LADYBABY「ホシノナイソラ」 PR

LADYBABY|新体制で、ジャンルも枠組みも越える存在に

LADYBABYが5月30日にニューシングル「ホシノナイソラ」をリリースした。

今年2月に池田菜々、有馬えみり、唐沢風花が新メンバーとして加入し、グループ名をThe Idol Formerly Known As LADYBABYからかつての名義であるLADYBABYに戻した彼女たち。4人は新体制初披露となったワンマンツアー「LADYBABY【TOUR 2018-SADAME-】」を経て、新たなシングル「ホシノナイソラ」を完成させた。音楽ナタリーでは新生LADYBABYに、新メンバー加入のいきさつや新体制での活動、今後のグループの展望について語ってもらった。

取材・文 / 高木"JET"晋一郎 撮影 / 曽我美芽

アイドルになりたかったって言うより、LADYBABYになりたかった

LADYBABY

──今年2月から金子理江さんに加えて、池田菜々さん、有馬えみりさん、唐沢風花さんの4人体制となりました。ベタな入り口で恐縮ですが、まずは新加入のメンバーに加入の経緯を伺えればと思います。有馬さんはオーディションで入られたんですよね。

有馬えみり メタルが好きだったので、もともとLADYBABYの楽曲もリスナーとして聴いてて。それで今年の1月にオーディションがあることを知って受けたんです。私は兵庫出身なんですが、オーディションの1カ月前に東京に引っ越してきて、タイミングがすごくよかったこともあって。

──ほかにもこういったオーディションは受けましたか?

有馬 全然。オーディションを受けたのも、LADYBABYだからでした。アイドルになりたかったって言うより、LADYBABYになりたかったんです。3年ぐらい前からメタル系のバンドでボーカルをやってて、デスボイスやスクリームもやってたから、その経験を生かせたら最高やなって。

金子理江 オーディションのときにえみりがデスボイスで歌っている動画を観て、一目惚れに近い感じで惹かれましたね。

──そして加入したら「マッドマックス」か「北斗の拳」のような、トゲのある肩パッドが付いた衣装が用意されてたと(笑)。

有馬 ガンダムみたいですよね。

──そういうアイテムを身に着けるとは思ってましたか?

有馬 考えてなかったです(笑)。でも、いい感じだと思います。超楽しいです。

──では、金子さんから見た有馬さんの印象は?

金子 えみりのボーカルはデスボイス以外も表現力が高いし、LADYBABYに欠かせない存在になりそうですね。それに、人間的にもLADYBABYに必要だと思っています。

──具体的には?

金子 すごく真面目で、私にはないまっすぐさとか、今までのLADYBABYにないストイックさを持ってるし。そのストイックさは、今のLADYBABYに必要なんだなってことにも気付かせてくれました。

私、将来の夢がなくて

──唐沢さんもオーディションでの加入ですね。

唐沢風花 (笑顔でうなずく)

──インタビューなので言葉を発しましょう(笑)。オーディションを受けた理由は?

唐沢 私、将来の夢がなくて。

──……いきなり重いですね(笑)。

唐沢 今も兼任している、「われらがプワプワプーワプワ」っていうアイドルグループで一昨年から活動してて。その活動を経てもっと芸能界に興味が湧いたとき、ちょうどLADYBABYのオーディションを知ったんです。それで、なんでもできる年齢のうちにいろんな経験をしたいと思って、このオーディションを受けました。

  • 唐沢風花
  • 唐沢風花

──LADYBABYのことは知っていましたか?

唐沢 知ってました。カッコよくて、自分を楽しんでる、楽しんで生きてるって感じがしたんで、人間的にも憧れの存在でした。

──ただ、われらがプワプワプーワプワは、もっとアイドルアイドルした感じで、LADYBABYとは雰囲気がやや違いますね。

唐沢 でも、それによって自分のいろんな部分が出せてる感じがして面白いです。

──兼任するのは大変では?

唐沢 そう言われると「大変なのかな?」って思うんですけど、考えたことはなかったですね。

──では、LADYBABYで活動をスタートさせての感触は?

唐沢 毎日楽しいです。ライブもすごく熱々で、こういうライブがしたかったんだなって感じます。

──金子さんから見た唐沢さんはどんな印象ですか?

金子 最近タロット占いができるようになったんですけど、その1番のカード(魔術師)って、頭の上に無限のマークがあるんですね。風花にはそういうイメージが思い浮かぶんですよ。無限になんでもできるんじゃないかなって。

──なるほど。

金子 風花は経験したことを自分の中で噛み砕いて、吸収して、次に生かすことができる子だし、可能性にあふれすぎていると思います。オーディションのとき、ほかの子は今までのLADYBABY的なカッコいい路線でアピールしてくれたんですよ。もちろんそれもLADYBABYのことをわかってくれてるんだなって、すごくうれしかったんですけど、風花はツインテールで、“ザ・アイドル”っていう感じでオーディションに来てくれたんですね。そして最初は緊張しながらうつむき加減で話してたんだけど、いざマイクを持って歌って踊ったら、すごくキラキラしてて。そこに、私が小学生の頃に見てたアイドルのキラキラさを感じて、「この子はすごいな!」って思ったんです。今までのLADYBABYにはできなかったことも彼女は乗り越えていくと思うし、いずれ自分で新しい道を追求するんだろうなって感じました。

