リクルート「Follow Your Heart & Music」 PR

Hakubi|リクルート「FYHM」|本当の気持ちを歌うための挑戦

今年で3年目を迎えたリクルートの企画「Follow Your Heart & Music」特集。初回に登場するHakubiは、“挑戦”というテーマのもと新曲「大人になって気づいたこと」を書き下ろし、映像作家の高橋一生(かずき)とのコラボレーションでミュージックビデオを制作した。このインタビューでは制作時のエピソードを交えつつ、バンドのこれまでの挑戦について語ってもらった。

取材・文 / 下原研二 撮影 / 曽我美芽

  5組が「挑戦」をテーマにしたコラボMVは「Follow Your Heart & Music」サイトにて順次公開中。

背中を押せるかな?

──Hakubiは今回、リクルートの企画「Follow Your Heart & Music」で“挑戦”というテーマのもと新曲とミュージックビデオを制作しました。オファーを受けての感想はいかがでしたか?

片桐(Vo, G)

片桐(Vo, G) Hakubiの楽曲はネガティブなものが多いので、オファーを頂いたときは正直びっくりしました。「背中を押せるような曲を作れるかな?」と心配もあったんですけど、学生時代に何かを始めるタイミングでの葛藤や、壁にぶつかった経験は自分が音楽で伝えたいことにリンクしていたので、素直にやってみたいなと思いました。

ヤスカワアル(B) 僕は就職活動をしていた時期にリクルートさんのサービスを利用したことがあって。自分が使ったことのあるサービスを提供している企業とコラボするのはこれまでにない経験だったので新鮮な気持ちでしたね。

──「Follow Your Heart & Music」は今年で3年目を迎えますが、ご存知でした?

片桐 はい。もともとSaucy Dogさんの「ゴーストバスター」のミュージックビデオがめちゃくちゃいいなと思っていて、この企画で制作されたものだとは知らなかったので驚きました。

歌詞に込めた本当の気持ち

──Hakubiがこの企画のために書き下ろした新曲「大人になって気づいたこと」は、「大人になって気づいたこと 好きな事を当たり前に好きと言えなくなった事」という歌詞で始まりますね。

片桐 私は自分が正しいと思っていることが世の中的には正しくなかったり、社会の壁にぶつかったときにすごく違和感を感じたことがあって。正論が正論じゃないというか……今回、挑戦というテーマで詞を書こうと思ったら、そのときの感情があふれてきて(笑)。当初の予定では企画のテーマに沿ってもっと明るい歌詞にしようとも思っていたんです。でも本当の気持ちを歌いたくなって今の歌詞に落ち着きました。どう思った?

ヤスカワ 俺は歌詞と企画のテーマがリンクしてると思ったよ。

片桐 そうなんかな?(笑) 自分としては「これでいいのかな?」と思いながらの制作でした。

──わかりやすく背中を押すタイプの曲ではないかもしれませんが、1曲通して聴くとリスナーと同じ目線で、聴き手に寄り添っているように感じました。

片桐 ありがとうございます。

──片桐さんが書く歌詞に対して、ほかのメンバーが意見することはあるんですか?

マツイユウキ(Dr) 本人が歌詞に納得してないときは相談されることもあります。でも僕は大前提として、彼女が歌いたいことがすべてだと思ってるんです。だから相談されたとき以外は口出ししない。信頼と実績というか、今のところ全部いい曲だと思っているので。

──サウンド面で挑戦したことがあれば教えてください。

ヤスカワ 初めてストリングスを入れたことですかね。この企画に参加することで、自分たちもバンドとしてレベルアップしたいという気持ちもあって、挑戦してみました。これを機に音色の幅を広げていければと思っています。

Hakubi

カラーの異なる作家とのコラボ

──ミュージックビデオは映像作家の高橋一生さんがディレクションを担当しています。コラボ相手に高橋さんを選んだ理由は?

片桐 私たちがこれまで発表したミュージックビデオは光と影を表現しているものが多いのに対して、高橋さんが手がけているMVはどれも色味が強くてアクティブな印象があったんです。自分たちにないものを持っている方とのコラボだったので、「この人が入ったらどうなるんだろう?」と期待もありつつ、不安もありつつという感じで。でも実際にお会いしたら物腰の柔らかい方で、「この人ならお任せできる」と思えました。

ヤスカワアル(B)

ヤスカワ 今回はしっかりと打ち合わせする時間を設けてもらいました。お互いのことを知ったうえで撮影に臨めたのはよかったですね。

──MV撮影で印象に残っている出来事はありますか?

マツイ 関係者の方がたくさん見に来ていて、ギャラリーの多さに圧倒されました(笑)。

──この企画をきっかけにHakubiのことを知る人たちもいると思います。今回制作した楽曲とMVを通して、一番表現したかったことは?

片桐 私ははっきりとした言葉で人の背中を押すのが苦手で……簡単に聞こえちゃう感じがするんですよね。例えば「がんばれ」って言葉でも1から100まで振り幅があるといか。そういう言葉では自分の感情をうまく表現できないと思っていて、回りくどい言葉を使っちゃうんです。だから背中をはっきりと押すことはできなんですけど、自分と同じような感情を抱いている人や、何かにぶつかっている人に「1人じゃないんだよ」と伝えられたらうれしいですね。あと自分の背中を押したかったというのもあって、「もっと強くなりたい」という気持ちも込めています。

次のページ »
3人それぞれの挑戦