BILLIE IDLE「LAST ALBUM」 PR

BILLIE IDLE「LAST ALBUM」NIGO&渡辺淳之介インタビュー|悩めるプロデューサーが語る“NOT IDOL”の理想と現実

アイドルイベント出演の葛藤

──結成から3年近く経ちますが、ここまでを振り返ってみてどうですか?

NIGO 着実に年に2枚アルバムを出してきたおかげで、メンバーも制作陣もすごく成長してるなっていうのは感じますね。

渡辺淳之介

渡辺 どうしてもウイカとヒラノノゾミが注目されがちですけど、僕はモモセモモの歌がすごくいいなって思ってるんです。最近より一層よくなってるんで、もっと目立たせたいなっていう気持ちはかなりあって。

NIGO アキラが入ってから姉としてもしっかりしなきゃっていうところもあるかもしれませんね。アキラもまたいい詞を書くし。

渡辺 アキラの詞はホントにいいですね。

NIGO だからもしかしたら「時は来た」的な状況なのかもしれない。3年やってきてグループがいい感じで成熟してきたのに、僕のほうで迷いが出てきてしまったっていう(笑)。

──難しいものですね。

NIGO イベント出演のオファーも増えてきてますけど、並びも気になるんですよね。

──現状やっぱりアイドル系のイベントに出演することが多いですもんね。

NIGO はい、正直これでいいのかなって気持ちはあります。

──でも出ているわけですよね。

NIGO やっぱりある程度知ってもらわないと始まらないから出させてもらってるし、出たほうがいいっていうのはわかります。でもアイドルイベントには正直そんなに頼りたくないかな。ただ世の中の主流はやっぱりそこなんですよね。

ムーブメントを作りたい

──ただ、BILLIE IDLEは「NOT IDOL」というコンセプトを掲げていますが、世間的にはやはりアイドルに見えていると思うんです。女の子がカラオケをバックに歌って踊って、さらにファンとの接触もあってというスタイルはアイドルそのものですし、お客さんもいわゆるアイドルファンが多数を占めている。この現状で「BILLIE IDLEはアイドルじゃない」と言い続けるのは無理があるんじゃないでしょうか?

NIGO なるほど。そうかもしれないです。結果としてやっぱりそうなっちゃっていますよね。アイドル的なスタイルでやりつつも、その殻を破れるかどうかがポイントで、差別化はしていきたいけど、確かに今は非常に中途半端だなっていうのは感じてます。

渡辺 僕はアイドルイベントに出てもいいし、どこにいてもいいと思うんですけどね。「NOT IDOL」っていうのは言い続けたほうがいいと思ってるし。

──確かにBILLIE IDLEがやっていることはアイドルファン以外の人にも十分アピールできるものだと思います。でもいわゆる普通の音楽ファンは、まだBILLIE IDLEの存在に気付いてない気がして。

NIGO 露出が少なかったですからね。やっぱり反省点は僕の「NO」が多すぎたってことで、そのあたりあんまり細かく口を出さないで、もっと渡辺くんに任せたほうがよかったのかもしれない。

渡辺 でも細かいところまでNIGOさんがやるからBILLIE IDLEなんだと思いますよ。それになんだかんだ言っても、本当にカッコいいバンドって露出が少なくても売れてるじゃないですか。僕もそのへんのおばあちゃんに聴いてほしいかっていうと、別にそこを狙いたいわけじゃないし。レコード屋でたまたま聴いて「ヤバいの見つけちゃった!」「お前、これ知らないっしょ?」っていうぐらいが一番いい。

NIGO

NIGO せっかくいい曲もたくさんあるので、もっとムーブメントになってほしいっていう気持ちはあります。そのためにいろいろやってきたつもりですけど、それがなかなか伝わってないのが現状ですね。

──もっと売れてたらよかったですかね?

NIGO そうですね。もしBiSHと肩を並べるくらいになれてたら、また状況は違ったでしょうね。

──売れるための方法論は渡辺さんが持っているわけですけど、あえてそれをやらずにある種ストイックにツッパってきた結果が今の状況なんですよね。

NIGO そう、それが悪いとは思ってないです。例えば僕がBiSを知ったときに「うわ、これヤバいの見つけちゃった」みたいな感覚がありましたけど、今BILLIE IDLEを見つけた人はきっと同じように感じてくれると思うし、そういう意味では間違ってないとは思います。

──クオリティ的には不満はない。

NIGO そうですね。

──ただそれがムーブメントになっていない。

NIGO うん。目標があるとしたら武道館とかってことだと思うのですが、今の調子でやってそこまで到達できるかっていうのはなんとも見えない。でもそのために自分的に納得できないこともやらなきゃならないとしたら、それをやるのかどうか。目標に向かってなりふり構わず突き進んでいくのか、このままのスタンスで続けていくのか、そこがやっぱり今の大きな悩みですね。

