I Don't Like Mondays.「FUTURE」 PR

I Don't Like Mondays.|3年ぶりアルバムで再出発、果てなき旅路へ

そう簡単にデモの曲を殺しちゃダメだな

──アルバムで自信があるポイントは?

YU 全曲こんなに好きなアルバムは初めてなんですよ。聴き流しちゃう曲が1曲もない。配信シングルで去年リリースした「LEMONADE」とか、じっくり浸れるチルな曲も含めて、かなり粒ぞろいだと思います。

──アルバムのBlu-ray / DVD付き仕様に収録されているドキュメンタリー映像も拝見しました。その中でこれまでライブ終盤の盛り上がりを担っていた楽曲「WE ARE YOUNG」をあえてオープニングに持ってくる試みがありましたけど、「FUTURE」において何か今までの概念をポジティブに壊せた部分というと?

YU いっぱいありますよ。「Do Ya?」は過去の自分たちを壊すほどの強力なナンバーだし、「AITAI」のような全編日本語詞の曲も初めての挑戦ですね。今まではみんなでしっかり作曲したものに僕が歌詞を乗せるやり方が多くて、基本的に曲のインスピレーション重視でサウンドがもっともよく聞こえるワードを選んでたんですけど、「AITAI」や「CALL ME」は日本語詞が中心なので、ひとまずベースとなる作曲をした段階で僕が歌詞を書いて、その歌詞を元にアレンジをし直してるんです。歌詞の影響を受けたそういう作り方も初めてですね。

SHUKI(Dr)

SHUKI 「CALL ME」ってもともとは曲調がまったく違う、アップテンポの四つ打ちっぽい感じで、デモの段階ではアルバムに入れようともしていなかったんです。でも、プロデューサーのEIGOさんが「この曲、バラード調にしたらどう?」と提案してくれて。実際にやってみたら、すごくお気に入りの曲の1つになって驚きました。メロも生きて、そこにYUの歌詞が重なって、最初のイメージと違う形にできたのは発見だったし、そう簡単にデモの曲を殺しちゃダメだなと思いましたね(笑)。アレンジでここまで変わるんだなって。

CHOJI 確かにそうだね。あとは「PLEASE」も新鮮。生楽器を一切使っていない曲なんですよ。でも、ライブでは生楽器で演奏するしかないので、いい化学反応が生まれるんじゃないかなと思ってます。

KENJI 個人的にチャレンジできたのは「Up to U」かな。生で弾いてるみたいなベースの動きを打ち込みで表現したのが初めてなんです。時代感を出したくて、鍵盤の人が弾くようなフレーズにこだわって、「Zero Gravity」でエレピを弾いてくれた縄田寿志さんと一緒に考えていったんですけど、ベーシストと鍵盤奏者のフレーズの考え方が全然違うという発見もあったし、残したかったり加えたかったりするニュアンスをディスカッションしながら作っていけたのが面白かったですね。

──「Up to U」って、横恋慕ソングなのにものすごく美しい曲にしか聞こえないんですよね。

全員 あはは!(笑)

YU 物語のワンシーンのような歌詞をこういうファンク、ソウル調の楽曲に落とし込めたのも気に入ってます。

テーマは“再出発”

──リード曲の「DIAMOND」についても聞かせてください。

YU これまでライブをやり続けてきて自分たちが楽しいと感じた、一緒に飛び跳ねたり踊ったりすること、一緒に歌えるセクションだったりを、1曲の中に全部落とし込んでみたのが「DIAMOND」ですね。なおかつ、今作で再デビューするという思いがあるので、僕らのファンの方々、新たにI Don't Like Mondays.を知ってくれる人に向けて、自信を持って示せるサウンド、名刺代わりになるような曲を目指しました。

──MVは大自然の中でメンバー4人が肩を組んで歩いていたりと、バンドの絆を確かめ合うようなシーンが多かったですね。

YU はい。「“再出発”をテーマにするのはどうかな?」という話は歌詞を書く段階でメンバーとしていましたね。アイドラのここ数年の歩みが根底にあるのはもちろん、僕らとファンのみんなをつなぐ内容になってもいるし、シンプルに自分の大切な人を思い浮かべて聴いてもらえる曲にもなったと感じてます。

CHOJI(G)

CHOJI 「WE ARE YOUNG」「TONIGHT」「On my way」と、夏を彩るような楽曲をこれまでいくつか作ってきたんですけど、そのどれもがライブのオープニングないしはエンディングを張れて、みんなと感動を共有できる曲だったんですよね。やっぱり、そういう曲を再出発のアルバムにも入れたくて。実際、素晴らしいものが作れたと思いますよ。アコギやエレキをカラフルに使って、いい解放感が出せたし。

SHUKI ライブの鉄板曲になっていきそうな感じ、もうすでにあるよね?

YU ある! この前、北海道の野外フェス「JOIN ALIVE 2019」で初披露したんですけど、「DIAMOND」という楽曲を誰1人聴いたことがない状態で、多分僕らのことを知らない人も多かったのに、めちゃくちゃ盛り上がったんですよ。

KENJI あのライブはものすごく感動したね!