音楽ナタリー PowerPush - ザ・なつやすみバンド

インディーシーンの外に飛び出して、どこまでも遠くに届け

スチールパンやトランペットのトロピカルな音色と透き通ったまっすぐな歌声で、聴く者にセンチメンタルな情景を思い起こさせるザ・なつやすみバンド。2012年発売の自主制作アルバム「TNB!」はノンプロモーションながら口コミでロングセラーとなり、その年の「CDショップ大賞」のノミネート作品に選ばれるなど一気に注目を集めた。そんな彼らがアルバム「パラード」でSPEEDSTAR RECORDSからメジャーデビューを果たす。

メンバーの中川理沙(Piano, Vo)とMC.sirafu(Steelpan, Trumpet)はうつくしきひかりという2人組バンドでも活動中。またMC.sirafuは片想いのメンバーであり、cero、oono yuuki、VIDEOTAPEMUSICなどのサポートメンバーとしても活躍する、東京インディーシーンの重要人物として知られている。今回の特集ではその中川とMC.sirafuにインタビューを行い、メジャーの世界に飛び込んだザ・なつやすみバンドの現在について話を聞いた。

取材・文 / 橋本尚平 インタビュー撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

「ここから逃げ出したい」から「この生活が楽しい」に変わった

──1stアルバム「TNB!」はすごい反響でしたね。

MC.sirafu(Steelpan, Trumpet) 想像以上だったのでびっくりしました。まだ音源がなかったからってことで、とりあえず作ったものだったので。どっかのレーベルから出すっていう話もなく自主で、びっくりするくらいお金をかけずに制作したんです。あのアルバムに関しては、当時の自分たちにできる最良の方法で作ったから、「妥協しないでやるといい結果につながるんだな」っていう手応えを感じることはできました。

──「TNB!」で一気にバンドの知名度が広まってからの約3年間は、皆さんにとってどんな期間でしたか?

MC.sirafu ずっと模索してました。前のアルバムはその時点でのベストアルバムみたいな内容だったし、なつやすみバンドが持つ「夏休み感」みたいなイメージをリスナーに付けられたと思うんですけど、そっから先に何をやればいいのかなっていう。それをずっと考えてました。実は「パラード」って曲とかは、もう前のアルバムを出したときにすでにライブでやってる古い曲なんです。でもアルバムは毎回トータルでコンセプトを考えて出したいと思ってたから。今回のアルバムは夏だけじゃなくていろんな季節をイメージして作ったんですけど、素材が集まってきてアルバムのイメージを膨らませるのにこんだけ時間かかったっていう感じです。

中川理沙(Piano, Vo)

中川理沙(Piano, Vo) 前のアルバムには大学生のときに作った曲が半分くらい入ってて、そのときは常に「逃げたい」っていう気持ちでいたから、現実逃避するための曲が自然と多かったんです。でも音楽活動とかバイトとかをしていろんな人と出会っていくうちに、自分の心に変化が現れてきて。それと同じように作る音楽の雰囲気も変わっていったんじゃないかなって思ってます。

──確かに印象は少し変わりましたね。個人的には前作に「夏の日の夕方」みたいなノスタルジックで切ないイメージを抱いていたんですけど、今回感じたのは「柔らかい光が差す午前中」の雰囲気というか。

MC.sirafu 「光が差す」っていう感覚にはけっこう自覚あります。本当に必要としてる人のもとに作品が届くっていうのは、空から光が差すイメージと通じてると思う。そこは意識してますね。どのバンドをやっていてもそうなんですけど、特になつやすみバンドの場合は「みんなに届かないと始まらない」っていう気持ちが強いんです。自分らで完結するつもりはないし、どこまでも遠くまで伝わって、いろんな人に届いてほしい。

中川 聴いた人の生活の中でちゃんと必要なものになってくれたらいいなと思ってます。最初、なつやすみバンドっていう名前を付けたのは「今の生活から逃げられる場所を作って、私と同じように逃げたい人をそこに連れていけるような音楽が作りたい」って考えてたからなんですが、今はそれよりも「この生活が楽しい」とか「今が大事」って思ってもらえるような、そのきっかけになる音楽を作れたらって思ってます。

