Czecho No Republic「旅に出る準備」 PR

Czecho No Republic|旅支度を整えて この先の未来へ

Czecho No Republicがメジャー5枚目となるニューアルバム「旅に出る準備」をリリースした。

もともと洋楽志向が強く、特に海外のインディロックやポップを昇華することを自らのアイデンティティとしていた彼ら。しかし、今作のチェコは完全にその先を見据えている。今作はメンバーが総力を合わせオープンなマインドを持って、多くの人々に届く楽曲を作り上げようという意思を全曲に込めたアルバムだ。その思いは、初めて日本語で冠されたタイトルにも表れている。

チェコはこのアルバムで大きな変化を果たした。なぜバンドはここまで変わることができたのか? メンバー全員に話を聞いた。また特集の最後には「LALALA」「愛を」のプロデューサーである田中隼人(agehasprings)のコメントも掲載している。

取材・文 / 三宅正一(ONBU) 撮影 / 相澤心也

5枚目から聴いてください

──「旅に出る準備」、傑作だと思います。武井くんはなぜここまでオープンなアルバムを作れたのだと思いますか?

武井優心(Vo, B)

武井優心(Vo, B) 「ライブでお客さんにしっかり曲を届けたい」とか、「ライブでお客さんとつながりたい」という思いが強くなったのが大きいですね。このアルバムは「コミュニケーションを取りたい」という僕らの衝動や欲求が音からにじみ出ていると思うんですよ。チェコをずっと聴いてくれてきた人たちは「待ってました!」という感じもあると思うし、初めてチェコを聴く人もすんなり入れるアルバムだと思います。

──どのアルバムを最初に聴いたらいいか聞かれたら、これを薦めるでしょう?

武井 そうですね。「5枚目から聴いてください」って言いますね。「やっとバンドのアイデンティティが明確になったアルバムです」って(笑)。

──山崎さんはどうですか?

山崎正太郎(Dr, Cho) これはメンバーみんなそうだと思うんですけど、今まで(メジャーでは)5枚のアルバムをリリースしてきた中で、一番手応えを感じています。個人的にプレイ面やサウンド面に関しても一番納得できる作品になりましたね。

タカハシマイ(Cho, Syn) 前作(「DREAMS」)からわりと長いインターバルがあったので、その間に自分たちのことを見直せたのがすごく大きかったなと思います。このアルバムはすごくライブが想像できる内容になったと思うし、そんなところも今の5人にピッタリだと思うんですよ。ありのままの今のチェコを出したアルバムになりましたね。

気付きを与えた言葉たち

──前作から今作までの間に得た気付きにはどういったものがありましたか?

タカハシ 一番大きいのはライブに対する向き合い方の変化ですね。あるときに一緒に仕事をし始めたばかりのライブのPAさんに言われたことがターニングポイントになって。そこからバンドが変われた気がしていて。

──それはどういった言葉だったんですか?

タカハシ いろいろな話をしたんですけど、「このバンドは5年後、10年後にどうなっていたいか?」ということを聞かれたんです。

──その質問はメンバー全員に向けられたものだったんですか?

タカハシマイ(Cho, Syn)

タカハシ そうですね。そのときはライブの打ち上げでいきなり真剣な話をされた、みたいな感じでした。ちょっとピリッとした空気になって。それまでは将来的なビジョンに関してはかなり漠然とした考えしか持っていなかったから、PAさんのその質問は私たちに明確なビジョンが必要だということを気付かせてくれたんです。それ以降はメンバーで話し合う回数も増えたし、活動に対する考え方が1つひとつ明確になっていって。

──ちなみにそれはいつ頃の話ですか?

タカハシ いつだっけ?

武井 めっちゃ落ち込んだから俺は覚えてる(笑)。2年前のハロウィンですね。

山崎 お酒が入ってたのもあるんですけど、けっこう強めに言ってくれて。でも、あのときPAさんが厳しいことを言ってくれたから、今のすごくいい状態があると思うんですよ。

──反論する余地はなかった?

