浮草人生

ウキクサジンセイ

上映時間:120分 / 製作:1996年(台湾)

解説 俳優としても活躍する台湾の気鋭リン・チェンシェンが、ツァイ・ミンリャン監督作品でおなじみのリー・カンションを主演に据えて撮り上げた長編デビュー作。監督の故郷である台湾東部の農村地帯が舞台になっている。農作業中に妻を亡くし、失意のあまり二人の子供を両親に預けて放浪生活に出た青年クン。彼の運命を見据えながら、家族や人生といった普遍的なテーマがじっくり描かれていく。1996年の東京国際映画祭ヤングシネマ部門でシルバー賞を獲得。

情報提供:ぴあ