音楽ナタリー Power Push - パスピエ「娑婆ラバ」特集 成田ハネダ&大胡田なつき×小出祐介(Base Ball Bear)

パスピエというバンドの実体

パスピエが3枚目のフルアルバム「娑婆ラバ」をリリースした。音楽ナタリーではそれを記念して、成田ハネダ(Key)がリスペクトし、かねてから親交も深いBase Ball Bearの小出祐介(Vo, G)との対談を実施。成田、大胡田なつき(Vo)、小出の3人が、その出会いから互いの音楽性の魅力、パスピエが12月に控えている初の日本武道館公演に向けた話まで、たっぷりと語り合った。

取材・文 / 三宅正一(ONBU) 撮影 / 笹森健一

 
mixiチェック

成田ハネダの出自=カラオケマシーン

──この対談はナリハネくんたっての希望で実現したんですけど、最初にその経緯を話していただけますか。

左から小出祐介(Base Ball Bear)、成田ハネダ(Key)、大胡田なつき(Vo)。

成田ハネダ はい。今年の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」の出演日がベボベと同じ日だったんですけど、その日の夜にコイちゃんが下北沢GARAGEでUstreamをやるというので、自分のライブが終わったあとにGARAGEに遊びに行ったんですよね。

小出祐介 そうそう。

成田 そのUstreamに僕も声だけ参加させてもらって、配信の合間の休憩時間に焼き鳥屋に行っていろいろ話したんですよね。そこで、音楽ナタリーでコイちゃんがRHYMESTERにインタビューした記事(参照:RHYMESTER「Bitter, Sweet & Beautiful」インタビュー by 小出祐介[Base Ball Bear])が面白かったという感想を伝えて、「パスピエも次のニューアルバムのリリースタイミングでコイちゃんに話を聞いてもらいたい」という話にもなって。

小出 俺はミュージシャンを引退したらナタリーのライターとして飯を食っていこうかなって思ってますから(笑)。

一同 (笑)。

──という流れがあって今回の対談に至ったんですけど、そもそもパスピエと小出くんはお互いがデビュー前から拠点としている下北沢GARAGEで出会ったんですよね。

小出 そうですね。でも、俺はずっとナリハネ以外のパスピエのメンバーとは面識がなくて。6月に大阪でパスピエのライブに呼んでもらって(参照:パスピエ自主企画「印象D」各公演にレキシ、ベボベ、YSIGら)、そこで初めてナリハネ以外のメンバーに会ったんですよ。

大胡田なつき お話は成田さんからよく聞いてたんですけど、実際にお会いしたことはなかったですよね。

小出 そう。MVを観てもメンバーの顔が映ってないから、メンバーが何人いるのかもよくわかってなくて(笑)。大阪で対バンして「あ、メンバーは5人なんだ」って知ったくらいの感じだったんですよ(笑)。

一同 (笑)。

小出 でも、ナリハネとの付き合い自体はもう4、5年になるよね?

成田 そうですね。4、5年前、パスピエは月1くらいのペースでGARAGEでライブをしていて。その流れで会ったという感じですね。

小出 当時の店長だった出口(和宏)さんが紹介してくれたと記憶してるんだけど、その紹介の仕方も「便利な鍵盤の人です」みたいな(笑)。GARAGEの平日のイベントで出口さんやいろんな人が歌いたい曲をその場でパッと弾いてくれるという(笑)。いまだにGARAGEではそういう扱いだけどね。

成田 僕のバンドマンとしての出自はそこなので(笑)。

小出 カラオケマシーンという出自(笑)。

「コイさん」から「コイちゃん」へ

──ナリハネくんは小出くんと出会う以前からベボベの存在や楽曲は知っていたんですよね?

成田 もちろん。あの、これはいろんなところで話してるんですけど……。

小出 ところで今日のナリハネ、スーパー内股じゃない?(笑)

一同 (笑)。

成田 コイちゃんと対談してるんだから、そりゃあ内股にもなりますよ(笑)。僕がバンドを始めようと思ったきっかけって、大学1年(2007年)の年末に遊びに行った「COUNTDOWN JAPAN」だったんですけど、そこで初めてベボベのライブも観たんですよね。それからリスナーとして音源も聴いて、ワンマンにも遊びに行ったりしてたから、GARAGEでコイちゃんに会ったときに「うわっ、コイちゃんだ!」と思って(笑)。こっちは普通にリスナーだったから、緊張したのを覚えてます。それから出口さんを通じて一緒にごはんを食べに行ったりするようになったんだけど、しばらくは緊張してましたね。俺ね、コイちゃんを「コイちゃん」って呼ぶようになったのはここ1年くらいなんですよ。ずっと「コイさん」って呼んでいて。

小出 そうだっけ? 全然気にしてなかったんだけど(笑)。

成田 それくらいバンドマンの先輩として尊敬してるし、ずっと背中を見ているので。

──小出くんも最初にナリハネくんのプレイを見たときに、この人はタダ者ではないことはわかったと思うんですけど。

小出 うん、それは一発でわかりましたね。「なんでこんなところでカラオケマシーンをやってるんだろう?」って思いましたから。すげえ才能の消費の仕方をしてるなと(笑)。

