BRADIO PR

「Coming Next Artists」#10 BRADIO|ソウルと向き合い唯一無二のパイオニアに

Tom-H@ck

パーソナリティ
Tom-H@ck

ファンキーなプロデューサーと共に

──メジャーデビュー曲「LA PA PARADISE」のタイトルって響きがちょっと特殊ですよね。この言葉はどう決めたんですか?

真行寺 毎回そうなんですけど、単純に音としての気持ちよさを優先してタイトルや歌詞を決めてるんですよね。スキャットみたいな感じでメロディに適当に言葉を乗せていく中で、ハマりそうな音を探っていってできたのが「LA PA PARADISE」です。

大山聡一(G)

大山 曲を作り始めたときからスタジオで貴秋が「LA PA PARADISE」って口ずさんでましたから。「あ、今回はコレかも」って思ってました。

──プロデュースは藤井丈司さんが担当したとのことですが、藤井さんとのお仕事は今回が初めてだったんですよね?

大山 はい。ただ最初に顔合わせみたいな感じで挨拶をしたときから「藤井さんとは波長が合いそうだな」って感じがしたんです。プロデュースしていただく中では細かいフレーズをどうこうってよりかはリズムに対してどういう気持ちを持つことが大事なのか、バンドのグルーヴをどう録音するのがいいか、みたいな大きな枠組みの話をすることが多くて。思想的にBRADIOってバンドが何を伝えたいのかというところに僕ら自身も立ち返るいいきっかけになりました。すごく刺激的だったし、楽しかったです。

真行寺 それと藤井さんはメチャクチャファンキーな人なんですよ。

大山 そうそう。プロデューサーさんって、けっこう腕を組んでじっとレコーディングを見守ってる、みたいなイメージがあったんですけど、藤井さんはレコーディング中もノリノリで。僕らと一緒に盛り上がってくれて、すごくやりやすかったです。

BRADIO

酒井 楽しくなりすぎちゃって、貴秋とかタメ口になってたから(笑)。

真行寺 こっちもファンキーになっちゃって……。

田邊 しかもアレ、まだお会いして2回目ぐらいだからね。

大山 こっちがヒヤヒヤしたよ。

真行寺 いやあ、それぐらい波長が合ってたと言うか。

大山 それでもタメ口は絶対ダメです。

真行寺 ……絶対ダメですよね。

──プロデューサーさんにもいろんなタイプの方がいらっしゃいますからね。

大山 Tom-H@ckさんはどういうプロデュースのスタイルなんですか?

Tom-H@ck

──僕は案件によって変えますね。アイドルさんであれば衣装からアイデアを出しますし、バンドの場合はまずご飯に行ってどういう方々なのかを見るところから始めます。そのアーティストさんの何を補うのが僕の役割なんだろうっていうのを考えて、不足している部分をカバーするところから始めることが多いです。

真行寺 人によってプロデュースのスタイルも全然違うんですね。

ドラムセットの中に時間軸の歪みを

──メンバーの皆さんが考えるシングルの聴きどころはどこですか?

真行寺貴秋(Vo)

真行寺 ずばりソウルですね。BRADIO史上、もっともソウルに近付いた曲ができたと思っています。「LA PA PARADISE」を作り上げるにあたって、それぞれのメンバーが今まで以上にバンドとしての在り方だったり、音楽との向き合い方だったりを追及していて。今までも自分たちが好きな音楽をポップスに昇華するということはやってきたんですけど、今回のシングルは特に全員の中でファンクとかソウルの解釈を深めながら取り組んだ作品になっています。

酒井 作品の聴きどころとしてはやっぱり歌だと思うんですけど、ベースの個人的なこだわりとしては今回初めて弦を張り替えないでレコーディングしてみたんです。

──それは意図的にビンテージ感を出すためにですか?

