ナナヲアカリ「チューリングラブ feat. Sou」 PR

ナナヲアカリ×Sou|2人のデュエットが完璧であることを証明せよ

ナナヲアカリが2ndシングル「チューリングラブ feat. Sou / ピヨ」をリリースした。

シングル収録曲の「チューリングラブ feat. Sou」はテレビアニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」のエンディングテーマで、ナナヲアカリと幾度もタッグを組んできたナユタン星人による書き下ろし。ナナヲがゲストボーカリストのSouと高速のかけ合いを繰り広げるデュエットソングとなっている。

音楽ナタリーではナナヲとSouの対談をセッティング。初対面だという2人にそれぞれの印象やコラボの経緯を聞きつつ、お互いが気になっていたことを話してもらった。

取材・文 / 倉嶌孝彦 撮影 / 斎藤大嗣

人見知り同士

──お二人は今日が初対面なんですよね? お互いの活動について、どういった印象を持っていましたか?

ナナヲアカリ 初めてお会いしました。でもTwitterに出てくる写真とかでSouくんの髪色だけは知っていたんです。さっきご挨拶させてもらったときに「これが本物のSouくんなんだあ」と思って、しみじみ見ちゃいました。

Sou 僕はナナヲさんのライブ映像を観たことがあったので、なんだか初めてお会いした感じがしないですね。でも僕、すごく人見知りなので今日はけっこう緊張しています。

ナナヲアカリ

ナナヲ 大丈夫です! ナナヲも人見知りなので! Souくんの活動はもちろん以前から知っていましたし、最近だと「深層から」(2019年7月発売のアルバム)に収録されている「flos」を何回も聴いてました。曲も好きなんですけど、やっぱり歌声がすごくよくて。ナナヲの中でこの曲は青色のイメージなんですけど、そのイメージにSouくんの歌声がピッタリ合うんですよ。ずっと「いつかコラボをしてみたいな」と思っていたので、今回は一緒に歌えて本当にうれしかったです。

Sou ナナヲさんとの共通項でもあるんですけど、僕もナユタン星人さんとよく一緒に仕事をしているので、ナユタンさんの書き下ろし曲である「ダダダダ天使」「ディスコミュ星人」はすごく好きですね。それとNeruさんが提供した「ハッピーになりたい」。ナナヲさんの声はかわいい要素とカッコいい要素が共存していて、しかもそれがどちらも高レベルで表現できているんですよ。

ナナヲ なんだかすごく照れますね(笑)。

Sou 僕は若い頃から活動していることもあって「かわいい」と言われることが多いんですけど、ボーカリストとしてカッコいい表現もちゃんとできるようにならなきゃと思っていて。だからナナヲさんのことはボーカリストとして尊敬しています。

真っ先に思い付いたコラボ

──今回のコラボの経緯はどういうものだったんですか?

ナナヲ アニメ「理系が恋に落ちたので証明してみた。」のタイアップのお話をいただいたときに、ナナヲ1人で歌うか、誰かとコラボするかをスタッフさんと相談していたんです。以前Eveくんと一緒に「インスタントヘヴン」という曲でコラボをさせてもらって、デュエットという表現がすごく新鮮で楽しかったから、「リケ恋」なら男女のかけ合いにしたいなと考えていて。作曲担当のナユタンさんに相談しているとき、真っ先に思い付いたのがSouくんとのコラボでした。

Sou いろんなボーカリストがいる中で、どうして僕が選ばれたんですか?

ナナヲ 以前Souくんが、ナナヲの「ディスコミュ星人」をカバーしてくれたことがありましたよね。そのときにナユタンさんの楽曲とSouくんのボーカルの親和性がすごく高いなと感じていたんです。ナナヲの声ってクセが強くて人によっては受け入れられない方もいるみたいなんですが、Souくんの歌声はクセがなくて、まっすぐ聴き手に届くイメージがある。それは自分にない部分だから、ナナヲとSouくんの2人で歌ったらどうなるのか、すごくワクワクしてました。

Sou ありがとうございます。ご提案いただいて、すごく面白いコラボだから「ぜひやらせてください」とすぐ返事をしました。

ナナヲ お返事をもらってから曲作りを始めたんですけど、ナユタンさんからすればナナヲのこともSouくんのこともよく知ったボーカリストだから、しっかり2人に合う曲を作ってくださいました。

デュエット感を出す難しさ

Sou 「チューリングラブ」を最初に聴いたときは、とにかく歌割りがすごく細かくてビックリしました。

ナナヲ ナユタンさんがかけ合いにすごく力を入れて考えてくださって。「スピード感のある、めまぐるしいかけ合いがしたいです」とは伝えていたんですけど、ここまで目まぐるしくパートが変わるとは思っていなかった。すごくデュエット感のある曲を作っていただきました。

Sou ナナヲさんが先に歌って僕があとからレコーディングをしたんですけど、今ナナヲさんが言った“デュエット感”を出すのが思ったよりも難しくて。一緒にレコーディングをしたわけじゃないから、同じ場所にいるような空気感を出しつつ、ちゃんと歌っているときのテンションもぴったり合っていないといけないんですよ。ナナヲさんの歌声から歌っているときの表情やテンションを汲み取って、そこに合わせるために何度も録り直しました。

ナナヲ Souくんのパートを聴いたとき、すごく感動したんですよ! テンションを合わせてくれたのはもちろん、歌っているときの語尾の感じとか細かいニュアンスにちゃんと合わせてくれていて、ナナヲの声と合わせるとまるで一緒にレコーディングしたかのように聞こえる。

Sou ナナヲさんの歌に合わせすぎてもモノマネみたいになっちゃうから、どこまで合わせるかにはかなり気を遣いました。

次のページ »
2人の相性は?