ビデオパス PR

ドラマ「べしゃり暮らし」間宮祥太朗×渡辺大知|アクセル全開でアドリブ連発!誇りを持って臨む漫才師役

「ろくでなしBLUES」「ROOKIES」で知られるマンガ家・森田まさのりによる「べしゃり暮らし」が連続ドラマ化。テレビ朝日系で7月27日に放送がスタートする。本作は笑いに貪欲な“学園の爆笑王”上妻圭右と高校生ながら元プロ芸人の辻本潤がコンビを組み、厳しい漫才の道へと踏み出していくさまを描く青春ドラマだ。

2人の高校生を演じたのは「帝一の國」「全員死刑」の間宮祥太朗と、「勝手にふるえてろ」「ギャングース」の渡辺大知。映画ナタリーでは彼らの対談をセッティングした。演出を担当する劇団ひとりとのエピソードや“好き勝手やっている”という間宮のアドリブ、原作ファンに向けた2人の思いを紹介する。また、今では飲みに行く仲であるという間宮と渡辺がともにカラオケで歌った曲とは?

取材・文 / 小澤康平 撮影 / ツダヒロキ

笑いに対していかに燃えているのかを見せたい(渡辺)

──間宮さんは上妻圭右、渡辺さんは辻本潤という漫才師を目指す高校生を演じられています。難しそうな役だなと思うのですが、オファーがあったときはどう感じましたか?

間宮祥太朗

間宮祥太朗 ハードル高いですね(笑)。漫才師って、テレビで観てる人が自分にもできそうだと思ってしまう職業だと思うんです。野球やサッカーのドラマだったら「未経験の人間が演じるのは難しいよね」という優しい目線があるんですが、漫才は話の内容や間で笑わせるものなので難しさが伝わりづらい。「べしゃり暮らし」の原作ファンやお笑い好きの方は漫才で笑いを取ることがどれだけ難しいかを知っていると思うんですが、何気なく観ている人はそんなこと考えないよなと。

渡辺大知 そうなんですよね……だからこそ僕は自分にできることからやろうと思いました。「べしゃり暮らし」ってお笑いがテーマになっていると同時に、これからの人生が決まるような時期に生きている高校生のもがきの話でもあって。もちろん笑いを取れるかどうかの不安はあったんですけど、辻本が漫才に向かっていく姿勢を美しく、かっこよく見せられたらと思って演じています。笑いに対していかに燃えているのかを見せたいというか。それで役に対してハードルが下がるわけではないですけどね。

──では、相手役を知ったときの気持ちも教えてください。

「べしゃり暮らし」

間宮 ここで「やっていけなそうだと感じました」とか言ったら亀裂が入りそう(笑)。実際は大知くんは辻本のイメージにぴったりでしたね。

──会ってからもその印象は変わらなかったですか?

間宮 むしろぴったりだなという気持ちが強まりました。辻本ってツッコミは鋭いんですけど物腰はやわらかくて、そこが一致しているなと。あとツッコミ担当の方ってみんなそうだと思うんですけど、人のことをよく見てますよね。誰かのことをよく観察して、興味を持って接しないと、ツッコミどころは見つけられない。原作だと辻本が圭右に対して「こいつほんまに面白いやつやな」と思うところから関係性がスタートするじゃないですか。大知くんは人に愛情を持って接することができるので、その点でも辻本と重なりますね。

──なるほど。渡辺さんは間宮さんが相方と知ってどう思いました?

渡辺 クラスの人気者で太陽のような存在なんだけど、落ち込むときはがっくりと落ち込むような印象があって。会ったことがなかったのでイメージなんですけど。

間宮 ふふふ。

渡辺大知

渡辺 実際に会ってからは上妻は間宮くん以外考えられなかったです。なんでも明るくOKって感じではなくて、人間臭いところがある。悔しいときに本気で悔しがったり、うれしいときにめちゃめちゃうれしがったり。そういう感情表現ができる人ですね。

──撮影中は飲みに行ったりしてるんですか?

間宮 たぶん大知くんは人見知りだと思うんですけど、今では仲良くなって何度か飲みに行きました。熱い夜を過ごしているって感じはあります。

渡辺 一緒にカラオケも行きましたね。

間宮 引くぐらい歌いました!

渡辺 RCサクセション、THE BLUE HEARTS、銀杏BOYZを歌ったり。ただそういうバンドを間宮くんが歌うイメージはあったんです。意外なところだと西岡恭蔵さんの「プカプカ」を2人で歌ったりもしました。

圭右はすべてに対して自分の気持ちをはしょらない(間宮)

──圭右と辻本、それぞれのキャラクターの魅力はどんなところにあると思いますか?

