音楽ナタリー Power Push - 「BRA★BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO 2016 with Siena Wind Orchestra」植松伸夫インタビュー&東京公演ライブレポート

ゲーム音楽をもっと自由に、もっと楽しく

人気RPG「ファイナルファンタジー」シリーズの音楽を吹奏楽アレンジで披露するコンサートツアー「BRA★BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO 2016 with Siena Wind Orchestra」が開催されている。

演奏は日本を代表するプロの吹奏楽団シエナ・ウインド・オーケストラが担当。コンサートでは「ビッグブリッヂの死闘」「片翼の天使」「シーモアバトル」といった「FF」シリーズの人気曲が披露されるほか、「みんなで吹こう BRA★BRA FINAL FANTASY」と題した来場者参加企画が行われるなど、ゲーム音楽のコンサートならではの企画で来場者を楽しませている。音楽ナタリーではコンサートの制作総指揮を担当する植松伸夫にインタビューを実施。「もっと自由にゲーム音楽を楽しんでほしい」と語る植松がコンサートに込める思いや、およそ30年前から第一線でゲーム音楽を作り続けている彼がゲーム業界に対して思うことなど、さまざまな話を聞いた。

また特集後半には5月7日に開催された東京・東京文化会館 大ホールでの昼公演のライブレポートを掲載している。

取材・文 / 倉嶌孝彦 インタビュー撮影 / 上山陽介 ライブ撮影 / Shinjiro Yamada

  • 103

    83

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪公演では「なんでやねーん!」の声も

植松伸夫

──「BRA★BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO」コンサートは今年で2年目を迎え、すでに5公演が終わったところですが、今年のツアーの手応えはいかがですか?

初日の和歌山公演は意外とみんな緊張してました。「BRA★BRA」のコンサートをやるのはちょうど1年ぶりくらいだったんですけど、シエナさん(シエナ・ウインド・オーケストラ)も、僕もすっかり感覚を忘れちゃってるんですよね(笑)。でも1回ステージに立ってみるとすぐに勘を取り戻すというか、コンサートを重ねるうちに調子を上げてきていますね。

──これまでのコンサートの中で特に印象に残っている公演はどれですか?

それがどの会場もお客さんの反応が違って面白いんですよ。「The Man with the Machine Gun」のときに自然と手拍子が起こったのは東京の夜公演だけでしたし。逆にコンサート中おとなしかったのは静岡なんだけど、アンケートの回収率は一番よかったりして。大阪の方はノリがよくて、僕が「『ブラボー!』だけじゃなくて、『なんでやねん!』と言ってもいいんですよ」と言ったら「なんでやねーん!」って声を上げてくれた方がいて(笑)。そういう土地ごとの変化を僕も楽しませてもらってます。

ゲーム音楽ならではの楽しみ方

──ゲーム音楽のコンサートはオーケストラが主流で、まだまだ吹奏楽でのコンサートは少ないですよね。

オーケストラが多いのは、やっぱり「ドラゴンクエスト」の影響だと思うんです。20年くらい前にすぎやま(こういち)先生がゲーム音楽をオーケストラで演奏するコンサートを開催して、そのインパクトはすさまじかったですから。教育の大敵であるゲームと高尚なオーケストラを一緒にするアイデアは、すぎやま先生の自由な発想から生まれた賜物だと思います。それからコンサートでゲーム音楽をオーケストラで演奏するっていう流れができて「FF」でも何度か開催していたんですけど、もっと敷居が低い、誰でも参加できるコンサートをやってみたいと思ってたんです。吹奏楽部って、全国どこの学校にもありますから、オーケストラより参加しやすいかなと。

──コンサート中、植松さんは「手を叩いても声を上げてもいいから、自由に楽しんでください」と観客に伝えていたのが印象的でした。

ゲーム音楽のコンサートって、まだ歴史が浅いイベントなんですよ。だからゲーム音楽のコンサートならではのコンサート形式や、音楽の楽しみ方っていうのがあってもいいのかなって、僕は思うんです。クラシックのコンサートとも、ロックのコンサートとも違う、ゲーム音楽ならではのコンサートの形を模索していく中で、今はブラスバンドでできることをやっています。

5月7日に行われた「BRA★BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO 2016 with Siena Wind Orchestra」東京・東京文化会館 大ホール公演の様子。

──コンサートのアンコールで観客がステージに上がって、吹奏楽団の方々と一緒に演奏するという企画には驚きました。

僕も最初は驚きました(笑)。ブラスバンドならではの企画と言えますけど、これは演奏してくれているのがシエナさんだからっていうのも大きいと思います。というのも、彼らのコンサートのアンコールでの定番曲「星条旗よ永遠なれ」では、お客さんがみんな楽器を持ってステージに上がってきて演奏するんですよ。「BRA★BRA」はその流れに乗っからせてもらったんです(笑)。

BRA★BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO 2016 with Siena Wind Orchestra ツアー情報(※終了分は割愛)
  • 2016年6月4日(土)東京都 東京文化会館 大ホール
  • 2016年6月5日(日)愛知県 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
  • 2016年6月11日(土)秋田県 秋田県民会館
  • 2016年6月12日(日)青森県 リンクステーションホール青森
  • 2016年6月18日(土)香川県 レクザムホール
  • 2016年6月19日(日)高知県 高知県立県民文化ホール オレンジホール
  • 2016年6月24日(金)北海道 札幌コンサートホールKitara 大ホール
  • 2016年6月26日(日)北海道 函館市民会館
  • 2016年7月3日(日)石川県 本多の森ホール
  • 2016年7月15日(金)台湾 Taiwan National Concert Hall
  • 2016年7月18日(月・祝)福島県 郡山市民文化センター 大ホール
  • 2016年7月23日(土)兵庫県 神戸国際会館
  • 2016年7月30日(土)宮城県 東京エレクトロンホール宮城
植松伸夫(ウエマツノブオ)

作曲家。ロールプレインゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズをはじめ、数多くのゲーム音楽を手がける。2001年5月発行の「Time」誌にて"Time 100: The Next Wave - Music"の音楽における革新者の1人として紹介されるなど、世界的な評価を獲得している。2011年からは自身がリーダーを務めるバンド・EARTHBOUND PAPASを始動。「ファイナルファンタジー」をはじめとしたゲーム音楽のオーケストラコンサートのみならず、バンドとしてもワールドツアーを開催している。