doriko feat.初音ミク「君のいない世界には音も色もない」 / V.A.「doriko 10th anniversary tribute」 PR

初音ミク10周年特集|doriko×VALSHE対談 ボカロ曲を作るということ、ボカロ曲を歌うということ

初音ミクの10年 ~彼女が見せた新しい景色~

ボカロを毛嫌いしている人への接点として、歌手に歌ってもらった音源も残したい

──今回のトリビュートアルバムには、そういった生身の人間がボカロ曲を歌う面白味が詰まってますが、VALSHEさんがとりわけ気になった曲は?

VALSHE もともと初音ミクがベストな形で歌った作品を、あえて生身の人間が歌うことでどういう形に仕上がるのかは、自分も楽しみにしていたところだったんですけど、そういう意味では小林幸子さんの歌う「ロミオとシンデレラ」は楽曲の世界観からガラッと様変わりするような楽しみがありますし、どれも何度でも楽しめる曲になってると思います。やっぱりオリジナルのミクちゃんの曲と受ける印象がそれぞれに違うので、個人的にはそれを聴き比べてほしいと思いますね。

doriko

doriko 僕はVocaloidの曲を作るとき、あまり誰かが歌唱することを意識して作ってないんですが、今回のトリビュートアルバムでは自分のわがままで、人が歌ってしっくりきそうなものを10曲選んだんですよ。それはVocaloidという時点で毛嫌いして聴いてくれない人もいるかもしれないから、そういう人への接点として歌手の方に歌ってもらったバージョンも残したいという気持ちが僕自身にあってのことで。実際に歌っていただいたら、驚くほどしっくりくるものもありましたし、雰囲気が変わってる曲もあったりで。正直バルちゃんに関しては想像通りだったんですけど(笑)、もう本当にカッコいい!

VALSHE dorikoは「文学者の恋文」も楽しかったんじゃないの?

doriko そうそう。この曲は歌詞が男性目線の曲なので、もし誰かに歌ってもらえることがあれば男の人に歌ってもらいたいと思ってたんですよ。それで今回はアンティック-珈琲店-のみくさんに歌っていただいて。

──みくさんが歌われることで、原曲に比べて歌謡曲のフレーバーが出ていますよね。

doriko 確かにそうかもしれないです。僕は個人的にこの曲がすごく好きなんですけど、それをみくさんに男性目線で歌ってもらえたのはすごくうれしくて。さすがに男性が歌うということでキーを少し下げて調整はしてるんですけど、かなり気合いを入れていて、ギターを録り直したりもしてます。このトリビュートアルバムの制作は楽しかったですね。

初音ミクは“架け橋”みたいな存在

──そして今回、dorikoさんの最新の初音ミク作品となるミニアルバム「君のいない世界には音も色もない」が同時リリースとなります。

doriko 僕は去年にボカロ楽曲を集めたベスト盤(「doriko BEST 2008-2016」)を発表したので、そこでひと区切り付けたところはあったんですけど、僕の悪いクセで時間が経つと「アレでよかったのか?」と思い返すことがあって。それにミクちゃんが10周年で、気付けば僕自身も10年活動しているので、この切りのいいタイミングで何もしないのはもったいないと思って、今回のミニアルバムを制作することにしたんです。そこでベストの次は何を作ろうかと考えたときに、僕の曲を好きで聴いてくれる人はやはりバラードが好きなのかなと自分なりに思って、じゃあ10周年の感謝の気持ちを込めてバラードを中心にした作品を作ろうと思って。だからこのミニアルバムは、6曲のうち4曲をバラードにしたんです。

VALSHE

VALSHE 自分はもともとバラードをあまり聴かないんですよね。自分のニューアルバムもバラードと言える曲は「ガランド」のみというぐらいで。もちろん好きではあるんだけど、どちらかと言うとアップテンポなものを好んで聴く傾向があって。ただ、dorikoのバラードは何故か聴くんですよ。今回はどれもよかったけど、特に自分が曲として好きだと思ったのは「サクコロ」。物語チックで展開が美しいと言うか、情景描写が非常に美しいと思いました。「青色十色」もバラードだけど曲の構成がすごく面白いよね。

doriko これはもともとアルバムの表題にしようと思ってた曲で、めちゃくちゃ悩んで作った。

──この曲は「覚えたての台詞を繰り返し叫んだ」「二度とない今を歌うよ」といった歌詞から、初音ミクそのものを描いた曲のようにも受け取れますが。

doriko まっすぐにこれまでのミクちゃんの10年の活動、僕から見た初音ミクちゃんを振り返ったのがこの曲なのは間違いないです。なので、この曲をこれまでの10年の締めくくりということでメインに作ってたんですけど、悩んだ末に「まあ、これがメインじゃなくてもいいか」と思って(笑)。新作に入ってる4曲のバラードはすべて並行して作っていて、その中で結果的に「君のいない世界には音も色もない」を表題にしたんです。この曲は笑っちゃうぐらいストレートなラブソングで、それはミクちゃんのことであっても、別にミクちゃんのことじゃなくてもいいという曲になってるんです。こういうことは恥ずかしくて長い間やってなかったんですけど、逆に10年も経つと特に恥ずかしいこともないかと思って。

──いわばdorikoさんの初音ミクへのまっすぐな気持ちを伝えた作品になっているわけですね。dorikoさんは初音ミクおよびボカロシーンと共に10年を歩んできたわけですが、この先も初音ミクと一緒にご自身の音楽を表現していかれるのでしょうか?

doriko 昨年のベストで自分の中でひと区切りはあったんですが、もちろん今年の10周年も大きな区切りになっていて。僕は実際にバラードをたくさん作ってきたんですけど、今度こそバラードを中心に作るのを一旦終了にしたいんですよね。今回もバラードではない2曲(「オノマペット」「箱」)を作っていると、それはそれで楽しいんですよ。最近は明るくアップテンポな曲を全然作っていないので、今後はバラードばかりではなく、そういう楽しく作っていけるものを多くしていきたいなと思います。

──VALSHEさんは今後の活動の中で、またVocaloidに関わっていきたいという思いはありますか?

