ナタリー PowerPush - ふくろうず

ここから本気出す宣言「テレフォン No.1」

ふくろうずが新作ミニアルバム「テレフォン No.1」をリリースする。ドラマー脱退を経て、前作から約2年ぶりに届けられたこの作品は「電話してちょうだいね」と歌うタイトル曲を始め、これまで以上にカラフルでポップな内容に。新作の手応えとバンドの目指す地平について、メンバー3人に話を聞いた。

取材・文 / 大山卓也

 
mixiチェック

早く次の作品を作りたい

──2年ぶりとなる新作が完成しましたが、今の気持ちは?

内田万里(Vo, Key)

内田万里(Vo, Key) 今は早く次の作品を作りたいなって思ってます。

──えっ、もうそういうモード?

内田 宮崎駿は作り終えた作品は観ないって言ってたので、私もそうです。次に行きたい。

──じゃあすぐ次の作品に取りかかれるぐらいの曲があるんですか?

内田 いい曲か悪い曲かっていうのを抜かせば、アルバム2枚分ぐらいはあると思います。次はできればいい感じのフルアルバムを作りたいって思ってて。

──端から見ているとこの2年間はライブの本数も減り、リリースも途絶え、活動のペース的にはだいぶスローダウンしていたように思えたんですが、やはりドラムの高城さんの脱退が大きかったんでしょうか?

内田 いや、それは全然関係なくって。

安西卓丸(B, Vo) うん、変わらずスタジオ入って曲は作ってたし、このアルバムに入ってる曲もその時期に作ったのが多いです。

──じゃあ特に停滞感もなく?

内田 なかったですね。でも前のアルバムが思ったより売れなくて、レコード会社の担当の人も変わっちゃったりして。そのことが関係あるのかないのかわからないけど、でもちょっと空いちゃった。

──バンドとして調子が悪かったわけではないんですね。

内田 全然ないと思います。自覚はないです。

ヤケクソな感じはもういいや

──この「テレフォン No.1」を聴いて、ふくろうずが新しいモードに入ったという印象を強く受けました。これまでにないほど、明るくて前向きな作品になりましたよね。

安西 確かに前より明るくなってると思います。

──そうなったのには何かきっかけが?

内田 明るい曲のほうが好きだからっていうくらいで、特別な心境の変化とかがあったわけではないんです。きっと積み重ねなんだと思います。

──石井さんは今回の変化についてどういうふうに感じてます?

石井竜太(G) すごくいいと思ってます。別に以前暗い気持ちで弾いていたわけでもないし、気持ち的にはそんなに変わってないですけど。

安西 あとなんか暗いのは、もう年齢的に嫌になっちゃったっていうのはありますよね。

石井 それはある。

内田 うん、もともと暗い人たちっていうわけじゃないから。まあ卓丸は暗いけど(笑)。

安西卓丸(B, Vo)

安西 俺も根は暗いかもしれないですけど、だからこそ明るい人に憧れる部分があるんで。暗い音楽とかまったく聴かないよね。

内田 そうだね。全員まったく聴かない。

──「暗い」と表現してしまうと乱暴かもしれませんが、基本的にはこれまでの3作はシリアスな作品だったと思うんです。鬱々とした心境が曲調や歌詞に表れていたし、アッパーな曲もシリアスさの反動のヤケクソ感みたいなものが強かった気がして。それに比べて今回の作品は素直に前向きな印象を受けるんですよね。

石井 うん、鬱々としたヤケクソな感じって、とりあえず簡単だけど……もういいやと思ってます(笑)。

内田 でも変わったっていっても、そのとき着たい洋服の趣味が変わる程度の変化なんじゃないかな。まあ今までと違うことをやろうと思ったのはあるかも。やっぱりふくろうずって光と影とだったら影のほうが強い感じじゃないですか。「ループする」(2009年12月リリース)とか「砂漠の流刑地」(2011年6月リリース)とか。で、その光と影を逆転させたいという気持ちはあるんです。明るさの中に多少暗さもあるくらいの、そういうふうに見えるバンドにしたくて。

──そう思うようになったのはいつ頃ですか?

内田 いや、最初からそういうつもりだったんですけど、思ったより世間の人がこのバンドを暗いイメージで捉えてるんだなっていうことに途中で気が付いて……。本当はひょうきんなところもあるよって伝えたい。そっちのほうが曲をちゃんと聴いてもらえるような気がして。

石井 そうですね。それもあって、今までだったらもっとシリアスな曲をリード曲にしてたんだと思うけど、今回はすごい自然に「テレフォン No.1」にしようかってなったので。

ミニアルバム「テレフォンNo.1」/ 2013年7月24日発売 / 2100円 / EPICレコードジャパン / ESCL-4080
収録曲
  1. GOOD MORNING SONG
  2. カシオペア
  3. テレフォン No.1
  4. パニック!パニック!パニック!
  5. S・O・S・O・S
  6. 春の惑星
  7. 見つめてほしい
ふくろうず

2007年に東京で結成。内田万里(Vo, Key)、石井竜太(G)、安西卓丸(B, Vo)からなる3人組バンド。2009年12月に初音源となるミニアルバム「ループする」をライブ会場などで限定発売。益子樹をエンジニアに迎えたこの作品は、独特の世界観と完成度の高いサウンドで大きな話題を呼び、2010年4月に2曲を加えた全国流通盤として再リリースされた。この音源をきっかけに人気は全国区に拡大。2010年10月に2ndアルバム「ごめんね」をリリースしたのち、2011年6月に3rdアルバム「砂漠の流刑地」でメジャーデビュー。その後もライブを重ね、2013年7月に約2年ぶりとなるミニアルバム「テレフォン No.1」を発表する。