AKB48「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」 PR

AKB48|13年目の国民的アイドル、組閣から生まれ変わるグループの未来像

世代交代がいよいよ現実味を帯びてきた。昨年12月8日に行われたAKB48劇場オープン12周年記念公演で約2年9カ月ぶりに発表されたAKB48の組閣は、強烈なインパクトを伴う内容だった。まずは岡部麟がチームA、込山榛香がチームK、高橋朱里がチームB、村山彩希がチーム4のキャプテンにそれぞれ就任。これまで着実にキャリアを重ねてきた4人が顔役としてチームを牽引していくこととなるが、熱心なファン以外の一般層における知名度が浸透しているかと言えば、一部では懐疑的な意見も見受けられた。

また今回の組閣では宮脇咲良(HKT48)、兒玉遥(HKT48)、矢吹奈子(HKT48)、朝長美桜(HKT48)、白間美瑠(NMB48)、渋谷凪咲(NMB48)、北川綾巴(SKE48)といった姉妹グループに所属していた有力メンバーの兼任解除も発表された。世間的なネームバリューよりもAKB48としてのアイデンティティに重きを置く大胆な組織再編には、ファンから賛否の声が上がったのも当然だろう。

では、当のメンバーたちはどう感じているのか? AKB48が結成13年目に突入した今だからこそ見えてきた世代交代の行方について、ニューアルバム「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」のリリースおよび組閣に伴う今春からのメンバー異動を前に、横山由依(チームA / グループ総監督)、向井地美音(チームA)、小栗有以(チーム8 / チームA兼任)、山本彩(NMB48)が、それぞれの立場から胸中を語ってくれた。

取材・文 / 小野田衛 撮影 / 藤田二朗

試練なのかチャンスなのか

──今回は世代交代というテーマで話を伺います。12月に発表された組閣について横山さんは「試練なのかチャンスなのかわからないけど、がんばっていきたい」とコメントしていました。あれは、どういった意味で?

横山由依

横山由依 今回の発表は本当にサプライズだったので、とっさに出てきた言葉ではあるんですけど……人間、変わることって単純に怖いですよね。だけど、変わらないと前に進まないこともあるじゃないですか。このタイミングでこの発表があったということに対して、「要するに私たちは変わらなくちゃいけない。新しく変わることを求められているんだ」って私は感じたんです。

──なるほど。

横山 加えて現場の雰囲気的なことを言うと、状況を受け入れられないメンバーや、何が起こったかわからずに泣いているメンバーもたくさんいました。そういう子の前で「これはチャンスだ」とだけ伝えるのも、ちょっと違う気がして。今の段階ではチャンスなんて絶対に思えないだろうし、そもそも泣いている時点で彼女たちからしたら試練なわけですよ。そういう意味で「試練なのかチャンスなのかわからない」という言葉が出たんです。「それでも前向きにがんばっていこう」という思いを込めつつ。

向井地美音 正直、私自身は「今のAKB48には組閣が必要だろうな」って考えていたんです。なぜかと言うと、先輩たちの卒業が続いたことでチームとして機能しなくなっていたから。現実問題として普通であれば16人で1つの公演をやるのに、どのチームも16人に満たない状態になっていましたし、ほかのチームからヘルプで来てもらって、やっとチーム公演ができているという状況だったんです。そもそも人数的な問題が大きいのももちろんですし、チームの絆をより高めるためにも、組閣してまとめ直したほうがいいのかなって考えるようになったんです。大きな改革が必要な時期なのかもなって。

──兼任解除されてひさしい山本さんは、AKB48本体の組閣に関しては他人事な感じですか?