VALSHE 自分にとっての初音ミクは“架け橋”みたいな存在なんですよね。初音ミクがなかったら、ボカロPは生まれなかったわけじゃないですか。そのボカロPがいなかったらおそらく“歌ってみた”というジャンルは生まれなかったわけで、そうしたらきっとVALSHEとdorikoは出会わなかったし、こうして今音楽を仕事にすることもなかったかもしれない。で、dorikoがずっと曲を書き続けていることによって、デビューして“歌ってみた”という場所からいなくなった自分が、こうしてまたボカロ曲を歌うことになったように、初音ミクは誰かと誰かをつなぎ続けている存在のように感じていて。だから、その中でまたミクちゃんが歌っているような曲を自分が歌う機会はあると思うし、そういう機会があればぜひやりたいと思います。そのときには、きっと自分も今より進化していると思うし、それと同時にミクちゃんも進化してこれからどこに行くんだろうっていう、ちょっとボカロシーンから離れた目線の楽しみや期待もありますね。

左からVALSHE、doriko。

──またdorikoさんの曲を歌う機会もありそうですしね。

VALSHE dorikoの曲ならぜひ歌いたいです!

doriko トリビュートアルバムの第2弾ができるぐらいまで曲が溜まるのを待ってもらえれば。

VALSHE じゃああと10年がんばって(笑)。

doriko 20周年ってすごい大御所になってるよね(笑)。

doriko feat. 初音ミク「君のいない世界には音も色もない」
2017年8月30日発売 / Being
doriko feat. 初音ミク「君のいない世界には音も色もない」

[CD]
2376円 / JBCZ-9062

Amazon.co.jp

収録曲
  1. 君のいない世界には音も色もない
  2. オノマペット
  3. サクコロ
  4. まぢかのみらい
  5. 青色十色
V.A.「doriko 10th anniversary tribute」
2017年8月30日発売 / Being
V.A.「doriko 10th anniversary tribute」

[CD]
3024円 / JBCZ-9061

Amazon.co.jp

収録曲 / 参加アーティスト
  1. ロミオとシンデレラ / 小林幸子
  2. キャットフード / La PomPon
  3. 飴か夢 / VALSHE
  4. あなたの願いをうたうもの / 蓮花
  5. 歌に形はないけれど / 松岡充
  6. 文学者の恋文 / みく(アンティック-珈琲店-)
  7. Birthday / 花たん
  8. last will / ウォルピスカーター
  9. letter song / 藤田咲
  10. 君のいない世界には音も色もない / 前田玲奈
VALSHE「WONDERFUL CURVE」
2017年8月23日発売 / Being
VALSHE「WONDERFUL CURVE」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
4212円 / JBCZ-9057

Amazon.co.jp

VALSHE「WONDERFUL CURVE」通常盤

通常盤 [CD]
3240円 / JBCZ-9058

Amazon.co.jp

VALSHE「WONDERFUL CURVE」初回限定盤

Musing盤 [CD+DVD+ブックレット]
4212円 / JBCF-9009

購入はこちら

CD収録曲
  1. エビングハウスの忘却
  2. WONDERFUL CURVE
  3. ツリーダイアグラム
  4. shut out
  5. MONTAGE
  6. ガランド
  7. embrace
  1. DOPE
  2. Chain Smoke
  3. Show Me What You Got
  4. CYCLE×CYCLONE
  5. a light
  6. コドモハザード
  7. GREAT JOURNEY
初回限定盤DVD収録内容
  • 「WONDERFUL CURVE」MUSIC VIDEO
  • Making of 「WONDERFUL CURVE」
Musing盤DVD収録内容
  • VALSHEの記憶!徹底解剖バラエティ
doriko(ドリコ)
doriko
2007年から動画投稿サイトに初音ミクを使用したオリジナル曲を投稿し、Vocaloidシーンの黎明期より人気ボカロPとしてヒット曲を発表し続ける。2008年6月にCDシングル「歌に形はないけれど」「夕日坂」をリリース。2009年にニコニコ動画に投稿した「ロミオとシンデレラ」は現在までに再生数が620万を超えている。メロディアスなバラードに定評がある一方で、ロックやダンスミュージックなど幅広いサウンドの楽曲を制作。さまざまなアーティストのサウンドプロデュースや楽曲提供も手がけている。
VALSHE(バルシェ)
VALSHE
アニメファンやネットユーザーを中心に支持を集める女性シンガーで、中性的なハスキーボイスで歌われる力強いロックサウンドが魅力。2010年にミニアルバム「storyteller」でメジャーデビューして以来、精力的に作品をリリースしている。2013年11月、人気アニメ「名探偵コナン」のオープニングテーマに採用された「Butterfly Core」を6thシングルとして発売。このタイミングでアーティストビジュアルを従来のイラストから実写へ一新し、大きな反響を呼ぶ。リリース後には初のライブイベントをファンクラブ会員限定で開催し成功に収めた。2015年末から2016年6月までソロ活動を一時休止していたが、2016年7月にミニアルバム「RIOT」でソロ活動を再開。2017年8月にフルアルバム「WONDERFUL CURVE」をリリースした。