間宮 圭右は素直さがかっこいいと思います。すべてに対して自分の気持ちをはしょるってことをしなくて、自分が関係してないことにも本気で怒るし、本気で悔しがる。余計なことに首を突っ込んだりもしますけど、全身で突っ込みに行ってる感じがするんですよね。だから周りの人の心を動かすことができる。

渡辺 あと愛嬌もありますね。

「べしゃり暮らし」

間宮 めちゃめちゃある。わかったようなことを言ったあとで自分が間違っていると気付いたとき、「ああ!」ってなる子供みたいな部分があって。マンガの主人公ってスポンジみたいにどんどん吸収して成長していくキャラクターが多いと思うんですけど、圭右もまさにそう。

渡辺 意思は強いけど、自分を変えられる人なんですよね。いざというときは人の話を聞く耳を持てるというか、折れる力があって。自分が折れてる姿って他人には見せたくないものだけど、それを見せることのできるかっこよさがあります。辻本にはそういう面はないなと。

間宮 辻本は人に対しての興味や優しさがあって、包容力のある人間。すごく志が高くてお笑いに対して厳しい一面も持っているんですが、張り詰めたように見えない生き方ができるんです。圭右とは違うベクトルでたくさんの人に助けてもらえるだろうし、もし僕が構成作家や監督だったら「辻本ともう一度仕事がしたい」と思いますね。圭右は場合によっては「あいつとは二度と仕事しない!」と思われる諸刃ですけど(笑)。

渡辺 確かに人のいいところを見つけるのがうまいと思います。自分が楽しく生きていくためには面白いやつが必要っていうのをわかっていて、誰かとともに生きていくことができる人。辻本のかっこよさは、相手がどんなに面倒くさい人だろうが困っていたら助けることができるところだと思います。

土曜ナイトドラマ「べしゃり暮らし」
テレビ朝日系 2019年7月27日(土)放送スタート
毎週土曜 23:15~24:05
ストーリー

幼い頃から人を笑わせることが大好きで、笑いのためならなんでもする学園の爆笑王・上妻圭右。ある日、彼が通う高校に関西出身の辻本潤が転校してくる。圭右は昼の校内放送に辻本を引き込み、絶妙なかけ合いで学校中に大爆笑を沸き起こすのだった。時にぶつかり合うも、やがて漫才コンビ・きそばAT(オートマティック)を結成し、厳しいお笑いの道へと踏み出すことになる2人。しかし、お笑い嫌いである圭右の父・潔や、辻本が過去にコンビを組んでいた鳥谷静代の存在が彼らの行く先に立ちはだかる。

スタッフ / キャスト

原作:森田まさのり 「べしゃり暮らし」(集英社)

脚本:徳永富彦

演出:劇団ひとり

出演:間宮祥太朗、渡辺大知、矢本悠馬、小芝風花、堀田真由、駿河太郎、尾上寛之、徳永えり、寺島進ほか

間宮祥太朗(マミヤショウタロウ)
1993年6月11日生まれ、神奈川県出身。2008年に放送されたドラマ「スクラップ・ティーチャー 教師再生」で俳優デビュー。「ライチ☆光クラブ」「高台家の人々」「帝一の國」といった映画に出演し、「お前はまだグンマを知らない」で映画初主演を務める。その後も小林勇貴の監督作「全員死刑」、魔夜峰央のマンガを原作とする「翔んで埼玉」などに参加。現在公開中の山戸結希監督作「ホットギミック ガールミーツボーイ」では堀未央奈(乃木坂46)、清水尋也、板垣瑞生(M!LK)らと共演している。
渡辺大知(ワタナベダイチ)
1990年8月8日生まれ、兵庫県出身。ロックバンド・黒猫チェルシー(現在活動休止中)のボーカルとして活動を開始する。2009年、みうらじゅん原作・田口トモロヲ監督による「色即ぜねれいしょん」の主役に2000人を超えるオーディションで抜擢され、第33回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。「勝手にふるえてろ」「寝ても覚めても」「ギャングース」といった作品にも参加してきた。2019年10月11日に出演作「ブルーアワーにぶっ飛ばす」が封切られるほか、年内に「わたしは光をにぎっている」、2020年に主演映画「僕の好きな女の子」の公開を控えている。