山本彩

山本彩 いやいや、そんな……(笑)。でも正直なところ、当事者ではないので客観的に見えていた部分はあるかもしれません。自分はこれまで何度も組閣を経験していますけど、「やってよかったな」と思うことばかりなんですよ。チーム8のメンバーは、今回初めて組閣を経験する子が多いだろうし、いろいろ不安を抱えているとは思うんです。でも、やっぱり実際に経験してみて初めて学べることってありますから。この組閣という経験をプラスにできるのかは自分次第で。それぞれが自分でいい方向に持っていけたら、今回の組閣は大きなチャンスになると思います。

──そんな不安を抱えているであろうチーム8の小栗さんは、今回の組閣をどう受け止めました?

小栗有以 チーム8では楽しみだって言う子も中にはいました。だけどこういう大きな変化が初めてということで、動揺しているメンバーが多かったです。さっき彩さんもおっしゃった通り、組閣はいいこともたくさんあると思います。私自身、選抜入りしたことで初めて見えてきたことが本当にたくさんあったので。組閣によって、例えば今まで先輩たちと関わる機会があまりなかったチーム8のメンバーたちが、先輩たちと一緒にいて学べることは多いはずです。だから、この組閣は間違いなくチャンスなんですけど……たぶんチーム8のみんなが心配しているポイントは、そこじゃないんです。チーム8がバラバラになっちゃうんじゃないかっていうことなんですよ。

──今回、チーム8全員が各チームとの兼任になると発表されましたからね。

小栗 そうなんです。気持ちも離れ離れになっちゃうんじゃないかって。最近では16期生とかフレッシュな方々が入ってきていて……これまでフレッシュだと言われていた私たちがフレッシュじゃなくなったわけではもちろんないんですが……あれ!? 何言おうとしていたんだっけ!? ちょっと待ってくださいね……。

向井地 なんか微笑ましいなあ(笑)。

小栗有以

小栗 あっ、そうそう! 新しくフレッシュなメンバーが入ってくる中で、「チーム8も変わらなきゃ!」という思いはあったんです。それで言うと、いろんなチームに行くことで学べることはきっと大きいはずなんです。例えばチームKに行ったら、カッコいいパフォーマンスが身に付くとか。なので、「また集まったとき、さらにいいチームになっているようにがんばろうね」って、みんなで決めたんです。

横山 チーム8で話し合ったの?

小栗 はい! 円陣を組んで言いました。そのときは私から声をかけたんですけど。

山本 なんて言ったの?

小栗 まずは「例え離れてしまっても、また戻ってきたとき、さらに強いチームになっているようにしようね」って伝えてから、「エンジンかけましょブンブンブン、AKBチーム8ー!!」って。

向井地 うんうん、がんばったねえ。

──小栗さんが話すたびに3人が授業参観で子供を見守る親御さんみたいなテンションになっていますね(笑)。

山本 そうもなります、こんなにひたむきで健気な姿を見たら(笑)。

組閣の意図を分析

──それにしても今回の組閣は相当大胆な舵取りだったと思うんです。ファンの間でも賛否の声があるようですが、決定したスタッフとしてはなんらかの意図や目的があったはず。皆さんとしては、どういった狙いがあると思いますか?

小栗 私たちチーム8に関しては、大きく分けて2つの考えがあると思っています。1つはチーム8はありがたいことに前向きな評判が周りでもあったから、ほかのチームのメンバーさんに協力してもらってもっと盛り上げていけたらなっていうこと。それともう1つは団結力の問題。前はメンバーが一緒になってがんばる場所が実際にあったんですよ。「AKB48グループ大運動会」とか、「リクアワ(AKB48グループリクエストアワー)」とか。だけど最近はチーム8全員で集まる機会も減ってきて、団結力っていう部分でちょっと不安を残す感じはあったんですね。

横山 うん、うん……(心配そうに見守りながら)。

左から横山由依、向井地美音、小栗有以、山本彩。

小栗 そういう中で「チーム8らしさを取り戻したい」という気持ちは私たちももちろん持っていましたし、スタッフさんにもあったと思うんです。そこで私たちがあえて散らばることで、いろんなことをいろんな場所で吸収しつつ、強くなって、最終的にはいろんな要素をチーム8に持ち帰ることができる。おそらくスタッフさんはそういう期待を込めて今回の決断を下したんじゃないかなって私は思いました。

