映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

夏ノ日、君ノ声

夏ノ日、君ノ声

ナツノヒキミノコエ

解説

短編映画『後ろむきの青』が高く評価された神村友征が、長編初監督を務めた珠玉のラブ・ストーリー。主人公・哲夫が難病の少女・舞子との出会いと別れを経験した高校時代の“過去“と、それから14年後の“現在“を、時間軸を交差させて描き出す。主演は葉山奨之。『ヤクザガール』の荒川ちかが舞子に扮し、難しい役どころを爽やかに演じきる。

ストーリー

喧嘩で傷を負い、治療のため入院している高校2年生の哲夫は、同じ病院に入院している舞子に出会う。舞子は生まれつき難病を患っており、声も出せず耳も聞こえない。哲夫は戸惑いながらも文字を交わすことで次第に心を通わせ、やがて互いに恋心を抱き始める。

2015年10月24日(土)公開 / 上映時間:94分 / 製作:2015年(日本) / 配給:ユナイテッド エンタテインメント

(C)「夏ノ日、君ノ声」製作委員会

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー