ネクライトーキー「ZOO!!」 PR

ネクライトーキー|ライブが楽しみ!遊び心あふれるアルバムでメジャーデビュー

ネクライトーキーが1月29日にニューアルバム「ZOO!!」でメジャーデビューを果たす。音楽ナタリーではメンバーインタビューを行い、メジャーデビューが決まった率直な感想を語ってもらったほか、新作の魅力や制作背景、音作りの細かなこだわりなどについて話を聞いた。また東京・マイナビBLITZ赤坂で大盛況のうちに幕を閉じた前回ツアーを経て、進化を遂げているバンドの現在の状況も探った。

取材・文 / 田中和宏 撮影 / 宇佐美亮

メジャーデビューが決まったバンドの現実

──メジャー行きが決まったときの率直な感想は?

朝日(G) なんか……安心できないって思いました(笑)。

中村郁香(Key) いきなりネガティブ発言(笑)。

──そこに喜びはなく?

朝日 喜びというと難しいんですよ。音楽ってどこに行っても実力勝負の世界なので。もちろんうれしい気持ちはあったんですけど、全然安心できない。結局は自分たちが地に足付けて戦えるようなバンドじゃないと、メジャーでいろんな人に助けてもらえてもどこにもいけないという……喜びとかうれしいとかよりもまず「気を引き締めないといけない」というのが一番にありました。

ネクライトーキー

もっさ(Vo, G) デビューが決まったときは「これがメジャーデビューか」という感じ。「わーい!」って喜ぶより「(メジャーデビュー)するんだな……」って感慨深い気持ちでした。昨年学祭でTHE BACK HORNと対バンさせてもらったことがあって。そうやってメジャーで何年も戦っているバンドのカッコいいライブを観たりして、これからこんなすごい人たちがいるメジャーの世界に行くのかと思うと、恐ろしいなという思いのほうが大きくなっちゃいました。

──ではタケイさんは?

カズマ・タケイ(Dr) 僕も2人と同じように恐ろしさを……(笑)。

もっさ みんな素直に喜べてない(笑)。

カズマ もちろんうれしいし、夢見てたストーリーの中にメジャーデビューがあるにはあったんですけど、いざ現実になってみると、この瞬間は確かにうれしいけど今後10年、20年と音楽をやっていくとなったときに……とかいろいろ考え出してしまってめちゃめちゃ不安になりました。がんばんなきゃなって(笑)。

──身の引き締まる思いがしたということですね。藤田さんは?

藤田(B) 10年ぐらい別のバンドを続けていて、そのときにも1回チラッとそういう話になったことがあったんですけど、それは立ち消えになってしまって。メジャーで活動しているバンドがたくさんいる中で、今回実際にメジャーデビューってあるんやなと改めて思いました。ただ、バンドとしてやることは曲作ってライブをやるだけなので、そこまで変わらないと思いますけど、何年やっていけるのかが勝負でもある。基本的にはまあ変わらへんやろうけど、「がんばっていかな」という気持ちにはなりました。

──同じく身の引き締まる思いという……。

藤田 要約するとそうです(笑)。

中村 みんなキリリとしたことを言うな……私はメジャーが決まってホッとしたことは、やっと親に自信持って「音楽やってますよー」と言えるっていうのがまず1つ。何も結果が出なかったら親は遊んでるだけだと思うから。親に「ちゃんとやってんで」と言えることがうれしかったです。あとはみんなと一緒で、今の私たちの技量でメジャーに上がってもすぐコテンパンにされそうな気がして、ちょっと怖いというか。ほかのメジャーアーティストさんと肩を並べて「メジャーアーティストだ!」と言えるように、がんばらないといけませんね。

結成から3周年

──ネクライトーキーは3月で結成3周年ですね。

朝日 一応そうです。結成時期がはっきりしなくて(笑)。

藤田(B)

藤田 じゃあなんで3月に結成したことになってるの? あ! 朝日さんと一緒にもっさを口説いた日か!

もっさ ごはん食べに行ったときかな?

