ナタリー PowerPush - MINMI

豪華ゲストと築き上げた“愛せる作品”

MINMIがおよそ3年ぶりに発表した通算5枚目のオリジナルアルバム「I LOVE」。今作はサンボマスター、大沢伸一、m-flo、湘南乃風、中田ヤスタカ(capsule)、SHINGO★西成といった豪華なアーティストとのコラボ曲はもとより、それらの多彩な楽曲群を自分のものにして、歌や詞で表現を全うするMINMIのクリエイティビティが堪能できる1枚だ。

今回のインタビューでは、アルバムに参加したゲストアーティストの話題や、すべての頭文字を並べると今作で「MINMI」が完成することから、これまでの全アルバム「Miracle」「imagine」「Natural」「MOTHER」「I LOVE」について本人に語ってもらった。また、前述の5組のゲストがMINMIについてコメントしたメールインタビューも紹介する。

取材・文 / 鳴田麻未 インタビュー撮影 / 小原啓樹

 
mixiチェック

イメージは「自分が愛せるものを作れたら」

MINMI

──初めに「I LOVE」の作品全体について教えてください。制作を始めるとき、MINMIさんの中で新しいアルバムの全体像はどんなふうに描いていたんですか?

2013年にアルバムを出すこと自体は、もう去年から意識してたんですね。私はいつもアルバムにコンセプトは作らずに、できた曲を集めてまとめるっていう感じで、今回もそうなんですけど、特に今回の最終的なイメージは「自分が愛せるものを作れたらいいな」。それを目標にしました。たとえ流行りじゃなくても、中高生の子たちにはわかりづらいことでも、今の自分が発したいって感じる言葉を素直に書いてみたいなと思って。

──それが「I LOVE」というごくシンプルなタイトルになったわけですが、その理由は?

今までのアルバムタイトルの頭文字が「M」「i」「N」「M」と来てたので「I」から始まるタイトルを考えてて、ポンッと出てきたのが「I LOVE」だったんですよね。まああんまり深い意味はなく、「I LOVE」って誰でも知っている言葉だし……ぐらいのテンションで付けて。それから「I LOVE」っていうテーマで自分は何を書けるのかなって考えて、タイトル曲を作り始めましたね。

──全体的に“愛”を重視して曲作りを進めていったわけではないと。

ないんです。あとづけ的ではあるんですけど、自分の書いた「I LOVE」っていう曲が、自分を愛そうっていうメッセージを持っていたんです。今までの傷付いた経験や感じた劣等感をさらけ出した上で、改めて自分に大きな愛情を持って信じてみようって伝える曲。偶然ですけど今となってみれば、この泣いてるジャケットも「I LOVE」のメッセージとつながっているように見えるなと私は思います。

──じゃあこのアルバムの中で一番のキーになる曲は、やはり7曲目のタイトルチューンですか?

私の中ではひそかにそう。皆さんにどう取られるかわからないですけど、メッセージとしてはそうですね。

大沢さんに任せたら間違いない

──アルバムに参加したアーティスト1組1組のことを聞いていきたいと思いますが、まずは大沢伸一さんから。大沢さんがプロデュースした「Lavender」は、彼の手腕によって新しいMINMIさんの側面が引き出された、双方の魅力の“融合”と言うにふさわしい仕上がりですね。

まずね、大沢さんはこの曲を作るにあたって「今、世の中はEDMってなってるけど、もう何年も前からそういう音楽をやってきた僕は逆にすごく素朴な、1つひとつの音の美しさを味わえるような曲を聴いてるんだ」って言って、私にいろんな曲を聴かせてくれたんです。でも私にとってそれは、例えて言うなら、野良オオカミにフランス料理を食べさせたような状態でですね。つまり、すごくいいものだというのはどこかで感じるんですけど、わからないみたいな(笑)。大沢さんの言うカッコよさって、もっと聴き込んでいったらわかるんだと思うって直接お話したんです。だからこの「Lavender」は、私の中で消化し切れて本当にわかっていてやったことじゃなくて、大沢さんが「これでいいんだよ」って言うことを頼りに、思い付くままに歌ったの。歌も歌詞も「こうかな?」と探り探りだけど、大沢さんが「それでいい」って言ってくれたので、それを信じてできあがったカッコよさです。

