音楽ナタリー Power Push - マジカル・パンチライン

2016年の思い出と、2017年の大いなる野望

マジカル・パンチラインが2枚目のミニアルバム「MAGiCAL MYSTERY TOUR」をリリースした。この作品は異世界での不思議な旅や冒険をテーマにしたコンセプトアルバム。前作からますます徹底的に作り込まれたマジパンの世界観が楽しめる1枚だ。

今回のインタビューではこの作品の制作エピソードを彼女たちに聞きつつ、マジパン結成の年である2016年の出来事を振り返ってもらった。さらにはメンバー5人に、来たる2017年の目標についても質問。彼女たちが持つ意外な野望とは……?

取材・文 / 土屋恵介 撮影 / 塚原孝顕

  • 156

    74

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームの攻略本みたいな感覚で楽しんで!

──2ndミニアルバム「MAGiCAL MYSTERY TOUR」の、全体の印象を聞かせてください。

レナ 「MAGiCAL MYSTERY TOUR」は、1stの「MAGiCAL PUNCHLiNE」よりも“魔法感”が増したなってすごく思いました。1作目は自分たちのグループ紹介という大きなテーマがあったんですけど、2枚目はグループのコンセプトに沿った曲だったり、今までアイドルがやったことがないような曲を歌ったりしてる挑戦の1枚かなと思います。

  • レナ
  • レナ

リーナ 1枚目と2枚目を続けて聴くとストーリーがつながってるところもあるので、そういうところも聴いてて楽しいと思います。

ヒマワリ 前よりも曲がバラエティ豊かになってて、いい意味で期待を裏切ります!

──リード曲「マジカル・ジャーニー・ツアー」は、「マジペディア」(マジパンのオフィシャルサイトに掲載されている架空の魔法世界の設定資料)に沿って世界を冒険していく歌詞と、ダイナミックなサウンドがマッチした勢いのある楽曲ですね。

レナ 前奏から「ハリー・ポッター」感があってカッコいいです。マジペディアの単語がいっぱい出てくるので、聴き終わったあとにマジペディアをもう1回見てもらえたら、曲の意味がすごくわかると思います。1作目を知らない人で、2作目でマジパンを知る人もいると思うんですよ。「なんだろうこの言葉?」って思う人もいると思うんです。でも、不思議な部分がある人って魅力的だって言いません?(笑) 謎めいてるグループっていうのも私はいいことだと思うので、まだマジパンを知らない人にもぜひ聴いてほしいです。

ユーナ 私、もともとマジペディアをゲームの攻略本みたいだなと思ってたんですよ。ゲームって攻略本を見て照らし合わせながらやる人が多いじゃないですか。そんな感じで、マジペディアを見ながら「マジカル・ジャーニー・ツアー」を聴くと、ゲーム感覚で楽しめるなと思いました。

ヒマワリ マジペディアに書いてある地名が歌詞にめっちゃ詰め込んであるんですよ。アキヴァルハラが秋葉原、シヴァルキュリアが渋谷……のように現実世界とつながってるので、そうやって連想して聴くのも楽しいと思います。

率直に言うと「また難しい曲がきたな」

──歌っているときは、どんな感覚がありましたか。

ユーナ 音楽がダイナミックだったり、空を飛んでるような効果音があったりするので、心から爽快で大きな気持ちになれました。

  • ユーナ
  • ユーナ

ヒマワリ 前奏が壮大で、いきなりドーンって激しく入る感じが歌ってても好きです。

レナ 早口なところがあって最初は噛んじゃったんですけど、歌っていくうちに滑らかになっていきました。あと歌ってるうちに、私たちがファンの皆さんの先頭を切って、こういう魔法の世界の冒険に一緒に行こうって誘ってるような感覚になりますね。

リーナ マジペディアの用語がたくさん入ってて、歌ってるときはワクワクしました。きっと聴いてくださる人も、私と同じようにワクワクしてくれると思います。でも、歌詞の言葉を覚えるのが大変でした。私も早口が苦手なので。徐々に慣れていったので、もう大丈夫だと思いますけど。