朝日 そうそう。バンドを一緒にやってくれるという返事はもらったけど、その意思を再確認した日ですね。

──なるほど。結成3周年を目前に控えてのメジャーデビューということになりますね。2019年は9月までツアーをやっていましたけど、ツアーファイナルのマイナビBLITZ赤坂公演(参照:初のBLITZワンマン大成功!ネクライトーキー、新旧織り交ぜた21曲にファン熱狂)はどんな心境で臨みましたか? 3月にWWWで行った前々回のツアーファイナルではものすごく緊張したとおっしゃってました。

カズマ 僕はWWWのときにド緊張しちゃって(参照:「楽しかった!」ネクライトーキー、5人で回った全国ツアー大成功)。それ以降、ライブに臨むメンタルを鍛えたので、赤坂はけっこういい感じで楽しめました。ライブ前に10回くらい深呼吸するという、瞑想みたいな時間を設けてます。

もっさ 2019年は夏フェスででっかいステージに出たのも大きいなって思った。

藤田 1300キャパの会場でワンマンライブをやること自体は初めてでしたけど、フェスだとそれより大きいキャパのステージに立たせてもらえまして。なので大きいところに立つ気構えをそれで作れたとは感じてます。

朝日 BLITZのほうがでっかく感じたね。

藤田 なんかそれわかる!

もっさ BLITZではWWWより少しは落ち着けたかな?(笑)

もっさ、ギターソロに目覚める

──マイナビBLITZ赤坂でのライブはそれまで以上にエンタテインメント性のある内容になっていました。例えば「許せ!服部」では「CD」「ライブ」と書かれたボードを掲げて演奏スタイルを臨機応変に変えていて。あのアイデアはメンバー発信ですか?

朝日 あれは自分が思い付いて、「こういうのをやりたい」ってみんなにはけっこうギリギリに言いました。ちゃんと練習できたのは本当にライブ直前のゲネくらいで。

中村郁香(Key)

中村 「許せ!服部」の間奏とかソロ回しも直前のゲネでやってみて、「じゃあ本番よろしく」というノリだったので、出たとこ勝負みたいな感じでした。

朝日 あのソロ回しもほんまにギリギリに決まったから、むーさん(中村)はショルキー(ショルダーキーボード)を買うところからだったもんね。

中村 ゲネは間に合わなかったです(笑)。

朝日 ショルキー届いたのがライブ前日でね。

──そんなギリギリだったんですか。

中村 前日に箱ごとスタジオに持ってきて、開封してまず説明書を読むとこから(笑)。

カズマ いろんなことをやり出すとアイデアがどんどん出てきていいですよね。「むーさん、ショルキーがいいよ」とか、そういう話は本番ギリギリになって浮上したし。

朝日 で、「もっさもギターソロ弾けるよね?」という話になり。

もっさ(Vo, G)

もっさ 16小節ぐらいのソロ回しをしました。「私にも回ってくるんですか?」って思った(笑)。

藤田 そりゃあ回すでしょう(笑)。

もっさ でもギターソロ弾けるのって、いいね。

朝日 おっ!

藤田 おっ!! やる気になったか!

もっさ ちがっ……違う!(笑) 別にしたいとかじゃ……たまにおっきい音を出したくなるというか。

朝日 でもギターソロけっこういいでしょ?

もっさ (小声で)……楽しい。

カズマ その言葉、みんな聞いたからね!

中村 今後もっと難しい曲ができそうだ(笑)。

未知のエネルギーで満ちたライブ

──ライブではメンバーがタケイさんのほうを見て、タケイさんのタイム感でブレイクを決めるシーンもあって。ライブに何かスリリングさを求めてるような感じがしました。

カズマ・タケイ(Dr)

カズマ あはは(笑)。「許せ!服部」に関して言えば、ライブのたびにお客さんの期待を裏切ろうくらいの気持ちで僕はやってるんです。そういう意味ではスリリングさを求めてますね。

藤田 タケちゃんはライブ中にメンバーすらも裏切ってくるんですよ。

カズマ いや、面白いじゃないですか! そういうハプニングが起きるバンド、自分がお客さんだったら好きだし。

朝日 俺もライブに関しては未知のエネルギーで満ち満ちててほしいと思います。やっぱりそういう驚くようなことをメンバーからされたほうが「やったろうやないかい」って気持ちになれる。

──「ZOO!!」の初回限定盤にはマイナビBLITZ赤坂公演の模様を収めたライブDVDが入るので、そういったセッションの細かな部分も楽しめそうですね。

もっさ 「音楽が嫌いな女の子」で朝日さんがなんか変なこと言ったのがちょっと面白かった。

藤田 なんか言ってたっけ?

カズマ中村 (DVDを)観ないと!

もっさ あはは(笑)。