向井地 姉妹グループのメンバーの兼任解除があったことで、今回は「AKB48本体だけで戦う」っていう意味合いの組閣になってますよね。なにせ今までの私たちは姉妹グループに頼りまくっていましたから。

AKB48「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」
2018年1月24日発売 / キングレコード
AKB48「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」Type A

Type A [CD+DVD]
3500円 / KIZC-448~9

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. シュートサイン
  2. 誰のことを一番 愛してる?(坂道AKB)
  3. 悲しい歌を聴きたくなった(まゆゆきりん)
  4. 願いごとの持ち腐れ
  5. #好きなんだ
  6. ギブアップはしない
  7. 抱きつこうか?(AKB48 16期研究生)
  8. 11月のアンクレット
  9. 予想外のストーリー(ボーカル選抜)
  10. 靴紐の結び方
  11. 涙の表面張力
  12. Mystery Line
  13. 恋愛無間地獄
  14. 天国の隠れ家
DVD収録内容
  • AKB48グループメンバー エア握手会
「シュートサイン」All Stars
市川美織、入山杏奈、大西桃香、大家志津香、岡田奈々、小栗有以、柏木由紀、加藤玲奈、川本紗矢、木﨑ゆりあ、北原里英、小嶋陽菜、小嶋真子、兒玉遥、込山榛香、後藤楽々、指原莉乃、白間美瑠、須田亜香里、高橋朱里、中井りか、松井珠理奈、松岡はな、峯岸みなみ、宮脇咲良、向井地美音、武藤十夢、山本彩加、山本 彩、横山由依、吉田朱里、渡辺麻友
「誰のことを一番 愛してる?」坂道AKB
伊藤万理華、今泉佑唯、岡田奈々、小栗有以、北野日奈子、小嶋真子、齋藤飛鳥、菅井友香、寺田蘭世、長濱ねる、平手友梨奈、星野みなみ、堀 未央奈、松井珠理奈、宮脇咲良、向井地美音、渡辺梨加、渡邉理佐
「悲しい歌を聴きたくなった」まゆゆきりん
柏木由紀、渡辺麻友
「願いごとの持ち腐れ」All Stars
市川美織、入山杏奈、大家志津香、岡田奈々、小栗有以、小田えりな、柏木由紀、加藤玲奈、川本紗矢、木﨑ゆりあ、北原里英、久保怜音、小嶋真子、兒玉遥、込山榛香、後藤楽々、指原莉乃、白間美瑠、須田亜香里、高橋朱里、高柳明音、朝長美桜、中井りか、古畑奈和、松井珠理奈、松岡はな、峯岸みなみ、宮脇咲良、向井地美音、武藤十夢、山本彩加、山本 彩、横山由依、吉田朱里、渡辺麻友
「#好きなんだ」All Stars
指原莉乃、渡辺麻友、松井珠理奈、宮脇咲良、荻野由佳、須田亜香里、横山由依、惣田紗莉渚、岡田奈々、北原里英、高橋朱里、白間美瑠、本間日陽、古畑奈和、高柳明音、吉田朱里
「ギブアップはしない」
チェリー宮脇、ロングスピーチ横山、パッパラー木﨑、キューティーレナッチ、サックス古畑、ハリウッドJURINA、ユンボ島田、道頓堀白間、ブラックベリー向井地
「抱きつこうか?」AKB48 16期研究生
浅井七海、稲垣香織、梅本和泉、黒須遥香、佐藤美波、庄司なぎさ、鈴木くるみ、田口愛佳、田屋美咲、長友彩海、播磨七海、本間麻衣、前田彩佳、道枝咲、武藤小麟、安田叶、山内瑞葵、山根涼羽
「11月のアンクレット」All Stars
入山杏奈、岡田奈々、岡部麟、荻野由佳、小栗有以、小畑優奈、柏木由紀、加藤玲奈、北原里英、小嶋真子、兒玉遥、指原莉乃、白間美瑠、須田亜香里、高橋朱里、瀧野由美子、田中美久、中井りか、松井珠理奈、松岡はな、峯岸みなみ、宮脇咲良、向井地美音、山本彩加、山本彩、横山由依、吉田朱里、渡辺麻友
「予想外のストーリー」ボーカル選抜
岡田奈々、柏木由紀、白間美瑠、高柳明音、田野優花、峯岸みなみ、山本彩、横山由依
「靴紐の結び方」
入山杏奈、岡田奈々、荻野由佳、柏木由紀、加藤玲奈、指原莉乃、白間美瑠、須田亜香里、高橋朱里、瀧野由美子、中井りか、松井珠理奈、宮脇咲良、向井地美音、山本彩、横山由依
「涙の表面張力」
岡田奈々、小嶋真子、高橋朱里、向井地美音
「Mystery Line」
白間美瑠、田野優花、松井珠理奈
「恋愛無間地獄」
荻野由佳、込山榛香、指原莉乃
「天国の隠れ家」
川本紗矢、須田亜香里、中井りか、樋渡結依、吉田朱里
AKB48「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」Type B