成田 あははははは(笑)。でも、僕としてもそれが楽しいので。

小出 そのうち、GARAGEによく出入りしてる人たちと組んだ覆面バンドで一緒に演奏をするようにもなって。ナリハネが加入した途端にみんなの演奏的な負担がめっちゃ軽減されたんですよね。俺はコードを弾いてればいいという感じで。思いがけずどんどん音楽的にもなっていって(笑)。「ナリハネがいれば大丈夫」ってみんな思ってる。そういう意味では、俺とナリハネが一緒に演奏してる機会はけっこうあるんだよね。あと、2年前に遠藤舞さんに提供した楽曲(「Today is The Day」)のデモ制作を手伝ってもらったりもして。

成田 そう。特に公表はしてないんですけど。

小出 先方から「どうしてもピアノを入れてほしい」というオファーがあって。でも俺は、ピアノはコードくらいしか弾けないから、ナリハネにお願いしてプリプロを手伝ってもらったんです。

成田 僕もコイちゃんの制作現場を見てみたかったし、喜んでという感じで。

小出 ただ、あれは相当イレギュラーな制作だったけどね。ご迷惑おかけしました。

成田 いえいえ(笑)。

パスピエ ニューアルバム「娑婆ラバ」2015年9月9日発売 unBORDE
「娑婆ラバ」
初回限定盤[CD+DVD] 3780円 / WPZL-31097~8
通常盤[CD]2700円 / WPCL-12236
CD収録曲
  1. 手加減の無い未来
  2. 裏の裏
  3. アンサー
  4. 蜘蛛の糸
  5. 術中ハック
  6. 贅沢ないいわけ
  7. ハレとケ
  8. つくり囃子
  9. ギブとテイク
  10. トキノワ
  11. 素顔
初回限定盤DVD収録内容
パスピエ TOUR 2014 “幕の外ISM” at Zepp DiverCity(TOKYO)
  1. - opening -
  2. MATATABISTEP
  3. トーキョーシティ・アンダーグラウンド
  4. 七色の少年
  5. - session -
  6. チャイナタウン
  7. はいからさん
  8. 贅沢ないいわけ
  9. S.S
  10. シネマ
パスピエ ライブ情報
パスピエ TOUR 2015 “娑婆めぐり”
  • 2015年11月4日(水)宮城県 Rensa
  • 2015年11月6日(金)新潟県 新潟LOTS
  • 2015年11月11日(水)香川県 高松オリーブホール
  • 2015年11月13日(金)広島県 広島CLUB QUATTRO
  • 2015年11月14日(土)福岡県 DRUM LOGOS
  • 2015年11月16日(月)鹿児島県 CAPARVO HALL
  • 2015年11月21日(土)大阪府 Zepp Namba
  • 2015年11月22日(日)愛知県 Zepp Nagoya
  • 2015年11月26日(木)北海道 札幌PENNY LANE24
パスピエ 日本武道館単独公演 “GOKURAKU”
  • 2015年12月22日(火)東京都 日本武道館
パスピエ
パスピエ

2009年に成田ハネダ(Key)を中心に結成。メンバーは大胡田なつき(Vo)、成田、三澤勝洸(G)、露崎義邦(B)、やおたくや(Dr)の5名。都内を中心にライブを行い、2010年3月に自主制作盤「ブンシンノジュツ」をライブ会場限定で発表。2011年に1stミニアルバム「わたし開花したわ」、2012年に2ndミニアルバム「ONOMIMONO」をリリースし、卓越した音楽理論とテクニック、ポップセンスで音楽ファンの話題をさらう。2013年3月に初のシングル「フィーバー」、6月にメジャー1stフルアルバム「演出家出演」、2014年6月に「幕の内ISM」と続々と作品を発表し、数々の大型ロックフェスに出演。2015年は4月にシングル「トキノワ」、7月にシングル「裏の裏」、9月にアルバム「娑婆ラバ」をリリース。秋には全国ツアーを行い、12月に初の日本武道館単独公演を予定している。

小出祐介(コイデユウスケ)
Base Ball Bear

ロックバンド・Base Ball Bearのボーカル&ギター。2001年、同じ高校に通っていた関根史織(B, Cho)、湯浅将平(G)、堀之内大介(Dr, Cho)と学園祭に出演するためにバンドを結成。2006年4月にミニアルバム「GIRL FRIEND」でメジャーデビューを果たし、2010年1月には初の日本武道館単独公演を実施。近年は他アーティストとのコラボレーションも盛んになり、2012年に7月に発表したミニアルバム「初恋」でヒャダインや岡村靖幸と、2013年6月リリースのミニアルバム「THE CUT」では、RHYMESTERや花澤香菜と、それぞれ共演している。2015年は「シリーズ“三十一”」と題して8月から3カ月連続で“エクストリーム・シングル”を発表した後、バンド結成記念日である11月11日にニューアルバム「C2」をリリースする。