色の街

色の街

イロノマチ

2021年公開 / 上映時間:37分 / 製作:2019年(日本)

(C)映画「色の街」製作委員会

解説 早稲田大学の演劇サークル・劇団てあとろ50'出身の演出家である森平周が監督を務め、俳優の黒澤優介がプロデューサーと主演を務めた青春ドラマ。家出した高校生のことを放っておけない大学生の主人公と、彼が高校時代の時のある少女との交流を、パラレルに描き出す。ヒロインを務めたのは『神の発明。悪魔の発明。』で主演を務めた矢崎希菜。

ストーリー ひとり暮らしの大学生・相田は、喫煙所で咳き込みながらタバコを吸う高校生の加藤に出会う。加藤は、誰か人を捜しているらしく、相田はふと高校時代に突然喋らなくなった少女のことを思い出す。そして彼女との記憶が、相田に人捜しの手伝いをさせることに。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全24件)