酒井 そうですね。モータウンのジェームス・ジェマーソンが「手垢がついたこの弦がモータウンサウンドを出してるんだ」みたいなことをインタビューで言っていて。僕は今まで2週間に1回くらいは弦を張り替えていたんですけど、試しに弦を張り替えないで演奏し続けてみたら、今回の曲に合いそうなサウンドに近付いていく感じがしたんです。なので今回は4カ月使い続けた弦でレコーディングしてみました。あとは雰囲気にこだわりたかったから、あえてフレーズの練習とかはせず楽曲の流れに身を任せてプレイしています。

大山 僕もモータウンをすごく意識したんですけど、モータウンのサウンドを追求すればするほど、どんどんギターの必要性っていうのが薄れてきちゃう感覚があって。再現を目指していくとどんどんギターのボリュームを絞ってリズムに徹しなきゃいけない感じと言うか。「それは俺にはまだちょっと早いな」というところから始まって、モータウン的なアプローチをしつつもギターの音量を大きく聴かせるにはどうしたらいいかっていう試行錯誤がけっこう楽しかったですね。結果的にはギターはほぼ同じフレーズを2回録って、パンで振っているんです。パッと聴いた感じはわからないかもしれませんが、自分としては音楽的な面白さにつながるアプローチができた手応えがあります。

──ドラムはどうでしたか?

田邊有希(Dr)

田邊 「LA PA PARADISE」というシンプルな8ビートの曲に対してどうアプローチをするかはけっこう考えどころでした。僕は技術的なことよりもメンタル的なフックをどうやったら自分の中に持てるかってことを重視していて。「LA PA PARADISE」の歌詞の中にいろんな時代の楽曲のタイトルが入ってるんですよ。「Like A Virgin」だったり、「Dance All Through The Night」だったり。その時間の流れをドラムセットで表現できたら面白いなって思い付いて。

──具体的にはどういうことを?

田邊 ビンテージの中でもドラムヘッドやスネアはどういうものが合うか探ってみて。そのうえで単にビンテージの楽器を鳴らすだけじゃ面白くないから、ドラムセットの真ん中はビンテージで固めつつ、左端と右端のシンバルだけ現代的なものを使ってみたんです。僕の中ではドラムセットで“時間軸の歪み”みたいなものが表現できたかなって。おそらく聴いても差が出たかどうかはわからないくらいなんですけど、自分のメンタル的にこだわってやれたことはよかったなと思っています。

──でもそういうメンタル的な満足感がプレイに影響して、結果としてサウンドの仕上がりがよくなることは絶対にあると思います。

田邊 そうだと思います。今まではいいドラムを叩きたいって気持ちが強かったんですけど、今回初めてアプローチの仕方を変えて実践してみて、やってよかったなって思っています。

BRADIO「LA PA PARADISE」
2017年10月11日発売 / Warner Music Japan
BRADIO「LA PA PARADISE」初回限定盤

初回限定盤 [CD+DVD]
2376円 / WPZL-31360~1

Amazon.co.jp

TOWER RECORDS

ローチケHMV

BRADIO「LA PA PARADISE」通常盤

通常盤 [CD]
1080円 / WPCL-12713

Amazon.co.jp

TOWER RECORDS

ローチケHMV

CD収録曲
  1. LA PA PARADISE
  2. Baddest
  3. LA PA PARADISE(HIDDEN AFRO ver.)
  4. Baddest(HIDDEN AFRO ver.)
初回限定盤DVD収録内容
  • 「LA PA PARADISE」ミュージックビデオ・メイキング映像
BRADIO「BRADIO LIVE at 中野サンプラザ-FREEDOM tour 2017-」
2017年10月4日発売 / HERO MUSIC ENTERTAINMENT
BRADIO「BRADIO LIVE at 中野サンプラザ-FREEDOM tour 2017-」Blu-ray

[Blu-ray]
6264円 / HRME-1017

Amazon.co.jp

TOWER RECORDS

ローチケHMV

BRADIO「BRADIO LIVE at 中野サンプラザ-FREEDOM tour 2017-」DVD

[DVD]
5184円 / HRME-1018

Amazon.co.jp

TOWER RECORDS

ローチケHMV

収録曲
  1. 彼女ハリケーン
  2. Flyers
  3. HOTELエイリアン
  4. Super Wonderful
  5. -Freedom-
  6. Step In Time
  7. Overnight Superstar
  8. 蝙蝠
  9. You Make Me Feel Brand New
  10. 思い通りにならない世界
  11. Ride On Time
  1. KAMISAMA
  2. Get Money
  3. ギフト
  4. Playback
  5. Golden Liar
  6. Revolution
  7. スパイシーマドンナ
  8. Back To The Funk
  9. All I Need Is You
  10. Colors
特典映像
  • 「FREEDOM tour 2017」ツアーオフショット