BILLIE IDLE「LAST ALBUM」
2017年11月22日発売 / オツモレコード
BILLIE IDLE「LAST ALBUM」

[CD2枚組] 3000円
DDCZ-2179(OTSUMO-011)

Amazon.co.jp

収録曲
  1. MY WAY
  2. さよならロマンティック
  3. ライダー
  4. 東京マリールー
  5. それって偶然!
  6. ひっくり返して
  7. Lesson Time
  8. 愛 SUNSUN
  9. STAY
  10. ラストソング
  11. 神様ヘルプ!(※チェッカーズのカバー曲 / iTunes Store限定)

BONUS DISC

  1. be my boy
  2. anarchy in the music scene
  3. be-bop tu-tu
  4. by
  5. 泣きそうサンデー
  6. 彼方に・・・。
    (RECORDED LIVE AT SHIBUYA WWW, 2017.5.20 BILLIed IDLE TOUR FINAL)
BILLIE IDLE「LAST TOUR」
  • 2017年11月26日(日)
    福岡県 THE Voodoo Lounge
  • 2017年12月2日(土)
    大阪府 LIVE SQUARE 2nd LINE(※ソールドアウト)
  • 2017年12月3日(日)
    愛知県 HeartLand(※ソールドアウト)
  • 2017年12月10日(日)
    東京都 WWW(※ソールドアウト)
BILLIE IDLE(ビリーアイドル)
BILLIE IDLE
ファーストサマーウイカ、ヒラノノゾミ、モモセモモ、アキラの4人からなるガールズユニット。NIGOと、BiSやBiSHを擁する音楽プロダクション・WACK代表の渡辺淳之介の共同プロデュースにより「ネオ80's」をテーマにしたサウンドとビジュアルイメージで独自の世界観を追究している。2015年4月に1stアルバム「IDLE GOSSIP」でCDデビューを果たし、9月に2ndアルバム「ROCK"N"ROLL IDLE」を発表した。12月には主催ライブイベント「BILLIE IDLE presents Brand-new Idle Society」を催し、かつての盟友と競演。2017年4月にベストアルバム「BILLIed IDLE」とライブアルバム「LAUNCHING OUT」、8月にシングル「MY WAY」を発表した。リリースにあわせて全国ツアーを行ったほか、多くのライブイベントに出演するなど精力的なライブ活動を展開。11月にニューアルバム「LAST ALBUM」をリリースし、11月末から全国ツアー「LAST TOUR」を開催する。
NIGO(ニゴー)
クリエイティブディレクター。裏原宿系ファッションの火付け役となったファッションデザイナーである傍ら、1989年よりDJとしても活躍。2002年にVERBAL(m-flo、PKCZ)、RYO-Z(RIP SLYME)、ILMARI(RIP SLYME)、WISEとともにTERIYAKI BOYZを結成し、アドロック(Beastie Boys)、The Neptunes、Daft Punk、マーク・ロンソン、DJシャドウらがプロデュースを務めたアルバム「BEEF or CHICKEN」をDef Jam Recordingsからリリースした。その後もTERIYAKI BOYZはコンスタントに活動を続け、2007年にはカニエ・ウェストがプロデュースを手がけたシングル「I STILL LOVE H.E.R. feat. KANYE WEST」が話題に。2009年1月にはファレル・ウィリアムスが運営するSTAR TRAKレーベルから2ndアルバム「SERIOUS JAPANESE」を発表した。2015年より元BiSのメンバーを含むガールズユニット・BILLIE IDLEのプロデュースを渡辺淳之介と共同で行っている。2016年以降はNAOTO(EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、VERBAL(m-flo、PKCZ)、SWAY(DOBERMAN INFINITY)、MANDY(関口メンディー / GENERATIONS from EXILE TRIBE、EXILE)と共にユニット・HONEST BOYZとしても活動している。
渡辺淳之介(ワタナベジュンノスケ)
BiS、BiSH、GANG PARADEらが所属する事務所・WACKの代表取締役として各グループのプロデュースを担当。前例のないプロモーション施策を次々と実施し、2014年にはBiSの神奈川・横浜アリーナ公演を成功させた。現在はWACK所属アーティストのほかに、NIGOと共にBILLIE IDLEのプロデュースも手がけている。2017年7月に千葉・幕張メッセイベントホールにてBiSHの単独公演を成功に収め、8月にはWACKとエイベックス・エンタテインメント株式会社によるプロジェクト「Project aW」で新グループ・EMPiREを始動させた。