ナタリー PowerPush - Kidori Kidori

Kidori荘の住人たち

Kidori Kidoriが8月13日にミニアルバム「El Blanco 2」をリリースする。今作は、今年3月にオリジナルメンバーの突然の脱退という苦難を乗り越えたバンドの意気込みが感じられる意欲作だ。

今回ナタリーは、メンバーが東京都内で共同生活を送る “Kidori荘”を訪問。新作にまつわる話はもちろんのこと、元メンバー・ンヌゥ脱退後の現状、今後の展望などについて話を聞いた。

取材・文 / 田中和宏 撮影 / 上山陽介

 
mixiチェック

音楽に身を沈めるつもりで東京にきた

──Kidori Kidoriは今年に入ってから活動拠点を大阪から東京に移しました。上京を決めたのはいつですか?

川元直樹(Dr, Cho) 本格的に決めたのは去年の秋冬くらいですかね。

マッシュ(Vo, G)

マッシュ(Vo, G) 家探しをこいつに一任してたんですけど、年末ぐらいにようやく家が決まった感じやったな。

──大阪から東京に出てきた理由は?

マッシュ 「大阪は大阪で楽しめます」みたいな開けてない感じというか、窮屈さがなんか嫌だったんです。過去に東京でライブやったとき、東京に来たらもっといろんな人と面白いことを共有できるようになるやろうなって思った。大阪にずっといるのも1つの戦略ではあったんですけど、腹くくって音楽やるためにも東京に行って、ひたすらバンド活動のことだけを考えるようにしたいなって。もっともっと音楽の深いところに身を沈めるつもりで東京にやってきました。

川元 今はメンバーと暮らしてるっていうのもあるけど、以前より音楽に向き合えるようになったと思います。

制限があったほうが燃える

──結成した頃からンヌゥ(B, Cho)さんが3月に脱退する(参照:Kidori Kidoriベース・ンヌゥが脱退)まで、ずっとオリジナルメンバー3人で活動してきたんですよね?

マッシュ 同級生3人でずっとやってました。川元はドラム未経験だったけど、たまたまドラムに興味があったんでメンバーになったんですよね。3人とも小中学校が同じで、高校でバラけて、大学で僕とンヌゥが再会した。そこでバンドをやろうって話になったけど、田舎やったんでドラマーがなかなか見つからなくて。

川元直樹(Dr, Cho)

川元 俺が「ドラムってカッコいいな」って言ったら、マッシュに「じゃあやれよ!」って言われてやることになった。

──当時からオリジナル曲を演奏していたんですか?

マッシュ 僕らは結成からずっとオリジナルですね。結成当初、川元が初心者でできることの制限がいっぱいあるから、それをなんとかクリアしながら、カッコいいものを作っていくっていうのをずっとやってました。だから制限があったほうが燃えるみたいなのは今もありますね。

──大阪で長らく活動してきたわけですが、バンドの上京にあたって現地のファンから「置いていかれた」などと悲しむ声を聞くことはなかったんですか?

マッシュ どうですかね。でも「置いてく」というよりは「ちょっと出かけてきます」くらいの感じで東京に来てます。大阪を捨てるつもりもないし、捨てられるのも嫌やし。だから決して魂を売るつもりではなく、「ションベン臭いこの大阪が好きです」っていうのをちゃんと証明するために、上京したあとの3月に大阪で「ケジメのワンマン」って企画をやりました。

「ンヌゥがおらんのはやっぱり少し寂しい」

──3月に大阪でワンマン、そのあと4~6月は東京・下北沢SHELTERで3カ月連続企画をやってましたね。ンヌゥさんが3月の大阪ワンマンの前に突然脱退する形になってしまい大変だったと思います。

マッシュ うーん、メンバーが抜けて今後どうなるんやって思ってたし、バッタバタしてましたね。3人で東京に行ったのに、1人欠けて「ケジメなんて言われても」って思った人もおるやろうな。でも多くの人がすごいあったかくて「がんばっといで!」って感じやったよな(笑)。

川元 ンヌゥの脱退を受けて、バンドが活動休止や解散するんじゃないんかって心配してたお客さんがいっぱいいたと思うんです。実際、お客さんに「続けてくれてありがとうございます」みたいなことをすごい言われましたし。だからなんか別の意味のケジメが見えてきた感じがあった。

Kidori Kidori

──別の意味?

川元 もともとは「3人で東京行ってがんばるんで見守っててください」って意味でやる予定だった大阪ワンマンですけど、ンヌゥの脱退を経て「2人になったけど、2人でも音楽をちゃんと続けます」っていうのを伝えるための企画にできたかなって。

──ンヌゥさんが辞めてしまったときに大きな不安は感じましたか?

マッシュ 「怖いな」とか「不安やな」っていうのは特になかったかな。何よりンヌゥが辞めて、そこで残った僕らがブレてしまったら継続する意味がないと思ったから、そこはもう「バシッと腹くくってやります」と。もちろんンヌゥがおらんのはやっぱり少し寂しいなと思うのもある。でも正直な話、あのあとなかなか忙しかったもんな(笑)。

川元 忙しかったな(笑)。

ミニアルバム「El Blanco 2」 / 2014年8月13日発売 / 1836円 / HIP LAND MUSIC / Polka Dot records / RDCA-1035
「El Blanco 2」
収録曲
  1. Zombie Shooting
  2. Mass Murder
  3. Come Together
  4. 99%
  5. El Blanco
  6. テキーラと熱帯夜
Kidori Kidoriのタデ食う虫もウキウキツアー
  • 2014年9月12日(金)
    千葉県 千葉LOOK
  • 2014年10月3日(金)
    埼玉県 HEAVEN'S ROCK Kumagaya VJ-1
  • 2014年10月10日(金)
    新潟県 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
  • 2014年10月13日(月・祝)
    北海道 Sound Lab mole
  • 2014年11月8日(土)
    愛知県 池下CLUB UPSET(※ツーマン)
  • 2014年11月9日(日)
    大阪府 Shangri-La(※ツーマン)
  • 2014年11月15日(土)
    東京都 新代田FEVER(※ツーマン)
8月9日(土)12:00より東名阪公演のオフィシャル先行受付スタート!!

【Kidori Kidori オフィシャル先行】
受付期間:8月9日(土)12:00~8月18日(月)18:00

Kidori Kidori(キドリキドリ)
Kidori Kidori

大阪・堺で結成され、2008年より本格的に活動を開始。バンド名は村上春樹の小説「ねじまき鳥クロニクル」に由来する。UKロック、パンク、ハードコア、ジャズ、ファンク、プログレ、テクノ、J-POP、ワールドミュージックなど、幅広いジャンルの音楽を帰国子女のマッシュ(Vo, G)の感性で昇華したサウンドが特徴。2011年7月に初の全国流通盤「El Primero」を、2012年8月に「La Primera」を自主レーベル「Polka Dot records」よりリリースした。2014年3月にンヌゥ(B, Cho)が脱退し、バンドはマッシュ、川元直樹(Dr, Cho)の2人にサポートメンバーを加えて活動することを表明。また拠点を大阪から東京に移すことに伴い、同年3月より4カ月連続の自主企画ライブ「引っ越し記念☆大阪けじめのワンマン」「引っ越し記念☆東京よろしくね企画」を大阪と東京で開催した。8月13日に新体制第1弾となるミニアルバム「El Blanco 2」をリリース。