武井 なかったですね。正直、痛いところを突かれてしまったなと思ったし、見透かされて情けないなと思って。俺は、チェコがどういうバンドになっていくかということに対して、なるようになると思ってたんですよ。でも、その打ち上げのときに「何かになりたい」という具体的な思いがないとそれになれないということに気付かされたんですよね。

タカハシ ずっといつか誰かに言われたかったことだったような気もします。でも、それをメンバー同士で話し合ったとしても解決できなかったと思うんですよ。

武井 そのPAさんが言うからこその説得力もあって。また、同時期に同じように意見をどんどん言ってくれる舞台監督の方にも出会えたんです。だから、ライブの向き合い方に関しては内からも外からも変わることができた。その人たちに恩返しがしたいし、「チェコと仕事をして間違ってなかった」と思ってもらえるようにしなきゃなって。舞台監督さんは「自分の夢はチェコが売れること」って本気で言ってくれるような人で。「僕の夢は全部叶ってるから。あなたたちは売れますから」って断言してくれてるんですよ。

砂川一黄(G) 「僕が売れるって言って売れなかったアーティストはいません」ってね。

武井 そのときに武者震いしたと言うか。いい人と仕事ができてるなって。

タカハシ すごく精神的に支えられてる。

武井 そういう状態で生まれてきた曲たちなので。精神的な部分のスタートラインが今までと違うんです。

Czecho No Republic「旅に出る準備」
2018年3月14日発売 / TRIAD
Czecho No Republic「旅に出る準備」

[CD]
3024円 / COCP-40282

Amazon.co.jp

収録曲
  1. LALALA
  2. テレパシー
  3. 好奇心
  4. 愛を
  5. Spring
  6. ザナドゥ
  7. タイムトラベリング
  8. チキンレース
  9. シュガーボーイ
  10. 静かな海
  11. 旅に出る準備

ライブ情報

5人になって5周年!5×5=25 TOUR~「旅に出る準備」リリース ワンマン編~
  • 2018年4月11日(水)愛知県 名古屋CLUB QUATTRO
  • 2018年4月18日(水)宮城県 SENDAI CLUB JUNK BOX
  • 2018年4月20日(金)大阪府 梅田CLUB QUATTRO
  • 2018年4月21日(土)福岡県 BEAT STATION
  • 2018年4月25日(水)東京都 TSUTAYA O-EAST
5人になって5周年!5×5=25 TOUR~「旅に出る準備」リリース 2マン編~

※競演相手は後日発表

  • 2018年5月18日(金)北海道 札幌KRAPS HALL
  • 2018年5月26日(土)広島県 広島セカンド・クラッチ
  • 2018年5月27日(日)香川県 DIME
  • 2018年6月7日(木)新潟県 CLUB RIVERST
  • 2018年6月9日(土)静岡県 HAMAMATSU FORCE
Czecho No Republic(チェコノーリパブリック)
Czecho No Republic
武井優心(Vo, B)と山崎正太郎(Dr, Cho)を中心に2010年3月に結成。現在は武井、山崎、八木類(G, Syn, Cho)、タカハシマイ(Cho, Syn)、砂川一黄(G)の5人で活動している。2010年11月に初のCD作品「erectionary」をタワーレコード限定でリリース。同作が高い評価を受ける中、2011年10月に初のフルアルバム「Maminka」を発表した。2013年10月に2ndフルアルバム「NEVERLAND」で日本コロムビアよりメジャーデビューし、2014年10~12月にはフジテレビ系アニメ「ドラゴンボール改」のエンディングテーマとして「Oh Yeah!!!!!!!」が全国でオンエアされた。2015年9月に3rdアルバム「Santa Fe」を、2016年7月には4thアルバム「DREAMS」を発売。2017年9月に、SKY-HIとのコライトシングル「タイムトラベリング」を発表し、2018年3月に5thアルバム「旅に出る準備」をリリースした。