お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

ダイノジがヒスパニと対談「初めてピースのネタを見たときと同じ衝撃」

37

ダイノジとヒステリックパニック。

ダイノジとヒステリックパニック。

1stフルアルバム「オトナとオモチャ」をリリースしたラウドバンド・ヒステリックパニックの特集ページが音楽ナタリーにて本日7月31日に公開され、ダイノジがヒスパニの対談相手として登場。ヒスパニメンバーの音楽的なルーツやメジャーなフィールドに進出する意味などについて聞き出している。

ダイノジ大谷は対談の冒頭、ヒスパニと出会ったきっかけを「いいバンドがいるよっていう噂を聞いて。曲を聴いてみたら初めてピースのネタを見たときと同じくらいの衝撃を受けました。こいつら将来売れるなっていう」と回想。ダイノジ大地は「名古屋出身なだけに、名古屋めしみたいな。絶妙な味で病みつきになる」とその音楽性を表現した。

ヒスパニのメンバーは互いにどういう存在かと尋ねた大谷が、一方で自身の相方・大地について「自分で選んだ足かせ」と説明する一節も。「俺が大地さんにこうしてほしいって言ってるときって売れなかった。でも『大地さんってこういう人だから、これに合わせてやろう』ってそれを含めて楽しみ始めたらちょっとずつ人気が出てきた」と語っている。

お笑いナタリーをフォロー