──「現実逃避のための音楽」ではなくなってきたと。

中川 そういう部分も相変わらずあるけど。片想いとかceroとか、今の生活を大事にしてるバンドが周りに多くて、そういう人たちと出会って意識が変わったっていうのはあります。

売れてるJ-POPを聴いて研究した

──ある意味インディーシーンの中心にいたザ・なつやすみバンドが、メジャーデビューするって聞いて驚いた人は多いと思います。ナタリーでのニュース記事もかなりの反響がありましたし(参照:ザ・なつやすみバンド、2ndアルバムでメジャー進出)。

MC.sirafu そうですね、僕も驚きました(笑)。周りのバンドの人からも「メジャーから出せばいいのに」みたいなことをけっこう昔から言われてたんですけど。

中川 インディーズだとまず知ってもらえなくて、音楽を多くの人に届けられないことってあるじゃないですか。そういう意味で、メジャーから作品を出せたらなとは思ってたんです。だからメジャーデビューを発表したときに「これでもっといろんな人に広がるね」っていう反応があったのがすごくうれしくて。

MC.sirafu(Steelpan, Trumpet)

MC.sirafu 音楽って世の中にそこまで必要なものじゃなくなってると思うんです。だから音楽にそこまで詳しくないような、自分からあまり積極的に音楽を探さない人にはますます届きにくくなってるんじゃないかなって。メジャーではそういう人たちにも届くような、インディーズではできないようなやり方ができるかもっていうイメージがあって。一番期待してるのは広げ方の部分ですね。

──メジャーに移籍したとはいえ、サウンド的にはいい意味で変わっていないと感じました。きっとやりたいようにやれているんだろうなと。

中川 はい。させてもらってます。

MC.sirafu メジャーでこの音の感じが出せたのはすごくうれしいですね(笑)。売れてるJ-POPを聴いてミックスとかを研究したんですよ。

中川 ボーカルがすごいでかかったです。

MC.sirafu 「こんなにデカいんだ」みたいな(笑)。「やっぱり人の耳に入るように作ってるんだな」って、参考にするにしろしないにしろ、そういうことはけっこう研究しましたね。

ニューアルバム「パラード」 / 2015年3月4日発売 / 2484円 / SPEEDSTAR RECORDS / VICL-64297
ニューアルバム「パラード」
収録曲
  1. SEASONS
  2. パラード
  3. (春)はどこへいった?
  4. めくらまし!
  5. ユリイカ
  6. S.S.W(スーパーサマーウィークエンダー)~Sweet Suburbia Mix~
  7. かぜまちライン
  8. ラプソディー
  9. 鳥は舞いおりた
  10. ファンファーレ
ザ・なつやすみバンド 2nd album「パラード」リリース記念ワンマンライブツアー 春篇
2015年5月9日(土)大阪府 Shangri-La
2015年5月16日(土)愛知県 Tokuzo
2015年5月24日(日)東京都 渋谷duo MUSIC EXCHANGE
ザ・なつやすみバンド

中川理沙(Piano, Vo)、高木潤(B)、村野瑞希(Dr)、MC.sirafu(Steelpan, Trumpet)からなる4人組バンド。「毎日が夏休みであれ!」という信念のもと2008年4月に結成され、2010年にMC.sirafuが加入してからはスチールパンやトランペットによるトロピカルなサウンドが加わり、バンドの独特の個性を確立させた。東京・下北沢のサーキットイベント「Shimokitazawa Indie Fanclub 2011」に出演した際には音源のリリースがない状態にも関わらず会場が入場規制になり、2012年に自主制作で完成させた1stアルバム「TNB!」はノンプロモーションながら口コミだけでヒットを記録。同アルバムはさまざまなメジャー作品と並んで「第5回CDショップ大賞」にノミネートされた。2013年には短冊8cmシングルCD「サマーゾンビー」をリリースし、2014年には4曲入りシングル「S.S.W」を無料配信。2015年3月に2ndアルバム「パラード」でSPEEDSTAR RECORDSからメジャーデビューした。