Type B [CD]
2800円 / KICS-3675

Amazon.co.jp

CD収録曲
  1. シュートサイン
  2. 誰のことを一番 愛してる?(坂道AKB)
  3. 悲しい歌を聴きたくなった(まゆゆきりん)
  4. 願いごとの持ち腐れ
  5. #好きなんだ
  6. ギブアップはしない
  7. 抱きつこうか?(AKB48 16期研究生)
  8. 11月のアンクレット
  9. 予想外のストーリー(ボーカル選抜)
  10. 靴紐の結び方
  11. 涙の表面張力
  12. キスキャンペーン
  13. クサイモノだらけ
「シュートサイン」All Stars
市川美織、入山杏奈、大西桃香、大家志津香、岡田奈々、小栗有以、柏木由紀、加藤玲奈、川本紗矢、木﨑ゆりあ、北原里英、小嶋陽菜、小嶋真子、兒玉遥、込山榛香、後藤楽々、指原莉乃、白間美瑠、須田亜香里、高橋朱里、中井りか、松井珠理奈、松岡はな、峯岸みなみ、宮脇咲良、向井地美音、武藤十夢、山本彩加、山本彩、横山由依、吉田朱里、渡辺麻友
「誰のことを一番 愛してる?」坂道AKB
伊藤万理華、今泉佑唯、岡田奈々、小栗有以、北野日奈子、小嶋真子、齋藤飛鳥、菅井友香、寺田蘭世、長濱ねる、平手友梨奈、星野みなみ、堀未央奈、松井珠理奈、宮脇咲良、向井地美音、渡辺梨加、渡邉理佐
「悲しい歌を聴きたくなった」まゆゆきりん
柏木由紀、渡辺麻友
「願いごとの持ち腐れ」All Stars
市川美織、入山杏奈、大家志津香、岡田奈々、小栗有以、小田えりな、柏木由紀、加藤玲奈、川本紗矢、木﨑ゆりあ、北原里英、久保怜音、小嶋真子、兒玉遥、込山榛香、後藤楽々、指原莉乃、白間美瑠、須田亜香里、高橋朱里、高柳明音、朝長美桜、中井りか、古畑奈和、松井珠理奈、松岡はな、峯岸みなみ、宮脇咲良、向井地美音、武藤十夢、山本彩加、山本彩、横山由依、吉田朱里、渡辺麻友
「#好きなんだ」All Stars
指原莉乃、渡辺麻友、松井珠理奈、宮脇咲良、荻野由佳、須田亜香里、横山由依、惣田紗莉渚、岡田奈々、北原里英、高橋朱里、白間美瑠、本間日陽、古畑奈和、高柳明音、吉田朱里
「ギブアップはしない」
チェリー宮脇、ロングスピーチ横山、パッパラー木﨑、キューティーレナッチ、サックス古畑、ハリウッドJURINA、ユンボ島田、道頓堀白間、ブラックベリー向井地
「抱きつこうか?」AKB48 16期研究生
浅井七海、稲垣香織、梅本和泉、黒須遥香、佐藤美波、庄司なぎさ、鈴木くるみ、田口愛佳、田屋美咲、長友彩海、播磨七海、本間麻衣、前田彩佳、道枝 咲、武藤小麟、安田 叶、山内瑞葵、山根涼羽
「11月のアンクレット」All Stars
入山杏奈、岡田奈々、岡部 麟、荻野由佳、小栗有以、小畑優奈、柏木由紀、加藤玲奈、北原里英、小嶋真子、兒玉 遥、指原莉乃、白間美瑠、須田亜香里、高橋朱里、瀧野由美子、田中美久、中井りか、松井珠理奈、松岡はな、峯岸みなみ、宮脇咲良、向井地美音、山本彩加、山本 彩、横山由依、吉田朱里、渡辺麻友
