ナタリー PowerPush -岸井ゆきの(女優)×谷口鮪(KANA-BOON)×山岸聖太(映像作家)

映像作家&女優が証言する“KANA-BOONの魅力”

KANA-BOONのニューシングル「生きてゆく」が、8月27日にリリースされる。

毎回インパクトのあるビデオクリップを発表し、リスナーの間で話題を集めているKANA-BOONだが、今回はドラマ仕立てのシリアスな作品を山岸聖太監督のもとで作り上げた。そのストーリーに彩りを添えているのが、「ないものねだり」「1.2. step to you」のビデオクリップでも強烈な存在感を放っていた女優の岸井ゆきのだ。

KANA-BOON、山岸、岸井が組むのは今回が3度目。ファンにもおなじみとなっているこのタッグだがその舞台裏はどうなっているのか。谷口鮪(Vo, G)、山岸、岸井に話を聞いた。

取材・文 / 宇野維正 撮影 / 上山陽介

 
mixiチェック

あれ? 台詞が多い!

左から岸井ゆきの、谷口鮪、山岸聖太。

──KANA-BOON×山岸聖太監督×岸井ゆきのというタッグによるビデオクリップは、「ないものねだり」「1.2. step to you」に続いて今回の「生きてゆく」が3作目ということで、もはやシリーズ化してきたと言えるわけですが。ただ、今回はKANA-BOONの曲自体も、ビデオクリップも新境地と呼べるような作品になってますよね。

谷口鮪 そうですね。うん。

──これは監督やアーティストによってさまざまだと思うのですが、山岸監督はKANA-BOONのビデオクリップを作る際に、どのような形で作品の方向性やコンセプトを決めていくのですか?

山岸聖太 KANA-BOONの作品を作るのは「ないものねだり」が初めてだったので、(谷口)鮪さんをはじめメンバーの皆さんと会って、そこでいろいろ話したりアイデアをもらったりしてから作っていったんですけど。次の「盛者必衰の理、お断り」以降は曲と歌詞をもらって、そこから自分でイメージを膨らませていく感じですね。今回の「生きてゆく」も、そうやってアイデアを固めていきました。

──それはバンドとの信頼関係もバッチリということですね。

谷口鮪

谷口 いつもどんなとんでもないのがくるのか楽しみにしてます(笑)。今回はマジメなヤツだったけど。

山岸 今回は「マジメにお願いします」ってオーダーだったんですよ(笑)。

──じゃあ、そういう大枠の方向性みたいなのものは最初にあるわけですね。

山岸 そうですね。スタッフの方から「今回はこういう方向で」というのはあります。

──「ないものねだり」と「1.2. step to you」の岸井さんは同じキャラクターを演じてましたが、今回の岸井さんはかなりイメージが違いますよね。

山岸 そうです。そこは今回、完全に別人の設定になってます(笑)。今回は谷口さんにも、前より役者としての要求をたくさんしていて。

谷口 台本もらった時点で、「あれ? 台詞が多い!」って(笑)。なかなか慣れないですけどね。自分の人生の中で演技の世界に足を踏み入れるなんて、まったく思ってもなかったですから。音楽をやってる人というのは、ほかの表現が上手にできないから音楽をやってるって人が多いと思うんですよ。自分はまさにそうだから。でも、苦手なことを体験するというのも意味があるだろうと。貴重な体験だと思ってやってます(笑)。

ちょっと鳥肌が立ったんですよ

山岸 鮪さんには、これまでの作品でも演技を求めてきたんですけど、今回はいよいよ台詞を言ってもらうことができてとても満足してます(笑)。

山岸聖太

──ビデオクリップをざっくり分けると、ミュージシャンが芝居もしている作品、基本的に演奏だけしている作品があると思うのですが。前者はポップ系で、後者はロック系みたいな、なんとなくの暗黙の了解がありますよね。