──可能性を感じる存在だったと。

金子 ガッツもあるんですよ。私もtrolleattroll(金子のソロプロジェクト)を兼任してるからわかるんですけど、1つのグループをやるだけでもいっぱいいっぱいなのに、16歳でグループを2つやって、学業とも両立させてるっていう、この現在進行形の姿も素晴らしいと思います。

唐沢 うれしいです! 褒められて伸びるタイプなんで。

金子 じゃあ今伸びたね(笑)。

「JK」ブランドを失った先に

──池田さんはスカウトという形ですね。

池田菜々 私は以前からモデルとして仕事をしてたんですが、高校を卒業して“JK”というブランドが自分からなくなったとき、この先どう進もうか悩んでたんです。モデルは自己ブランディングが一番大事なんで、JKという肩書がなくなったあと、新しいブランディングを作ってモデルとしてがんばるか、ファッション業界の裏方にも興味があったのでそこに進むのか、いろいろ考えていたときに理江が声をかけてくれたんですよね。

──アーティストやアイドルになるという意識は、自発的な部分では強くなかった。

池田 そうですね。でも小さいときから人前に立つことは好きだったし、アイドルになりたいと思ってた時期もあったんです。そういう気持ちをSNSに書いてたら、それを理江が読んでくれて、そこからLADYBABYへの加入へとつながったんですよね。

金子 私はよくエゴサしてるんですけど、菜々が「金子理江がかわいい」って書いてくれてるのを発見して、そこからツイートをさかのぼったら、アイドルになりたいってことを書き込んでて。

池田 それがきっかけになって、理江と話す機会を作ってもらったんです。話していくうちにいろんなことを教えてもらったり、理江の考え方を聞いて、この人となら芸能界でこれから活動できるかもしれないと思って。そのチャンスに賭けたんです。誘ってくれたタイミングもそうだし、一緒に活動できることにも運命を感じたし、こんなチャンスは二度とないなって。理江と出会って、いろんなことが変わったと思います。

  • 池田菜々
  • 池田菜々

──オファー以前から面識はあったんですか?

金子 「超十代 -ULTRA TEENS FES-」っていうファッションイベントで一緒になったときから、菜々のことは知ってて。そのイベントで菜々とすれ違ったときににらまれた気がしたんだけど、何かを抱えてるような雰囲気を感じて、すごく気になったんです。それで新メンバーをどうするか考えたときに、さっきお話ししたツイートを思い出して菜々を誘いました。でもオファーしたあと、「本当はやりたくないんだったら断ってもいいんだよ」って何度も話したんです。気を遣って「やります」って言ってくれてるんだったら困るし、動き始めてから「辞めたい」って言われても、それが通るわけじゃないから。それでも菜々は「やりたい」って言ってくれたし、それだけ決意が固いなら一緒にいい活動ができると思って正式に加入してもらったんです。

LADYBABY「ホシノナイソラ」
2018年5月30日発売 / KING RECORDS
LADYBABY「ホシノナイソラ」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
1800円 / KICM-91849

Amazon.co.jp

LADYBABY「ホシノナイソラ」通常盤

通常盤 [CD]
1200円 / KICM-1850

Amazon.co.jp

初回限定盤CD収録曲
  1. ホシノナイソラ
  2. bite me
  3. ホシノナイソラ -off vocal ver.-
  4. bite me -off vocal ver.-
初回限定盤DVD収録内容
  • 「ホシノナイソラ」Music Video & Making Video
通常盤CD収録曲
  1. ホシノナイソラ
  2. bite me
  3. ビリビリマネー feat. Ladybeard
  4. ホシノナイソラ -off vocal ver.-
  5. bite me -off vocal ver.-
  6. ビリビリマネー -off vocal ver.-
LADYBABY TOUR2018【邂逅-REVENGE-】
2018年6月10日(日)
千葉県 千葉LOOK
2018年6月16日(土)
兵庫県 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
2018年6月17日(日)
広島県 HIROSHIMA BACK BEAT
2018年6月24日(日)
静岡県 HAMAMATSU FORCE
2018年6月30日(土)
埼玉県 西川口Hearts
2018年7月1日(日)
神奈川県 横浜BAYSIS
2018年7月6日(金)
北海道 COLONY
2018年7月14日(土)
新潟県 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
2018年7月15日(日)
福岡県 Queblick
LADYBABY(レディベイビー)
LADYBABY
2015年に金子理江、黒宮れい、女装パフォーマーのレディビアードの3人で活動を開始。J-POPとデスボイスを組み合わせた「Kawaii-Death」というオリジナルジャンルを掲げ、同年7月に1stシングル「ニッポン饅頭」を発表した。同曲のミュージックビデオはYouTubeで公開されると、1週間で再生回数約220万回を記録。10月にはアメリカ、12月にはドイツでワンマンライブを行い、成功を収めた。2016年4月に行った国内初のワンマンライブで活動休止を発表し、8月にレディビアードが脱退。9月よりThe Idol Formerly Known As LADYBABYへと改名し、2人体制で再始動した。2017年11月の黒宮脱退を経て、翌2018年2月に池田菜々、有馬えみり、唐沢風花が新メンバーとして加入。グループ名をLADYBABYに戻し、5月に4人体制初となるシングル「ホシノナイソラ」をリリースした。