アンナ 最初に曲を聴いたとき、率直に言うと「また難しい曲がきたな」と思いました(笑)。一本調子の曲ではないので、自分の頭の中に音を入れるのが大変で。でも、家で歌い込んでいくうちにどんどん世界観が広がっていって、「どんな方向性で歌おうかな?」ってレコーディング前は毎日ワクワク考えてました。そして、みんなの歌が入った壮大な音源を聴きながら街を歩いてたら、普通の街並みがキラキラ見えるようになりました。

──ダンスはどんな感じですか?

レナ ツアーがテーマなので、「こちらです」って案内するような手振りがあったりして、すごく個性的です。でもサビではバキッと踊ってるので、そのギャップがカッコいいと思います。

衣装のスカート丈の秘密

──今回も衣装デザインはレナさんが担当されてますが、衣装のコンセプトを聞かせてください。

マジカル・パンチライン

レナ 前回は、雑誌「LARME」のようなパステル系に仕上げたんですけど、今回はイメージカラーをちょっとダークトーンにしたんです。前よりも魔力がパワーアップしたっていうのを衣装でもアピールしました。あと、5人が衣装を着て並ぶと、スカートの丈が外から内に短くなっていくんですよ。そういうのも見てて面白いかなと思います。

──5人並ぶと、スカートの丈がレナさんを中心にシンメトリーになってますね。これは面白いです。

レナ そうすると、私のスカートが短くなるので、ほかの子とのバランスを考えて私のソックスだけニーハイにしたんです。あとは、それぞれ袖でキャラを出してます。リーナとヒマワリは同じ形の衣装だけどイメージカラーのラインの位置を変えてて、妹っぽさを出してます。ユーナは、片方だけ袖があって、ちょっとおしゃれな大人って感じにしました。アンナは、フレッシュさを出そうと思ってノースリーブにしたんです。私は魔力強めなキャラクターなので、ゴツゴツのものが付いてたりします。衣装を考えるのは楽しいですね。

──レナさんが、メンバーの個性をよりわかってきたことで、衣装を考えやすくなったところはありますか?

レナ それはありますね。それで前回よりも個性を出せたのかなと思います。あと、みんなが衣装を自分なりに着こなしてくれてるので、より似合ってるんじゃないかなって思います。

2ndミニアルバム「MAGiCAL MYSTERY TOUR」2016年12月21日発売 / ポニーキャニオン
シリウス盤 [CD+DVD] 3500円 / PCCA-04465
プロキオン盤 [CD] 2000円 / PCCA-04466
ベテルギウス盤 [CD+グッズ] 5000円 / SCCA-00045
CD収録曲
  1. Prelude
  2. マジカル・ジャーニー・ツアー
  3. 108 煩悩 BOMB
  4. Happy New Kitchen
  5. 那由多不可思議ソウルライブツイスター
  6. 謎から謎めくMystery
シリウス盤DVD収録内容
  • マジカル・ジャーニー・ツアー -Music Video-
  • Making of MAGiCAL MYSTERY TOUR
  • magipunTV vol.1 : ファンのことを本気(マジ)で考えよう
マジカル・パンチライン
マジカル・パンチライン

モデルやタレントとしても活躍する佐藤麗奈(ex. アイドリング!!!)を中心に2016年2月19日に結成されたアイドルグループ。メンバーはレナ、リーナ、ヒマワリ、アンナ、ユーナの5人からなる。グループのリーダーであるレナ自身が衣装のデザインやメンバーの審査に携わり、“ガーリー×魔法”をコンセプトに活動を繰り広げている。2016年7月にメジャーデビューミニアルバム「MAGiCAL PUNCHLiNE」、同年12月に2ndミニアルバム「MAGiCAL MYSTERY TOUR」をリリースした。