築田行子「my palette」 PR

築田行子|フンボルトペンギン、大空へ羽ばたく

アニメ「けものフレンズ」に登場するフンボルトペンギン・フルルの声優を務める築田行子が、11月28日にミニアルバム「my palette」でソロデビューした。

Carlos K.がプロデュースを手がけたソロ初の音源集には、築田が作詞に挑戦した温かな雰囲気のリード曲「君とひこうき雲」やカッコよさを全面に打ち出した「Flashback」、JUDY AND MARY「夕暮れ」のカバーなど趣きの異なる5曲が収められる。音楽ナタリーでは築田本人にインタビューを行い、「けものフレンズ」の活動を経てソロデビューへと至った現在の思い、新たなトライの連続だったという「my palette」の制作エピソードについて話を聞いた。

取材・文 / 髙橋裕美 撮影 / 斎藤大嗣
ヘアメイク / 梶田晴香 スタイリング / 加藤由紀子(Age Global Networks)

「けものフレンズ」の活動から芽生えた「自分の歌を歌いたい」という気持ち

──アニメ「けものフレンズ」発のユニット・どうぶつビスケッツ×PPPや、田村響華さんとのユニット「ちく☆たむ」の活動で話題を集め、今回ついにソロデビューとなりますが、いつ頃からご自身の歌を歌いたいと思われたんでしょうか?(参照:「けもフレ」発のPPPが羽ばたく!メジャーデビューアルバム発表 / 「けもフレ」築田行子&田村響華ユニットちく☆たむ、40mP提供曲でデビュー

築田行子

「けものフレンズ」のフンボルトペンギン役としてソロ曲を歌わせていただいたタイミングだったと思います。そのあたりから、もっといろんな歌を歌って、いろんな人に聴いてもらいたいなという気持ちを抱き始めて。キャラクターがない状態で、自分の声で自分の歌をどんなふうに歌うことができるのかなと考えるようになっていきました。

──活動する中で、純粋に歌うことが好きだとか楽しいと感じたことも大きかったんじゃないかと。

そうですね。もともと歌うことが好きだったんですけど、「けものフレンズ」に関わらせていただくようになって、初めてのレコーディングを経験させてもらったり、みんなでライブをしていくにつれて、歌が好きだという気持ちがどんどん大きく、明確になっていって。それで自分の歌を歌いたいという気持ちが芽生えたんだと思います。

──どうぶつビスケッツ×PPPでは「Animelo Summer Live」などのイベント、「FNS歌謡祭」や「ミュージックステーション」といったテレビ番組の出演も多かったですし、さまざまなアーティストとの共演も刺激になったんじゃないでしょうか。

はい。大きなステージに立たせていただいたことも多くて、そこにはすごいアーティストさんがたくさんいらっしゃって。皆さんを見ていて、今の自分はまだまだだけど、同じステージに立てることがすごくありがたいなと思いました。自分ももっとがんばって、そんな素敵な方々のようになりたいな、もっともっとたくさんステージで歌いたいなと思いました!

いきものがかりに会えなかったことに意味がある

──もともと歌うことがお好きだったということですが、影響を受けたアーティストと言うと?

高校生のときから、いきものがかりさんがすごく大好きです。素敵な歌声ですし、ストレートに伝わってくる歌い方で、聴いていると心にまっすぐ響いてくるんですよね。すごく憧れています。「けものフレンズ」の活動ではいろんな番組に出させていただきましたが、当時はいきものがかりさんが“放牧中”だったのでお会いすることはできなかったんです。もし活動を休止されていなかったら、そのときに会えたかもしれないなとずっと思っていたんですよ。でも、そこで会えなかったことにも意味があると思っていて。いつか会えるようにがんばろうと思っていましたし、今も思っています!

──ファッションリーダーになりたいとか、身近に感じられるような存在でいたいとか、何か“アーティスト像”として目指すものはありますか?

築田行子

私自身、ファンの皆さんを「引っ張っていくぞ!」っていうようなカッコいいタイプではないので、誰かの心に寄り添えるような、そういう歌を歌いたいという思いがありますね。それは、このソロ活動を始めるぞというときに、まず一番にあった思いでもあります。

──ソロ活動に挑戦したいという思いはご自身から発信されたんですか?

やりたいというのはずっと言ってはいたんですけど、実現するとは思ってなくて。そうしたら突然、事務所のスタッフさんから「決まったぞ」って言われてすごくビックリしました。「けものフレンズがーでん」っていうビアガーデンがオープンする前日に聞いたので、そのときのことはすごくよく覚えています。やりたいって自分で言ってたくせに、決まった瞬間にビビってしまって(笑)。しゃべることがあまり得意ではないので、ソロライブでMCできるのかなあとか、不安がどんどん出てきて。うれしさと不安と楽しみが同じくらいありました。