「予想外のストーリー」ボーカル選抜
岡田奈々、柏木由紀、白間美瑠、高柳明音、田野優花、峯岸みなみ、山本彩、横山由依
「靴紐の結び方」
入山杏奈、岡田奈々、荻野由佳、柏木由紀、加藤玲奈、指原莉乃、白間美瑠、須田亜香里、高橋朱里、瀧野由美子、中井りか、松井珠理奈、宮脇咲良、向井地美音、山本彩、横山由依
「涙の表面張力」
岡田奈々、小嶋真子、高橋朱里、向井地美音
「Mystery Line」
白間美瑠、田野優花、松井珠理奈
「キスキャンペーン」
入山杏奈、加藤玲奈、宮脇咲良
「クサイモノだらけ」
柏木由紀、山本彩、横山由依
AKB48(エイケイビーフォーティエイト)
AKB48
秋元康プロデュースのもと、2005年に始動したアイドルグループ。劇場に足を運べばメンバーに会える「会いに行けるアイドル」をコンセプトに、秋葉原にある専用劇場(AKB48劇場)で公演を行っている。楽曲の作詞はすべて秋元康が担当。2006年2月にシングル「桜の花びらたち」をインディーズからリリースし、オリコンウィークリーチャートでトップ10入りを果たす。同年10月にはシングル「会いたかった」でメジャーデビュー。2007年春には初の全国ツアーも開催されたほか、同年末の「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たすなど、着実に知名度を上げていった。2011年1月には初のドキュメンタリー映画「DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?」が公開。同年8月には「AKB48 22ndシングル 選抜総選挙」での上位21名が歌う22ndシングル「フライングゲット」をリリースし、発売初日に100万枚を売り上げたことでも話題を集めた。以後、10月に東日本大震災復興応援ソング「風は吹いている」などでミリオンセールスを連発。2011年オリコン年間シングルチャートで1位から5位をAKB48が独占する結果となり、“国民的アイドル”と呼ばれる地位を確立した。また2009年から年に1回、シングル曲のメンバーをファン投票によって決める「AKB48 選抜総選挙」を行っており、2013年の「恋するフォーチュンクッキー」では指原莉乃が、2014年の「心のプラカード」では渡辺麻友が総選挙1位としてセンターを務めた。2017年8月に49thシングル「#好きなんだ」をリリースし、11月に渡辺麻友の卒業シングル「11月のアンクレット」を発表。12月に約2年9カ月年ぶりの組閣が発表され、姉妹グループのメンバーによる兼任解除が決定した。2018年1月に9thアルバム「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」をリリース。組閣による異動は今春を予定している。