音楽ナタリー Power Push - ヒステリックパニック×ダイノジ

新種ラウドバンドがメジャー進出する意味

ヒステリックパニックが1stフルアルバム「オトナとオモチャ」をリリースした。

2012年の結成以来、楽曲のクオリティの高さはもちろん、プリクラ画像をアーティスト写真として使用したりメンバーの食事シーンを収めた映像“MV”を発表したりと、自由奔放な活動で注目を浴びてきたヒスパニ。今回音楽ナタリーではバンドの魅力を探るため、彼らに注目しているというお笑い芸人・ダイノジとの対談を実施した。ヒスパニメンバー5人の五者五様の音楽ルーツから、彼らがメジャーフィールドで担う使命についてまで多岐に及んだ対談の様子を、たっぷりと楽しんでほしい。

取材・文 / 小林千絵 撮影 / 福本和洋

 
mixiチェック

革新的かつ大衆的

──「ビクターロック祭り」特集のインタビュー(参照:ビクターロック祭り2015」特集)で「次回の『ロック祭り』で観たいアーティストは?」という問いに大谷さんがヒスパニの名前を挙げていましたね。ダイノジがヒスパニを知ったきっかけは?

ヒステリックパニックとダイノジ。

大谷ノブ彦 確か噂がすげー流れてきて。

$EIGO(G, Cho) ……悪い噂ですか?(笑)

大谷 いやいや!(笑) いいバンドがいるよっていう噂を聞いて。で、曲を聴いてみたら初めてピースのネタを見たときと同じくらいの衝撃を受けました。「こいつら将来売れるな」っていう。ヒスパニの曲はラウドミュージックだけど、ポップスなんですよね。最初に聴いたときは変な曲だなあって思うんだけど、でもなんか意外と口に合うなみたいな。

大地洋輔 名古屋出身なだけに、名古屋めしみたいな。絶妙な味で病みつきになる。

大谷 そう。サザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」とかもそうで、変な曲だけど耳に残る。ポップスってそういうもんだと思うんですよ。革新的なんだけど、大衆性がある。

五者五様の音楽ルーツ

とも(Vo) 僕ら的には変な部分っていうのはそこまで狙ってないんですよね。結果的に変になっちゃってるっていう感じで。でも大衆性は大事にしてます。キャッチーなサビを軸にして、作っていくうちに変になっちゃうみたいな。

おかっち(B) みんなの音楽のルーツが違うんで、やりたいことが違うんですよね。

大谷 そうなんだ。ルーツ、聞きたいね。

$EIGO 僕は親父の影響でずっとThe Beatlesを聴いていて。学生時代は175Rから青春パンクを聴き始めて、Slipknotをはじめとするメタルへ行きました。で、今はEDMも好きっていう、雑食な感じですね。

おかっち 僕はベースやり始めたときはJamiroquaiとかIncognitoを聴いていて。ファンクやアシッドジャズですね。あとはマーカス・ミラーとかスチュアート・ハムとかのベーシストが好きです。

とも(Vo)

とも 僕はずっとヒップホップが好きで。今回のアルバムでもラップ多めにしてたりとか、DJのスクラッチ入れてたりとかしてるんですけど。僕、もともとDJとかラッパー目指して音楽始めたんですよ。シャウトしてるからか、よく「メタル好きでしょ?」って言われるんですけどメタルは全然通ってなくて。シャウトだともっと激しいやつが好きで。ブルータルデスメタルとか、グラインドコアとか終始「オエー」しか言ってないような。

やっち(Dr) 僕は中学生のときに吹奏楽部に入ってて、中学3年生で初めてドラムを触ったんですけど、卒業前にテレビで観たL'Arc-en-Cielの「自由への招待」のイントロのドラムにしびれまして。高校時代はL'Arc-en-Ciel一色で、そこからJanne Da Arc、シド、NIGHTMAREとかのヴィジュアル系を聴くようになりました。

とも 僕、メイクしてて髪には赤メッシュが入ってるんで、パッと見ヴィジュアル系みたいに映るらしいんですけど、僕はまったく通ってないんですよ。

大地 確かに。逆にやっちはヴィジュアル系好きそうなビジュアルじゃないもんね(笑)。

Tack朗(G, Vo) 僕は青春パンクばっかり聴いてました。中3のときに女の子に振られて、ガガガSPの「卒業」を塾の講義中に聴いて泣いてた思い出があります。GOING STEADY、BEAT CRUSADERSあたりを聴くようになって、出会っちゃったのがELLEGARDEN。そこから「俺バンドやらなきゃ」って思いました。

大谷 へえ。5人とも全然違うね。

1stフルアルバム「オトナとオモチャ」2015年7月15日発売 / 2376円 / BLACK SHEEP RECORDS / Victor Entertainment / VICL-64366 / Amazon.co.jp
「オトナとオモチャ」
収録曲
  1. メジャーデビューしました
  2. うそつき。
  3. スイーツダンス
  4. ラウド日本昔ばなし
  5. MISSION 5
  6. えす☆け~ぷ(オトナとオモチャ Ver.)
  7. ファッキンホット (オトナとオモチャ Ver.)
  8. ~raison d'etre~
  9. あいのかち
  10. サイコロジック
  11. オトナのオモチャ
  12. ライジングさん
ヒステリックパニック

ヒステリックパニック2012年に名古屋で結成されたラウドバンド。現在はとも(Vo)、Tack朗(G, Vo)、$EIGO(G, Cho)、おかっち(B)、やっち(Dr)の5人で活動している。2013年7月にタワーレコード限定でリリースした4曲入りCD「4U」がヒット。ANGRY FROG REBIRTH、HER NAME IN BLOODといったバンドのツアーにゲスト出演し、各地で知名度を上げる。2015年4月にシングル「うそつき。」でメジャーデビュー。7月にフルアルバム「オトナとオモチャ」をリリースした。キャッチーさを兼ね備えたラウドサウンドと傍若無人なステージングで人気を集めている。

ダイノジ

1994年に結成された大谷ノブ彦と大地洋輔によるお笑いコンビ。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。DJダイノジとしてイベントやフェスにも多数出演しているほか、DJイベントも企画する。