erica「告うた3~あなたへ贈る歌2~」 PR

erica×Carlos K.|“告うたのカリスマ”が盟友と語る初コラボ秘話&新作を彩る10のキーワード

“告うたのカリスマ”として中高生から支持を集めるシンガーソングライター・ericaが、ニューアルバム「告うた3~あなたへ贈る歌2~」をリリースした。

約3年ぶりのアルバムとなる本作には、彼女の音楽性の振り幅の広さを感じさせるバラエティに富んだ全16曲を収録。2013年に発表され、YouTubeでは2800万再生を記録した代表曲「あなたへ贈る歌」の新録バージョンに加え、同曲の5年後の世界をテーマに作られた続編「あなたへ贈る歌2」が収録されたことでも大きな話題を呼んでいる。

このほか「お薬タイム」というナンバーでは、AKB48や西野カナ、乃木坂46、Little Glee Monsterなどさまざまなアーティストへ楽曲提供をしているクリエイター・Carlos K.とのコラボが実現。実はericaとCarlos K.は同じ高校に通っていた友人同士であるのだという。そこで今回の音楽ナタリーでは旧知の仲である2人の対談を実施。高校時代のエピソードから初コラボの話まで、和気あいあいと語り尽くしてもらった。

また特集の最後では、ericaがこの「告うた3~あなたへ贈る歌2~」収録曲に登場するさまざまなワードについて、自身の思いやエピソードを明かしている。仲のよい友人とのトークと大切な言葉に対する思いから、ericaとその楽曲の魅力を感じ取ってほしい。

取材・文 / もりひでゆき 撮影 / 曽我美芽

結成前に音楽性の違いでコンビ解散

──ericaさんとCarlos K.さんは山梨県の同じ高校に通っていたそうですが、当時から面識はあったんですか?

erica うん、ありました。お互いに通っていた学科は違っていたんですけど、Carlosくんのクラスに友達がいたからよく行ってたんですよ。で、なんとなくよく話すようになり、いつの間にか仲良くなって。

Carlos K. ericaは昔から明るい子で、誰とでもすぐ仲良くなれるんですよ。ハッピーなオーラがとにかくすごかった。

左からerica、Carlos K.。

erica Carlosくんは当時から自分で音楽を作っていたし、私も音楽が好きだったから、そういう話をよくしてたよね。

Carlos K. そうだね。当時、学校ではバンドが流行ってたんだけど、僕は家でシンセサイザーを使った打ち込みの曲を作っていて。中学くらいからデモテープをレコード会社に送ったりもしてたんです。で、ericaと仲良くなったときに、「一緒に曲を作ろうか」って話にもなったんだよね。

erica そうそう! 私は3歳からピアノをやっていて、家ではよく好きな曲を弾き語りしていたんですけど、学校では特に人前で歌ったりすることはなかったんです。でもCarlosくんと話してるときになんとなくそんな流れになって。「じゃ私が歌うから2人でやろうよ」みたいな感じで盛り上がったんですよ。で、すぐにCarlosくんがカセットテープのデモをくれたんですけど、そこで問題があって。実は私の家のラジカセが壊れていて、カセットを再生しても「キュルルルル」って音しかしなかったんです。でも私はラジカセが壊れてるとは思ってなかったから……。

Carlos K. 「斬新な音楽を作る人なんだな」って思ったんでしょ(笑)。

erica そうなの! 「これ、どこに歌詞乗せたらいいんだろう」みたいな(笑)。で、次の日に学校で、「ちょっと一緒にはできないかも」って伝えたんです。

Carlos K. いきなり音楽性の違いでコンビ解散ですよ。まだ組んでもいないのに(笑)。

erica しかも私の勘違いだからね。高校卒業後にラジカセが壊れてることに気付いて、「うわ、申し訳ないことしちゃったな」って思ったんですけど(笑)。あのときにもしユニットを組んでたら、何かが変わってたかもしれないのにね。

同じ高校出身で有名になってくれてうれしい

──高校卒業後も交流は続いていたんでしょうか?

erica いや、全然会ったりはしてなかったです。お互い何をしてるかも知らなくて。

Carlos K. うん。でも何かのタイミングでたまたま再会して、1回ごはんを食べに行ったんですよ。ピアノのあるバーにも行って、そこでericaは即興で歌ったりしてたよね。そのとき、「え、こんなに歌える子なんだな」って初めて知ったというか。印象がけっこう変わった記憶があります。

erica でも私はまだデビューする前だったし、Carlosくんも作家活動はしてたけどまだ世の中にそこまで作品が出ていない時期だったんだよね。だからお互いに悩みを打ち明けたり、自分の夢を語り合ったりしたんです。

Carlos K. うん。でもその後もまたぱったり連絡を取ることはなくなって(笑)。

erica

erica そこから数年経ったときに、傳田真央さんの誕生日パーティでまた再会するんです。「なんでいるの!?」みたいな。そしたら「いや、傳田さんの曲をやっててさ」っていう。そのときにはもうCarlosくんはバリバリ活躍してました。

Carlos K. ericaももうデビューしてたよね。「あなたへ贈る歌」がYouTubeでバズったりもしてたし。連絡は取り合ってないけどお互いが何をしてるかはなんとなく耳に入るようにはなってましたね。

──同じ高校に通っていた友達が、同じ音楽シーンで活躍していることはお互いに刺激になったりもしそうですよね。

erica どうだろうね? もちろんCarlosくんが活躍していることは純粋にすごいなと思うし、誇らしい気持ちにもなるんだけど……。

Carlos K. やってることのジャンルが違いますからね。

erica そうそう。彼が歌も歌うアーティストだったらもっと意識してたかもしれないけど、作家さんですからね。私の中では文化人っぽい立ち位置というか(笑)。

Carlos K. うん。まあでも僕も「すごいな」って尊敬してますよ。YouTube観ればね、「おお! 再生回数すげえ!」って思うし。同じ高校出身で有名になった人ってそこまでいないから、やっぱうれしいですよね。最近はご飯食べたりお酒飲んだりする機会もけっこうあるんで、すごく楽しいです。