ナタリー PowerPush - ケツメイシ

初ソロ曲入り、夏先取りシングル「カリフォルニー」

昨年は精力的な全国ツアーで各地に興奮と感動を届けたケツメイシが、約1年ぶりとなるシングル「カリフォルニー」をリリース。今作はひと足先に夏気分を堪能できる、ポジティブなバカンスチューンに仕上がった。またカップリングには問い合わせ殺到のあのテレビCMソング、さらにはRYOと大蔵のソロ曲も収録されるなど、聴き逃せない内容になっている。この特集では、メンバー4人に新作にまつわるエピソードを語ってもらった。

取材・文 / 松永尚久

 
mixiチェック

春に春の歌をリリースするのはもう古いのかなって

──約1年ぶりとなるシングル「カリフォルニー」は、前作「月と太陽」のディープな世界から一転、カラッと爽快なサマーチューンになりましたね。

RYOJI 開き直りです(笑)。先にトラックがあって、これがぴったりじゃないかってことでそうなりました。

DJ KOHNO 個人的には、プリプロでいくつか曲を作っている段階から、僕は次のシングルはこれがいいなと思っていたんです。雰囲気が明るいし。「月と太陽」は、深めなテーマをダンスミュージックに乗せて表現したので、今回は明るさを求めてもいいのかなって。

──曲ができるきっかけになった出来事はあるんですか?

ケツメイシ

RYOJI 僕が前回のツアーが終わって、昨年の秋頃にハワイへ行ったことですね。寒いときって、暖かい場所に行きたがるものじゃないですか。人間それが一番じゃないかって。暖かいところに行ったほうが前向きになれますからね。この曲はもっと春っぽく作ることも可能でしたが、春に春の歌をリリースするのってもう古いのかなって。先取りじゃないですけど、春に夏の曲を出したほうが聴いた人の心が活発化するんじゃないかと。夏が待ち遠しくなったり、旅行に出かけたくなったりとか。

──ハワイで浮かんだ曲に「カリフォルニー」というタイトルを付けた理由は?

RYOJI まあ雰囲気なんで。別に江ノ島でもいいんですけどね。要は(リスナーに夏を先取りできるような)気分になってほしいだけなので。

RYO ちなみに、ミュージックビデオの撮影はグアムだったんです(笑)。飛行機で4時間超えるような場所へ行くのは、ちょっとキツくてね……。

──また歌詞に「come follow me」というフレーズがあるので、そこもかけているのかな?とも。

DJ KOHNO 鋭いですね(笑)。実は最初、仮タイトルを「come follow me」にしていたんですよ。

信じる人にだけ見える景色がある

──全体の歌詞はどんなイメージで作っていったんですか?

RYOJI 僕がハワイで帰りの飛行機に乗るまでの空港に行く道で虹が見えたんですよ。いつも旅行からの帰り道はセンチメンタルな気分になるじゃないですか。帰りたくないって。そういう心境のときに虹が出ていて、インパクトがあった。またこの虹を見に戻ってこようとか、このまま日本に帰ったらいいこと起こりそうとか思えた。それ(虹など特別な風景)に気付くかどうかって、重要だと思うんですよね。気付かないで帰国していれば、その思いに浸れない。曲の中では、前向きだったら見えないものも見えてくるっていうことを伝えたいんですけど、残念ながら伝わらないかもしれないですね……(笑)。

大蔵 その自虐なんですか?(笑)

RYO 今回は“楽しげに”というシンプルなテーマだったんですけど、すっごく難しかったですね。2回くらい書き直したかなあ。簡潔なテーマだからこそ、何を書くべきか悩みました。またラップの仕方も、つい癖でメロディに乗せてラップをしてしまうことを10数年やってきていて。そうじゃないスタイルもあるから挑戦してほしいって言われたんですけど、結局癖は直らなくって(苦笑)。難しかったです。抑揚ないラップは……。

RYOJI 今回、曲を作っている時点から、みんなで歩いているMVの映像が浮かんでいたんです。昔のラッパーが身ぶり手ぶりを加えながら歩いている映像みたいな。なので、ひさしぶりに正統派なラップをやってほしかったんですよね。なかなか難しかったみたいで。

──大蔵さんはいかがでしたか?

大蔵 淡々としたラップと歌のメリハリが出るようにしようと(メンバー全員と)話して。ちゃんとMVのビジュアルも意識して描写してみたりとか。RYOJIくんから西海岸やハワイの写真を見せてもらったので、その風景を思い浮かべながらとか……。

RYOJI そこにビキニのおねえちゃんの写真とかも忍ばせてね(笑)。

大蔵 そうそう……って入ってなかったんですけど!!(笑)

──(笑)。

大蔵 (曲の要所要所で入る)クラップもいいですよね。サビもキャッチーだし。MVでもクラップしていますよ。

ケツメイシ ニューシングル「カリフォルニー」 / 2014年3月12日発売 / avex trax
CD+DVD / 1890円 / AVCD-48933/B
CD / 1260円 / AVCD-48934
CD収録曲
  1. カリフォルニー
  2. ストーリー
  3. スーパーマンになりたい
  4. 久々に...
CD+DVD盤 DVD収録内容
  • カリフォルニー MV
  • カリフォルニー MV Making
ケツメイシ
ケツメイシ

RYO、RYOJI、大蔵、DJ KOHNOによる3MC1DJユニット。1993年にRYOが通う大学の仲間が中心となって母体が誕生し、1996年頃に現在のメンバーで結成される。1999年に初の作品「こっちおいで」をインディーズからリリースし、2001年には「ファミリア」でメジャーデビュー。その後も多くの名曲を発表し、2005年2月発売のシングル「さくら」で初のシングルチャート1位を獲得。ヒップホップをベースに、美しい歌メロを乗せる手法が幅広く受け入れられ、その人気を不動のものとする。2012年4月にavex traxに移籍して以降も精力的な活動を続け、2014年3月にはシングル「カリフォルニー」をリリースする。