音楽ナタリー Power Push - Anly

離島出身18歳シンガーソングライターの第一歩

18歳の女性シンガーソングライター・Anlyがメジャーデビュー。シングル「太陽に笑え」を11月25日にリリースする。

中学卒業まで沖縄の離島・伊江島でロックやブルースを聴いて暮らしたというAnly。音楽ナタリーでは彼女にインタビューを実施し、ルーツミュージックの影響をただよわせる楽曲がどのように生み出されるのか、シンガーとしてこれから何を届けていきたいのかを聞いた。

取材・文 / 今井智子

 
mixiチェック

音楽に囲まれた幼少期

──エリック・クラプトンとかCCR(Creedence Clearwater Revival)とかZZ Topとか、1970、80年代のロックを小さい頃から聴いていたそうですね。

伊江島という島で生まれて、島にはCDショップとかないし、インターネットも自分の家はつながってなくて、父が昔から持ってるCDを聴いて育ちました。そこにあったクラプトンやZZ Topなどを日常的に毎日流してて。あと父がギターを好きだったので、その影響も受けましたね。

──お父さんも音楽をやってらっしゃる?

Anly

趣味でやってました。夕方になると父がクラプトンの「Tears in Heaven」やCCR「Down on the Corner」をよく弾いてましたね。夕暮れになるといつもしみじみと弾き出すんです、晩御飯ができるまで(笑)。Anlyはそこにちょこんと座って聴いたり、真似して歌ったり。

──小さい頃にお父さんと聴いたり歌ったりした曲で、いいなあと思ったのは?

やっぱり「Tears in Heaven」とか。聴いたら伊江島のこと思い出すんです。あとリチャード・マークスの「Now and Forever」とかも、聴くとなんかしみじみと懐かしい気持ちになりますね。

──子供の頃の体験と音楽が結びついてるんですね。

はい。ZZ Topとかを聴くと船で沖縄本島に行って高速道路を移動する風景、ドライブに連れて行ってもらった頃のことを思い出します。

──お友達とはどんな音楽を共有していたんですか?

友達が「Anlyにこの歌を歌ってほしい」って言ってきたJ-POPの曲を聴いてましたね。HYさんとか沖縄の音楽はみんな好きなんです。メロディとかに懐かしさがあるし。やっぱり地元のミュージシャンの方の音楽は、すごい普通にスッと入ってくる気がします。

──テレビでも音楽番組でいろんな曲が流れますよね。そういうもので素敵だと思ったものは?

ダニエル・パウターとかエド・シーランとか。ラジオでもよく聴くので、そういうところから現代の音楽を取り入れてました。あとはカントリーのチャート番組とかをラジオで聴くんですけど、それが終わったらラジオを切るのでほかのジャンルには触れなかったですね(笑)。

音楽を始めた場所・伊江島

──伊江島はどんなところですか?

4000人ぐらいいて、でも牛が5000頭ぐらいいたから、牛のほうが多かったんですけど(笑)。そういう海と山とかぐらいしかない、でものどかな島です。そこで道を歩けば、必ず誰かが「元気ー?」って声をかけてくる、あったかい島で。それは島を離れてから気付きましたね。

Anly

──島を離れたのはいつ?

15歳です。島には高校がないので。それでもたまに帰ると「元気ねー」っていつも声をかけてくれるのでうれしかったですね。

──伊江島で大好きな音楽を聴いて育って、大きくなったらミュージシャンになりたいと思ってた?

そうですね。小さい頃から歌手になりたいって思ってました。ずっと歌が大好きで、歌って遊んでて。父が6歳のときにギターを買ってきてくれたんです。いろいろコードを教えてもらったりして、小学校3年ぐらいのときにやっと音が綺麗に出るようになって。それでいろんな曲のカバーをしてコードとかは覚えました。

──最初にコピーできた曲は?

えーと、父が教えてくれた「朝日の当たる家」。

──ずいぶん渋いところから(笑)。

なんか暗い曲で(笑)、あと「PUFF」とかも同時進行で習ったかな。練習曲みたいな感じですね。あとは覚えてないんですけど、ノラ・ジョーンズとかもやってたみたいで、それはお母さんが録ってくれたカセットに残ってました。

メジャーデビューシングル「太陽に笑え」 / 2015年11月25日発売 / Sony Music Records
初回限定盤 [CD+DVD] 1620円 / SRCL-8938~9
通常盤 [CD] 1258円 / SRCL-8940
CD収録曲
  1. 太陽に笑え
  2. Don't give it up! feat.Gabrielle Aplin
  3. Come back
  4. 太陽に笑え-instrumental-
  5. Don't give it up!-instrumental-
初回限定盤DVD収録内容
  • 太陽に笑え Music Video
  • Coming Soon Movie~伊江島~
Anly Debut Live「太陽に笑え」in SHIBUYA eggman

2015年11月28日(土)東京都 Shibuya eggman
※招待制ライブ(入場無料)

Anly(アンリィ)

沖縄・伊江島出身、1997年生まれの女性シンガーソングライター。幼少期から父親が持っていたロックやブルースのCDを聴き、ギターを弾いて過ごした。中学3年生から作曲をはじめ、2014年6月にmiwaの沖縄公演のオープニングアクトを務める。2015年8月にインディーズからシングル「Bye-Bye」をリリース。11月には関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」の主題歌となるメジャーデビューシングル「太陽に笑え」を発表する。