山岸 自分はミュージシャンが芝居をしているビデオクリップが好きな派なんですよ(笑)。それってやっぱり、ビデオクリップだからできることだと思うから。いきなり映画に出てもらうとか、そういうのはハードルが上がってしまうけど、ビデオクリップだったらそれが可能じゃないですか。ミュージシャンによっては気が乗らない方もいると思うんですけど、僕はミュージシャンに自分の作品の中で、もう1つ音楽とは別の作業を課してしまっているのかもしれません。結果、それが面白いものになるという経験則もあるし、鮪さんは最初に撮った「ないものねだり」から非常に集中して芝居をやってくれるので、今作ではさらに踏み込んでみました。

谷口 なにしろ「ないものねだり」が人生初のビデオクリップでしたからね。たまに、いきなり小道具でバナナとか出てきて「なんだこれ?」と思うことはありましたけど(笑)。「ビデオクリップってこういうものなんだ」と(笑)。

──岸井さんは役者としては当然先輩になるわけですが……。

谷口 大先輩です!

岸井ゆきの

岸井ゆきの (笑)。

──どうですか、谷口さんの役者としての資質は?

谷口 やめましょう! それを聞くのは!

岸井 (笑)。「1.2. step to you」の最後のシーンで「歩道橋の上から気まずく手を振ってください」という監督からの指示があったんですけど、そのときの鮪さんが出す空気が気まずさそのもので。もしかしたら、鮪さん、すごい人なんじゃないかって、怖くなるくらいでした。さっき鮪さんは「自分はほかの表現が上手にできないから音楽をやってる」って言ってましたけど、私からすると、音楽の優れた表現者だからこそ、ほかの表現もできるのかなって。ちょっと鳥肌が立ったんですよ、見ていて。

谷口 全然もう……。あのときは、ただ本当に気まずかっただけです(笑)。最初は本物の女優さんを前に緊張して、何もしゃべれなかった。

ニューシングル「生きてゆく」/ 2014年8月27日発売 / Ki/oon Music
初回限定盤 [CD+DVD] 1620円 / KSCL-2463 ~4
通常盤 [CD] 1258円 / KSCL-2465
CD収録曲
  1. 生きてゆく
  2. 日は落ち、また繰り返す
  3. ロックンロールスター
初回限定盤DVD収録内容
  • 「もぎもぎKANA-BOON」ダイジェスト
ライブ情報
KANA-BOON野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり! in 泉大津フェニックス
  • 2014年8月30日(土)大阪府 泉大津フェニックス
    OPEN 14:00 / START 18:00
KANA-BOON(カナブーン)

谷口鮪(Vo, G)、古賀隼斗(G)、飯田祐馬(B)、小泉貴裕(Dr)からなる4人組バンド。高校の同級生だった谷口、古賀、小泉を中心に結成され、のちに飯田が合流して現在の編成となり、地元大阪を中心に活動を展開する。2012年に参加した「キューン20イヤーズオーディション」で4000組の中から見事優勝を射止め、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのライブのオープニングアクトを務める。2013年4月には活動の拠点を東京に移し、バンド初の全国流通盤となる1stミニアルバム「僕がCDを出したら」をリリースし、夏には「ROCK IN JAPAN FES」「SUMMER SONIC」「SWEET LOVE SHOWER」など大型フェスに出演したことを機に知名度を全国区に拡大させる。2013年9月シングル「盛者必衰の理、お断り」でメジャーデビューを果たし、10月に1stフルアルバム「DOPPEL」を発表。2014年2月に2ndシングル「結晶星」、5月に3rdシングル「フルドライブ」、8月に4thシングル「生きてゆく」をリリース。8月30日にキャリア最大規模のワンマンライブを大阪・泉大津フェニックスで開催する。

山岸聖太(ヤマギシサンタ)

1978年生まれの映像ディレクター。2008年よりフリーランスで活動を始める。これまでにSAKEROCK、ユニコーン、ASIAN KUNG-FU GENERATION、乃木坂46らのビデオクリップを制作している。星野源、大原大次郎とともに結成した映像制作ユニット山田一郎でも活躍。

岸井ゆきの(キシイユキノ)

1992年生まれの女優。舞台、ドラマ、映画、CMなどさまざまな分野で活躍している。リアリティのある演技が高く評価されている。11月6日~10日に東京・青山円形劇場にて主演舞台「サナギネ」が上演される。