代からAmazonプライム・ビデオやNetflixなどの配信サービスの時代に変わってきたことで、ようやく実現したわけです。昔のアニメは放送局でかかってなんぼだったけど、今は種みたいなものでもある一定の花を開くところまで持っていける時代になりました。フジテレビ時代はいろんな縛りもあったので、その戦いにだいぶ力を削がれていたんですけど、そこから解放されてせいせいしたというより、どうでもよくなったと言えるくらい時代が変わった感じはします。

──この7年の変化をどのように感じていますか?

山本 アニメ業界は相当変わりましたね。アニメ業界はこれまで何度かバブルがあって、ある意味今もバブルが続いているんですよ。日本経済と一緒で、足元はわからないけど株価は上がっている。そういうときって当然いいことも悪いこともあるんですけど、この7年はとにかく激動だったと思います。僕の状況というより、世の中全体が変わった。Amazonプライム・ビデオやNetflixで観る人が増えていることからも明確ですよね。音楽もきっとそうだと思います。CDを売る時代ではなくなって。今はSpotifyやApple Musicなどで聴いてる人が多いんですか?

「pet」のワンシーン。©三宅乱丈・KADOKAWA / ツインエンジン

TK 多いんじゃないですかね。まだ日本はCDが売れてると思いますけど、それもどこまで続くか。

山本 作品との接触の仕方が変わってきた。そこが7年前とは劇的に違うなと思っていて。まだ深夜アニメは多いし、これからもきっと続くんですよね。なぜなら無料なのは地上波放送だけで、ほかはまだまだ有料への誘導がありますから。でも単価が安くなると、当然Amazonプライム・ビデオなどに入る人が増えてくる。おそらく日本の音楽シーンもCDを買う習慣がない世代が増えていくと、アーティスト側の戦略も変わるんだろうなって。

TK いろんな音楽が手に取りやすくなって、サービス側が自分に合った音楽を薦めてくれるようになった。だから自分が何を好きでその楽曲を聴いているのかとか、誰の何を聴いているのかっていう意識が希薄になっていくのかなっていうのはすごくありますね。Spotifyのプレイリストで「すごくいいな」と思った曲を、誰の作品か知らないまま聴いていることがあって。それを新しい出会いだと思えば、すごくいい面でもあるんですけどね。でも例えば、そうやって僕の音楽に出会ってくれた人がいたとして、「『これはTKという人の曲で、凛として時雨というバンドをやっていて、来週ライブをするらしい』というところまで情報を取りに来るのかな?」とは思っていて。だから楽曲だけを聴いた人をそこまで引っ張るためにはどうしたらいいかとか、そういうことを考える時代に突入するのかなと。

山本 なるほど。

TK なんでも手に取れる便利さと、出会いの多さが匿名性につながっているんじゃないかと最近よく思っていて。その意味でも、やっぱりこの7年くらいでかなり変わってきましたよね。自分自身も、結局誰の曲だかわからないまま聴いてたりする。そこに音楽に対しての情熱というか、「昔CDを買っていた頃と同じようなものを持っているのか?」と自分に問いただしている部分もありますね。

カッコいいものをどう伝えていくか

──山本さん、TKさんよりも下の世代である眩暈SIRENのお二人は今年メジャーデビューを果たしたわけですが、音楽業界の現状をどう捉えていますか?

ウル 僕はCDだとか配信だとかに関してはどっちでもいいというか、聴きたい音楽をすぐに調べて聴けるので個人的にはとてもいい時代だと思います。ただ、メジャーデビューをしたタイミングでタイアップのお話をいただいたのですが、デモを作ってはボツになるということがあったんですよ。別にお金持ちになりたくて音楽をやってるわけではないけど、「いい音楽と売れる音楽ってなんなんだろう?」と悩むこともあって、そんな時期にちょうどTKさんとお仕事したんです。思い切って相談したら、「タイアップがあろうがなかろうが、カッコいい音楽が売れると思ってる」と言われて、それはそうだなと納得しました。なのでまずは眩暈SIRENとして、ベストな音楽を作れたらいいのかなと。メジャーデビューしてみて音楽業界は思っていたほど「金だ金だ」の世界ではなかったし、TKさんをはじめ情熱を持って仕事をしている人がたくさんいることもわかりました。いい音楽を作ればいつか報われるのではないかって気持ちでやってます。

京寺 私は純粋にお仕事として音楽をやれていることが幸せです。これが続けばいいなって思うから、そのためにやるべきことがあるならやりますっていう、それだけですね。

──TKさんと山本さんはプロの世界で生きる先輩として、そのあたりどうお考えですか?

TK 僕はとにかくカッコいいものを作れて、それが人に伝わるのが一番いいなとずっと思っています。カッコいいものを作る自信はあるとして、今は「じゃあ、それをどういった角度、見せ方で人に伝えるのか?」ってところまで考えなきゃいけない時代になってきたので面白いなと。

山本 僕はあくまでビジネスをやっている意識が強いというか、そうでなきゃいけない立場です。ただ、ビジネスのためにクリエイティブが抑えられると、それでうまくいくことってないし、クリエイティブとビジネスの拮抗こそがよいものを生んでいくと信じています。あと、単純に映像と音楽が以前よりも近付いていると思っていて。アーティストの世界観と映像の世界観を一緒に伸ばしていくことがおいしい時代だと思っているので、ぜひこれを機にお二方ともまたご一緒できればと思っております。

ライブ情報

TK from 凛として時雨 2020 Album Release Tour
  • 2020年4月22日(水)東京都 LIQUIDROOM(◆)
  • 2020年4月25日(土)福岡県 DRUM LOGOS(◆)
  • 2020年4月26日(日)広島県 広島CLUB QUATTRO(◆)
  • 2020年4月29日(水・祝)神奈川県 KT Zepp Yokohama(◆)
  • 2020年5月9日(土)石川県 金沢EIGHT HALL(◆)
  • 2020年5月17日(日)北海道 札幌PENNY LANE24(◇)
  • 2020年5月23日(土)大阪府 なんばHatch(◆)
  • 2020年5月24日(日)香川県 高松MONSTER(◇)
  • 2020年5月29日(金)愛知県 DIAMOND HALL(◇)
  • 2020年5月31日(日)宮城県 Rensa(◇)
  • 2020年6月4日(木)東京都 中野サンプラザホール(◆)

サポートメンバー:BOBO(Dr) / 吉田一郎不可触世界(B) / 佐藤帆乃佳(Violin) / ちゃんMARI(◆Piano) / 片木希依(◇Piano)

APOSTOLOS TOUR 2020
  • 2020年2⽉1⽇(⼟)大阪府 BIGCAT
  • 2020年2月8日(土)愛知県 ElectricLadyLand
  • 2020年2月16日(日)東京都 TSUTAYA O-EAST

<出演者> 眩暈SIREN / a crowd of rebellion / CY8ER / RAZOR