──まさにプロデュースされたものってことですね。

はい。導いてもらった感じ。大沢さんだからできたんだと思います。

──この曲が「Intro」よりも前の1曲目に収録されているのは、どういった思惑があるんでしょうか。

やっぱりこれを最初に聴いてほしいからです。パッと聴きすごくシンプルな曲で派手さがなく思えるけど、聴けば聴くほどカッコよさがわかる曲でもあるのかなと思うんです。なんか、MINMIと言えばバーンッとアッパーで思わず踊りたくなる曲を期待してもらってるのかなと思ってて、「Lavender」はそうではないから、アルバムの中の1曲っていう感じで印象が薄くなってしまうよりは、アルバムの初めに入れて一番先に耳に届けたいなっていう思いがあって。私にとっても新たな挑戦だし、大沢さんからも「今まで前に前にパワフルに歌ってきたMINMIちゃんだからこそ、すごく肩の力を抜いて、音数も少ない研ぎ澄まされた曲っていうのは、逆にすごく存在感があるんじゃない?」と言っていただいて。そういうのを一番初めに聴いてほしいなと。

──それから制作クレジットを拝見したところ、アルバム中5曲もミキシングで大沢さんのプライベートスタジオを使っているんですね。

ええ。大沢さんに任せたら間違いない!って最後のよりどころにしてるような感じですね。私、自分でトラックも作ったりしているんですけど、やっぱりまだまだいい音の鳴りだったり、自分がイメージした音って出せないんですよね。だから、そういう職人技みたいな部分で大沢さんの力をすごく借りていて。やっぱりミックスで音がひとつ洗練されるところがあるのかなと思うので。

──一番多く関わっていますし、今回のアルバム作りにおける最大のキーパーソンというと大沢さんになるんでしょうか。

うん、そうですね。「アベマリア」だったり、前作でもいろいろミックスしていただいてるんですけど、今回はより大沢さんの力をもらったなと思ってます。例えばほかの曲でも、曲の完成図をどうしたらいいか大沢さんに相談したり、大沢さんの知り合いのピアニスト、ベーシストを紹介してもらって一緒にレコーディングをしたり。私は音楽ってメロディと歌詞だけじゃないところがすごく大きいと思ってて、そこを大沢さんにとても助けてもらったなと思います。

5thアルバム「I LOVE」/ 2013年7月24日発売 /Far Eastern Tribe Records
初回限定盤 [CD+DVD] 4500円 / UMCF-9634
通常盤 [CD] 3059円 / UMCF-1095
CD収録曲
  1. Lavender
  2. Intro
  3. さくら ~永遠~ feat. 湘南乃風
  4. TONITE
  5. 風に乗せて
  6. ラララ ~愛のうた~
  7. I LOVE
  8. この世が闇だと言わないでおくれ feat. サンボマスター
  9. CHIKAのテーマ
  10. 君がスキ
  11. エンゲージリング
  12. Ribbon
  13. Skit ~あの夏~
  14. ポジティブ音頭 ~D.P.P~ feat. SHINGO★西成
初回限定盤DVD収録内容
<MINMI 10周年Tour “雨のち虹” ~Rainbow after the rain~ 2012年12月31日大阪城ホールライブ>
  1. 太陽の下で
  2. マカナ
  3. Teo Teo
  4. Lotta Love
  5. 想い出がいっぱい
  6. 平成の乙女 feat. KENTY GROSS
  7. サマータイム!!
  8. The Perfect Vision
  9. Miracle
  10. imagine
  11. Natural
  12. MOTHER
  13. アベマリア
  14. 初夢 ~カウントダウン
  15. 真夏のオリオン
  16. ラララ ~愛のうた~
  17. ハイビスカス
  18. パッと花咲く feat. BES
  19. ピンク帽子のドレミファソ
  20. シャナナ☆
<Music Video>
  1. ラララ ~愛のうた~
  2. エンゲージリング
  3. さくら ~永遠~ feat. 湘南乃風
MINMI(みんみ)

大阪出身の女性シンガーソングライター。2002年にシングル「The Perfect Vision」でメジャーデビューを果たし、いきなり50万枚を超える大ヒットを記録。翌2003年のアルバム「Miracle」も売り上げ60万枚を突破し、一躍シーンの注目を集める存在となる。その後も「サマータイム!!」「西麻布伝説」など数々のヒットソングを発表しており、楽曲制作のみならずダンスアレンジまで自ら手がけている。また湘南乃風らとクラブイベント「西麻布伝説」のオーガナイズや、ジャマイカでのレーベル「ZAREK」の立ち上げ、自身が主催する大型野外フェス「FREEDOM」を毎年開催するなど、幅広い分野で活躍。2013年7月には5thアルバム「I LOVE」をリリースした。現在3人の子供を持つ母でもある。